ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GroupWise」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GroupWise」に関する情報が集まったページです。

レガシーな情報システムと決別するために
ワイヤレスネットワークが後押しする医療機関のIT刷新
ある長期ケア企業がワイヤレスネットワークテクノロジーと「Microsoft Active Directory」に注目している。ITモダナイゼーション計画を立ち上げ、自社の成長を促すためだ。(2018/6/19)

Microsoft、「Office 365」のメッセージ暗号化を発表
Microsoftは来年第1四半期中に、企業向けオンラインオフィススイート「Office 365」でのメッセージの送受信を暗号化する機能を追加する。(2013/11/22)

RIM、BlackBerry Enterprise Serverの脆弱性に対処
「BlackBerry Enterprise Server」のコンポーネントに情報流出とサービス妨害(DoS)の脆弱性が見つかった。(2011/7/15)

マイグレーションの問題点を解決できるか?
Office 365への移行をサポートするサードパーティー製品が登場
「Office 365」へ移行するためのサポートツールが出始めた。しかし、オンプレミスアプリケーションとクラウドが共存するハイブリット環境では、Office 365のメリットが損なわれる恐れがある。(2011/5/23)

NovellをAttachmateが22億ドルで買収、Microsoftに知財の一部を売却
AttachmateはNovellとSUSE Linuxを分割して運営する計画だ。NovellがMicrosoft傘下のCPTNに4億5000万ドルで売却する知的財産の詳細については明らかにされていない。(2010/11/24)

RIM、無料サーバ「BlackBerry Enterprise Server Express」を発表
RIMが企業メールをBlackBerryで使えるようにするサーバの無料版を発表した。Microsoft Exchangeに対応する。(2010/2/17)

Novell、Googleに乗り替えたロサンゼルス市を批判
NovellはGoogle Appsに乗り替えるというロサンゼルス市の決定を、「経済面でもセキュリティ面でも懸念がある」と批判している。(2009/11/4)

RIM、グローバルな3Gスマートフォン「BlackBerry Tour」発表
BlackBerry TourはEV-DO Rev. A、UMTS/HSPAなどをサポートし、世界中で高速3Gネットワークに接続可能だ。(2009/6/16)

Novell GroupWiseの更新版リリース、複数の脆弱性に対処
GroupWise WebAccessと同Internet Agent(GWIA)に深刻な脆弱性が存在する。(2009/5/25)

HP CloudPrintなど:
RIM、BlackBerryのエンタープライズ向けサービスを拡大
RIMが新サーバソフト「BlackBerry Enterprise Server 5.0」とHPとの提携を発表した。(2009/5/5)

NEWS
ミラポイント、「証拠保全」に強いメールアーカイバの新モデル
ハードウェアを一新、7Tバイトディスクを搭載したメールアーカイブアプライアンスの新製品を4月にリリース。アーカイブメールの検索機能が向上し、OutlookやNotesからもシームレスにアクセスできる。(2009/3/5)

XSSやコード実行の恐れ:
NovellのGroupWiseに複数の脆弱性
GroupWiseに深刻な脆弱性が複数見つかり、Novellがアップデートで対処した。(2009/2/3)

クラウドサービスでSLA提供へ:
GmailはExchangeサーバの10倍の信頼性、グーグル
(2008/10/31)

任意のコードが実行される恐れ:
Novell、GroupWise Messengerの脆弱性に対処
Windows版のGroupWise Messenger 2.xが影響を受ける。(2008/6/10)

Wireless Enterprise Symposium 2008 Report:
BlackBerry誕生は日本がきっかけ――RIMのラザリディス共同CEO
スマートフォン「BlackBerry」の成功の要因と日本市場への展開についてResearch In Motion社長兼共同CEOのラザリディス氏に聞いた。(2008/5/15)

Wireless Enterprise Symposium 2008 Report:
RIM、BlackBerryハイエンドモデルを日本投入か
RIMが発表したBlackBerryのハイエンドモデル「Bold」がNTTドコモから発売される見通しだという。(2008/5/14)

Wireless Enterprise Symposium 2008 Report:
ビジネスとコンシューマシーンで存在感を増すスマートフォンのBlackBerry
スマートフォン「BlackBerry」を展開するResearch In Motionの年次カンファレンス「WES 2008」が米国オーランドで開幕した。(2008/5/14)

Novellのグループウェアに未パッチの脆弱性
問題を悪用するとアプリケーションをクラッシュさせたり任意のコードを実行できる可能性がある。(2008/5/1)

Google、Postiniによる新セキュリティ製品をリリース
Googleがセキュリティ製品「Powered by Postini」を発表した。(2008/2/6)

第3のプレーヤーになりえるか? スマートフォンのBlackBerry
米国のビジネスマンが愛用するBlackBerryが、日本でも本格展開される。Symbian、Windows Mobileに続く第3のプレーヤーの実力とは?(2007/7/19)

Google、Postiniの買収でMicrosoftと対決へ
Googleはエンタープライズ市場への進出に向けて積極的な動きを展開するとともに、Microsoft Exchangeとの戦いでも攻勢を強めようとしている。(2007/7/11)

Novell、小規模企業向けワークグループスイートを発表
Novellは小規模企業向けのワークグループスイート「Novell Open Workgroup Suite Small Business Edition」を発表した。リリースは9月の予定。(2007/6/18)

小型軽量の「BlackBerry Curve」登場
RIMがフルQWERTYキーボード付きで小型軽量の「BlackBerry Curve」を発表した。(2007/5/4)

企業のメールボックスからLinuxを忍び込まそうとしているScalix
先日日本法人の設立が発表されたScalixは、AjaxベースのWebメールなどを備えたメッセージング&コラボレーションソフトウェアである。今後注目したい製品の1つだが、競合となるMicrosoftとの勝負に勝算はあるのだろうか。(2006/10/30)

Super Review:
Gaim 2.0の初見レビュー
Gaim 2.0のリリースが数週間後に迫っている。Gaim 2.0の体裁はGaim 1.5を純粋に改善したものとして整えられているが、中には必ずしも良い方向に変わっていない機能もある。(2006/10/27)

写真で解説する「BlackBerry 8707h」
米国&欧州ビジネスマン必携デバイスの「BlackBerry」を、ドコモが法人向けに展開する。今回導入される端末BlackBerry 8707hとはどのような端末で、何ができ、何ができないのか。写真で紹介する。(2006/9/26)

ドコモ、法人向けに「BlackBerry 8707h」を発売──9月26日から
ドコモは、RIM製のモバイル情報端末「BlackBerry 8707h」を9月26日に発売する。法人向け販売のみとなり、コンシューマー向けの店頭販売は行わない。(2006/9/19)

競争の激化で追いつめられるマイクロソフトのExchange
β2がリリースされたExchange 2007は、これからも多くの企業から支持されるだろう。しかし、こうしたプロプライエタリなシステムの代わりに、オープンなシステムを求めるユーザーも増えてきている。(2006/7/26)

中小企業向けのBlackBerryホスティングサービス発表
「Hosted BlackBerry Enterprise Server」ではサービスプロバイダーが中小企業向けに、管理型のBlackBerryホスティングサービスを提供できる。(2006/7/7)

BlackBerry、台湾に進出
Taiwan Mobileを通じてこの夏から、企業と個人向けにRIMのBlackBerry端末とサービスの提供を開始する。(2006/6/23)

ドコモが秋に導入する「BlackBerry」って何?
米国&欧州ビジネスマン必携と言われる「BlackBerry」が、ついに日本に上陸することになった。このBlackBerryとは、いったいどのような端末&サービスなのだろうか?(2006/6/8)

ドコモが「BlackBerry」端末を調達、秋にも提供へ
NTTドコモはResearch In Motion(RIM)のモバイル端末「BlackBerry」を調達すると発表した。法人ユーザーを対象に、サーバとセットで販売。端末は英語版のままで提供する。(2006/6/8)

Novell BrainShare 2006:2日目リポート
BrainShareで私が見た限りでは、技術上の問題点はほとんどクリアされているか、その寸前にまで来ており、後はNovellのマーケティングとセールスの人間が実際に売り込めるかにすべてがかかっている。(2006/3/29)

Novell BrainShare 2006:初日リポート
先週ソルトレイクシティで開催されたNovell BrainShare 2006。今年は一度しか開催されないため、Novellの動向を把握しようと多くの人が詰めかけていた。幾つか重要な発表も行われた同イベントの初日の様子をお届けする。(2006/3/29)

「社内の掃除にすぎない」――Novellレイオフに顧客は冷静
全社員の1割を超える600人をレイオフするNovellの組織再編に、一部顧客は不安を感じているが、「社内の掃除にすぎない」との冷静な意見も。(IDG)(2005/11/4)

CA、メッセージ管理ソフトのiLuminを買収
CAは、企業向けメッセージ管理ソフトの未公開企業iLuminを買収し、「BrightStor」にその技術を組み込んでISM分野での立場強化を図る。(2005/10/18)

Novellが小規模事業者向けのLinuxスイート発表、MSのSBSに対抗?
NovellがBrainShareで「Novell Linux Small Business Suite 9」を発表した。サーバからデスクトップに至るまでLinuxソリューションで固めたのが特徴だ。最大100ユーザーまでサポートするという。(2005/3/22)

「both source」で攻勢に転ずるノベル
Linux市場で勢いを増しているノベルは、プロプライエタリなコードとオープンソースのコード、つまり「both source」を武器にかつての輝きを取り戻しつつある。(2005/3/10)

LinuxWorld:Linuxへの移行拡大を推進するベンダー各社
Linuxは一般に言われているよりも簡単に導入、管理できる――今週ボストンで開催中のLinuxWorldでは、それらを実証するように各社からさまざまな製品が発表された(IDG)。(2005/2/17)

ノベル、企業向けクライアントOS「Novell Linux Desktop 9」日本語版を発表
ノベルエンタープライズ向けLinuxデスクトップ「Novell Linux Desktop 9日本語版」を発表した。政府、官公庁、大企業、キオスク端末やコールセンターなど特定の業務アプリケーション端末などを最初のターゲットに狙う。(2004/12/20)

NovellのOESにNetWareユーザーから賛否両論
NovellがNetWareからの移行パスとして用意する「Open Enterprise Server(OES)」に対しては、賛否両論がある。NetWareカーネルはもう死んでしまったのだろうか。(2004/11/9)

GNOMEの新版2.8がリリース
(2004/9/16)

キャセイパシフィック航空、Intellisyncを全社導入
インテリシンクは、キャセイパシフィック航空が、インテリシンクのデータシンクロ技術であるIntellisyncを全社規模で導入したと発表した(2004/9/1)

Novell、Evolution Connectorをオープンソースに
「Evolution Connector for Microsoft Exchange Server」は、Linux搭載デスクトップからMicrosoft Exchangeのデータを引き出すためのソフト。7〜9月期にリリース予定の「Novell Evolution 2.0」に組み込まれる。(2004/5/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。