ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

普及のネックは体験と機能:
普及率6%のスマートスピーカー 有料でも欲しい機能は?
電通デジタルの調査によるとスマートスピーカーの普及率は6%。Google HomeやAmazon Echoがよく利用されている。利用用途の中心は音楽だが、今後は、気分や感情を読み取ったサービスに期待が寄せられている。(2019/2/18)

開発者向けドメイン「.dev」、Googleが有料で先行登録開始
米Googleは2月19日(米国太平洋標準時)から、開発者向けのドメイン「.dev」の先行登録プログラムを開始する。(2019/2/18)

EU、オンラインプラットフォームの公平性のための新規則で合意 GoogleやAmazonが対象
EUが、AmazonマーケットプレイスやGoogle Playストア、検索エンジンなどを対象とする新規制で合意したと発表した。こうしたオンラインプラットフォームに透明性強化を義務付ける。(2019/2/18)

EU、侵害コンテンツ削除などを盛り込んだ著作権指令正案で合意、2020年にも施行へ
欧州連合(EU)の著作権指令改正案が合意され、2020年にも施行される見通しになった。Googleなどのいわゆる“プラットフォーマー”は著作権侵害コンテンツの掲載を未然に防ぐことを義務付けられる。また、Google Newsなどに掲載するメディア記事の利用料支払いも義務付けられる。(2019/2/18)

Googleさん:
「iPhone SE」後継が出ないなら「Google Pixel 3 Lite」はどう?
Googleが、Appleの「iPhone XR」より安いPixelファミリーのエントリーモデルを出すといううわさが真実味を帯びてきました。Appleがもう「iPhone SE」の後継機を出さないのであれば、SE難民の受け入れ先になるかも?(2019/2/17)

声で操作するBDレコーダー、シャープが発売 Googleアシスタントで番組探し
シャープは、スマートスピーカーを使って音声操作が行えるBlu-ray Discレコーダー「2Bシリーズ」7機種を発表した。番組名やキーワードを入力する手間が省けるという。(2019/2/15)

「はしか流行はFacebook上の反ワクチン情報のせい」という批判にFacebookが対処へ
「はしかの流行は、InstagramやYouTubeに反ワクチン情報が表示されるからだ」と米下院議員がFacebookとGoogleに対処を要請したことを受け、Facebookが対策中だとBloombergに語った。(2019/2/15)

「Google Play」申請却下のアプリは55%増、公開停止は66%増 Googleが対策の成果を説明
有害アプリの削減を目的とした不正検出技術やシステムの改善、人員の増大などが奏功したと強調している。(2019/2/15)

Google、2019年中に米国内の新オフィスとデータセンター開設に130億ドル投資へ
Googleが、米国内で2019年、オフィスとデータセンターの新設に130億ドル投じると発表した。年内に、全米50州中24州にGoogleのオフィスかデータセンターがある状態になる見込み。(2019/2/14)

自社サイトを活用した採用活動を支援:
「Googleしごと検索」最適化サービス、フルスピードが提供開始
フルスピードは「Googleしごと検索」への最適化による採用ページの積極活用を支援するサービスを開始した。(2019/2/13)

上位企業の寡占化進む:
18年4Qのクラウドインフラ市場、AWSとAzureの差が縮まる Alibabaも好調
米調査会社が公表した2018年第4四半期時点でのクラウドインフラサービス市場調査結果によると、1位は米Amazon.comだった。2位は米Microsoft、3位は米Googleだった。4位の米IBMのシェアは下がったが、5位の中国Alibabaは好調。シェア上位企業の寡占化が進んだ。(2019/2/13)

Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
Googleが、2016年にIoTデバイス向け新OSとして発表した「Android Things」のサポート範囲を縮小し、スマートスピーカーとスマートディスプレイ向けOSにリフォーカスすると発表した。NXP、Qualcomm、MediaTekのボードのサポートを終了する。(2019/2/13)

DockerデーモンやDockerfileなしでコンテナ化できる:
Google、Javaアプリケーションを簡単にコンテナ化できるオープンソースツール「Jib 1.0.0」をリリース
Googleは、DockerのインストールやDockerデーモンの実行、さらにはDockerfileの作成も行うことなく、Javaアプリケーションをコンテナ化できるオープンソースツール「Jib」を正式リリースした。(2019/2/13)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
Googleマップ(もしくは他の何か)に、できるようになってほしいこと
面倒だからお金を払って解決したい、そういう小さい困り事は日々起きていると思うのです。(2019/2/13)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】拡張機能「Password Checkup」でパスワード漏えいに備える
ネットサービスを使っていて怖いことの一つは、パスワードが第三者に漏えいすること。悪用される前に素早く対処するのに役立ちそうな拡張機能「Password Checkup」の使い方と注意点を説明します。(2019/2/13)

仮想通貨を盗むマルウェアが「Google Play」に セキュリティ企業に発見され削除
仮想通貨を盗み出すマルウェア「Clipper」が、米Googleの公式アプリストア「Google Play」で発見された。(2019/2/12)

コンテナランタイム「runc」に脆弱性、DockerやKubernetesに影響
RedHatやAmazon Web Services(AWS)、Google Kubernetes Engineなどのセキュリティ情報も公開され、アップデートの適用などを呼び掛けている。(2019/2/12)

ソフトバンク、Vision Fundで自動運転の米Nuroに9億4000万ドル出資
ソフトバンクが「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で自動運転の米新興企業Nuroに約1000億円出資する。Nuroは、Google系列のWaymo出身エンジニアが立ち上げ、オリジナルの無人配達車を開発した。昨年12月にはアリゾナ州で配達サービスを開始している。(2019/2/12)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:「Android分裂」か?
巻頭特集は、欧州連合がGoogleに科した巨額の罰金について。ECの狙いはAndroidの分裂なのか? 他にクラウドストレージサービス解説(AWS編)やOracleの没落、「AIが認識しているもの」が持つ意味の解説などの記事をお届けする。(2019/2/12)

Googleさん:
言い間違いも直してくれるGoogleの「音声文字変換」、かなり使える
Googleが早期アクセス版として公開した音声をリアルタイムで字幕にして表示する「音声文字変換」アプリを使ってみました。多少滑舌が悪くても意味が通るよう解釈してくれ、書籍タイトルなどもばっちり正しく表示してくれます。(2019/2/11)

「スケールする」OSSコンプライアンスを指向:
MicrosoftがUberやGoogleに続きOpenChainプロジェクトに参加
Microsoftは2019年2月6日(米国時間)、オープンソースソフトウェア(OSS)のライセンスコンプライアンスを推進するOpenChainプロジェクトに、プラチナメンバーとして参加したことを発表した。(2019/2/8)

Microsoftの「Build 2019」は5月6日から またGoogle I/Oの1日前
Microsoftは、年次開発者会議「Build 2019」を5月6〜8日に開催すると発表した。参加申し込みは2月27日開始だ。昨年同様、Googleの「Google I/O」より1日前のスタートだ。(2019/2/7)

GmailのスパムブロックにTensorFlowが活躍 1日1億件のスパムを削除中
Googleが、Gmailでは99.9%のスパム、フィッシング、マルウェアをブロックしており、機械学習システム「TensorFlow」の採用により、さらに1日当たり1億件のブロックが可能になったと説明した。(2019/2/7)

流出したパスワードの使用に警告、Google Chromeの拡張機能「Password Checkup」
「Password Checkup」では、流出が確認されているユーザー名とパスワードが入力されると警告を表示して、パスワードの変更を促す。(2019/2/6)

Google Homeの通訳機能、日本でも利用可能に
Google Homeやスマートディスプレイで、日本語を含む26カ国語の通訳機能が使えるようになった。例えば日英通訳では、日本語を言うと英語に、英語を言うと日本語に翻訳して音声出力する。(2019/2/6)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeでブックマークからタブへ複数ページを一気に開く
よく利用する複数のWebページを1つずつブラウザの各タブへ開いていくのは面倒ではありませんか? Google Chromeなら、そうしたページをまとめてブックマークしておくだけで、一気に開けるようになります。(2019/2/6)

Google親会社Alphabet、広告好調で過去最高の売上高、「その他」の損失は拡大
Googleを傘下に持つAlphabetの10〜12月期決算は、売上高は過去最高の393億ドル、純利益は89億ドルだった。広告が好調だったが、クリック単価は下がり続けている。(2019/2/5)

Google、聴覚障害者向けリアルタイム字幕アプリ「Live Transcribe」と補聴アプリ「Sound Amplifier」
Googleが、聴覚障害者向けの2つのアプリを発表した。リアルタイム字幕アプリ「Live Transcribe」(β)は日本語もサポートする。補聴アプリ「Sound Amplifier」はAndroid 9 Pie以降に対応する。(2019/2/5)

Googleのメッセージは届いていない
君は「Chrome Enterprise」という選択肢を知っているか
企業デスクトップの選択肢の一つとして「Chrome Enterprise」がある。だが、Googleは顧客にメッセージを十分に伝えきれていないようだ。(2019/2/5)

Google、「Cloud Firestore」を正式提供 モバイルBaaS向けのNoSQLデータベース
GoogleがモバイルBaaS向けのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」の正式提供を始めた。BaaS「Firebase」とGoogle Cloud Platform上で、フルマネージド型データベースとして提供する。(2019/2/4)

驚異的成長のネットフリックス 190カ国以上、会員1億3900万人
驚異的な成長を続ける米動画配信大手のネットフリックスは、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの「GAFA」に並ぶ米の主要なIT企業。頭文字のNを足して「FAANG」とも呼ばれる。(2019/2/4)

Google Playストアに悪質ポップアップ広告や画像収集のカメラアプリ29本 Trend Microの指摘でGoogleが削除
Googleの公式アプリストアで公開されていた29本のカメラ関連アプリがしつこいポップアップ広告などにつながる悪質なものだとTrend Microが指摘し、Googleが削除した。既に数百万回ダウンロードされている。(2019/2/4)

利用規約を一方的に変更された:
GAFAに不満爆発 勝手に吸い上げられる個人情報……
「一方的に有利な契約内容になっている」「不要な機能の押し売りがある」。政府が昨年末に行った「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業に関する意見募集で、取引先企業や個人の不満が爆発し、改善を求める声が相次いだ。これまで米グーグルなどのプラットフォーマーは取引などを仲介する「場の提供者」として特段の規制を受けてこなかった。だが、政府はこうした不満につながっている不公正な取引に関して、規制に乗り出す方針だ。(2019/2/4)

Apple、Facebookに続けてGoogleのβアプリも規約違反でApp Storeから削除
Appleが、Facebookの「Enterprise Developer Program」で稼働するすべてのアプリをApp Storeから削除したことに続けて、Googleの同様のアプリも削除した。iOS版の「Googleマップ」や「ハングアウト」のベータ版テスターアプリはアップデートできなくなった。(2019/2/1)

新人IT担当者でも分かるITトレンド
クラウドDWH(データウェアハウス)は今までのDWHと何が違うのか?
Googleの「BigQuery」やAWSの「Redshift」などの「クラウドDWH」が充実しつつある。クラウドDWHには、オンプレミスのDWHと比べてどのような特徴があるのだろうか。(2019/2/1)

「Google+」、2019年4月2日に終了
2019年4月2日にコンテンツの削除が始まります。(2019/1/31)

「Google+」終了は4月2日に決定 2月4日から新プロフィール作成不能に
Googleが、ソーシャルサービス「Google+」を4月2日に終了すると発表した。それまでにコンテンツをダウンロードするようユーザーに呼び掛けている。(2019/1/31)

「Google Chrome 72」の安定版公開、TLS 1.0とTLS 1.1が非推奨に
Chrome 72ではTLS 1.0とTLS 1.1が「非推奨」となった。デスクトップ版では計58件の脆弱性を修正している。(2019/1/31)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
CESで見た「スマートグラスの可能性」を考える
2012年にGoogleが発表した「Google Glass」からスマートグラスはどう進化したのか。CES 2019で最新ARグラスを取材した西田氏が今後の課題や可能性を探る。(2019/1/30)

AndroidおよびiOS版Gmailも「マテリアルデザイン」に
Googleが段階的に進めているサービスの「マテリアルデザイン」化の一環として、AndroidおよびiOS版Gmailも新デザインにする。向こう数週間かけてローリングアウトしていく。(2019/1/30)

競合と共存 CESで見た「プラットフォーム戦争」最新局面
Google、Apple、Amazonといったプラットフォーマー同士の競争は一段と過熱化している。しかし、彼らはただ競り合っているだけではないのだ。レイヤー化した局面を西田宗千佳さんが解説。(2019/1/28)

「HUAWEI P20」「HUAWEI Mate 10 Pro」がAndroid 9.0へアップデート
ファーウェイは、1月28日以降に「HUAWEI P20」「HUAWEI Mate 10 Pro」のソフトウェアアップデートを実施。OSをAndroid 9.0、独自UIの「EMUI」を9.0へバージョンアップするほか、Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化も行う。(2019/1/28)

ソフトバンクが「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を1万800円(税込)引き 1月30日から
ソフトバンクが、Googleのスマートフォンを1万800円(税込)引きで販売するキャンペーンを開始する。キャンペーンだが、終了期日は特に設けられていない。(2019/1/28)

「Pixel 3」機種代金を1万800円割引 ソフトバンクがキャンペーン、30日から
ソフトバンクが「Google Pixel 3」「Google Pixel 3 XL」の機種代金から1万800円を割り引くキャンペーンを始める。(2019/1/28)

企業内データを「Google検索」:
Googleが「Cloud Search Connector SDK」をオープンソース化、企業内のあらゆるデータを検索可能に
Googleは、「Cloud Search Connector」の作成を支援する「Cloud Search Connector SDK」と、同社が作成したリファレンスコネクタをオープンソース化して公開した。企業内のユーザーが、企業内のさまざまなデータをGoogle検索のように調べることができるようになる。(2019/1/28)

ITはみ出しコラム:
教育市場で火花を散らすGoogleとMicrosoft 日本の覇権争いは2020年が本番?
毎年ロンドンで開催される教育関連のICTイベント「BETT」にて、MicrosoftとGoogleが自社のデバイスとクラウドサービスを教育市場向けにアピールしました。教育のICT活用が遅れている日本でも、2020年以降に覇権争いが本格化しそうです。(2019/1/27)

「Google I/O 2019」は5月7〜9日に前回と同じ会場で開催へ
Googleが例年通り開発者カンファレンス「Google I/O」の開催をクイズ形式で告知した。1時間後には5月7〜9月に昨年と同じShoreline Amphitheatreで開催という正解がツイートされた。(2019/1/26)

ソニーのWH-1000XM3で挑戦:
AlexaかGoogleかSiriか、英語か日本語か それが問題だ
ソニーのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM」シリーズが、ファームウェアアップデートでAmazonの音声アシスタント「Alexa」をサポートしました。その導入方法や使い勝手を見ていきましょう。(2019/1/26)

新機能追加で逆転なるか
Office 365 vs. G Suiteの息が詰まる戦い 劣勢Googleの秘策は?
Googleのクラウドオフィススイート「G Suite」はアップデートを続けている。2019年の年明けにも管理者とエンドユーザー向けにそれぞれ新機能を追加した。しかし市場をリードするのはMicrosoftの「Office 365」だ。(2019/1/26)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(9):
SOMPOシステムズ、サイボウズ、Microsoft、Google――企業がプログラミング教育に取り組む意義とは
みんなのコードは「コンピュータサイエンス教育週間」に全世界で実施されたプログラミング教育推進運動「Hour of Code」に合わせ、日本国内でのテクノロジー教育への関心を高める啓蒙活動を実施し、その一環として「パートナー企業 CSR取り組み報告会」を開催した。(2019/1/30)

GoogleとSony Pictures Imageworks、VFX用レンダリング管理システム「OpenCue」をオープンソース化
Google Cloud Platformを利用しているSPE傘下のVFX企業Sony Pictures Imageworksが、Googleと協力して自社のレンダリング管理システムを「OpneCue」としてオープンソース化した。(2019/1/25)

DeepMindの「AlphaStar」、「スタークラフト2」のプロトップゲーマーに圧勝
Google系列のDeepMindが開発したAI「AlphaStar」が、人気リアルタイムストラテジーゲーム「スタークラフト2」の2人のトップゲーマーとそれぞれ5ゲーム対戦し、5対0で圧勝した。(2019/1/25)

仕事探しもググる時代? 「Google しごと検索」登場
「地名 求人」で検索検索ぅ!(2019/1/24)

AppleのmacOS担当ベテランエンジニアがGoogleのFuchsiaチーム入り
Appleで14年間macOS関連に従事してきたベテランエンジニアのビル・スティーブンソン氏が、2月からGoogle入りし、「Fuchsiaという新しいOSを市場に投入する手助けをする」とLinkedInに投稿した。(2019/1/24)

求人ページの横断検索「Googleしごと検索」開始 「渋谷 バイト」で検索OK
Google検索上で求人情報を横断検索できる「Googleしごと探し」がスタート。「渋谷 バイト」「本屋 アルバイト」「パンケーキ シェフ募集」など希望する職種やエリアなどで検索すると、関連する求人情報がまとめて表示される。(2019/1/24)

Amazonなどプラットフォーマーとの取引問題教えて――公取委、情報窓口開設
公正取引委員会は、政府が「デジタルプラットフォーマー」と呼ぶ、GoogleやAmazon、Facebook、Appleをはじめとした巨大IT企業の取引慣行についての実態調査を始める。その一環として、プラットフォーマーとの取引問題の情報を募る窓口を設置した。(2019/1/23)

テレビやエアコン、声で操作 Googleアシスタント搭載スピーカー「コエリモ」パナソニックから
手持ちの家電を音声操作できる、Googleアシスタント搭載ワイヤレススピーカーシステム「コエリモ」がパナソニックから。テレビやエアコンなど赤外線リモコンに対応した家電を、簡単な設定で音声操作できる。(2019/1/23)

Google Cloud Functions、Go言語をサポート
サーバレスでアプリケーションを実行できるサービス「Google Cloud Functions」のサポート言語に「Go」が追加された。(2019/1/23)

GoogleとJigsaw、フィッシング詐欺見破りポイントのクイズを公開
Googleとその系列のシンクタンクJigsawが、フィッシング詐欺メールを見破るポイントをチェックする8問のクイズを公開した。(2019/1/23)

Google、「ハングアウト」終了のだいたいのタイムラインを発表
Googleが、コミュニケーションサービス「ハングアウト」終了のタイムラインを発表した。4月16日に一般ユーザーも「無料版「Hangout Chat」が利用できるようになり、10月から段階的にハングアウトが終了していく。(2019/1/23)

「Apple Pay」をTargetやTaco Bellなどがサポートし、全米65%の小売店で利用可能に
Appleが、小売り大手のTargetや複数のファストフードチェーンが新たに「Apple Pay」をサポートし、全米小売店の65%でApple Payが使えるようになったと発表した。Targetは「Google Pay」もサポートする。(2019/1/23)

総務省、Googleなどに「通信の秘密」適用へ 各国で規制強化
総務省が設置した有識者会議は21日、米グーグルなどプラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業の規制に向けた主要論点案をまとめた。電気通信事業法が定める「通信の秘密」の規制の適用を検討することなどを盛り込んだ。(2019/1/22)

Google、フランス当局からGDPR違反で5000万ユーロの罰金
仏データ保護規制当局CNILが、GoogleがGDPR(一般データ保護規則)に違反したとして5000万ユーロ(約62億円)の罰金支払いを命じた。昨年5月に施行されたGDPRがフランスで適用されるのは初だ。(2019/1/22)

Googleの「BBR」よりも高性能:
携帯電話ネットワークの混雑を軽減する「ExLL」プロトコルを開発、蔚山科学技術大
韓国の蔚山科学技術大学校の研究チームが、携帯電話ネットワークの混雑を軽減する超低遅延輻輳制御プロトコル「ExLL」を開発した。Googleの「BBR」よりも高性能だという。(2019/1/22)

「Googleマップ」のナビ、一部地域で「制限速度」と「ネズミ捕り」アイコン表示開始
Googleマップのナビゲーション画面に、走行中の道路の制限速度とスピード違反取り締まりスポットが表示されるようになったと複数のメディアが報じた。北米など一部の地域でローリングアウトしていることをGoogleが認めた。(2019/1/21)

Googleマップの佐賀駅がなぜかインド北部に 「ニューデリーから車で4時間」「インドランド佐賀」
おかげで経路検索ができません。【追記】(2019/1/20)

「Cortanaは他のAIアシスタントと競合せず、協調する」とMicrosoftのナデラCEO
Microsoftのサティア・ナデラCEOがメディア向けイベントで、同社のAIアシスタント「Cortana」をAlexaやGoogleアシスタントと競合させるのではなく、スキルやアプリとして連携させていくと語った。(2019/1/19)

Google Wear OS搭載、クラシカルデザインのスマートウォッチ 「TicWatch C2」 Mobvoiから
中国Mobvoiは、1月18日にGoogle Wear OSを搭載したスマートウォッチ 「TicWatch C2」を発売。ステンレススチールや本革を取り入れたクラシカルなデザインで、各種センサーや防水・防塵性能も備えている。カラーはローズゴールド、ブラック、シルバーの3色で、価格は2万4499円(税別)。(2019/1/18)

Google、Fossilのスマートウォッチ関連知財と人材を4000万ドルで買収
Googleが、2015年からWear OS搭載スマートウォッチを製造販売しているファッションブランドのFossil Groupのスマートウォッチ関連IPと人材を4000万ドルで買収する。(2019/1/18)

機械学習などに向く:
Tesla T4がGoogle Cloud Platformで利用可能に、日本のリージョンもGPUインスタンスに対応
NVIDIAの最新GPU「Tesla T4」がGoogle Cloud Platformで、パブリックβとして利用可能になった。利用料金はGPU1基当たり1時間0.29ドル。GPUに最適化したソフトウェアを実装したコンテナもNVIDIAのカタログであるNGCからダウンロードできる。(2019/1/18)

Google、「G Suite」の「Basic」と「Business」を4月2日に値上げへ
Googleが「G Suite」を初めて値上げする。4月2日から「Basic」プランが月額5ドルから6ドルに、「Business」プランは10ドルから12ドルになる。「Enterprise」プランは25ドルに据え置きだ。(2019/1/17)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(2):
ケーススタディーから学ぶ「マインドフルネストレーニング」の実践と活用法
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2019/1/17)

業務を効率化し、意思決定のスピードを加速:
朝日広告社、「Google データポータル」を活用したデータ統合と可視化のための自動収集ソリューションを提供
朝日広告社は、Googleが無料で提供するBIツール「Google データポータル」を活用した、データ統合と可視化のための自動収集ソリューションを提供開始した。(2019/1/16)

Google、G Suiteも「マテリアルデザイン」に
Googleが段階的に進めている各種サービスの「マテリアルデザイン」化の一環として、「G Suite」のドキュメント、スプレッドシート、スライド、サイトのデザインを変更した。(2019/1/16)

ディープラーニングツール概説(前編)
Google、Microsoft、Facebookのディープラーニングフレームワーク
ディープラーニングプログラムを一から構築することも可能だが、既存のフレームワークやラッパー、周辺ツールを使うことでより迅速かつ容易に開発できる。まずは大企業が提供する主要なツールを簡単に紹介する。(2019/1/16)

Google従業員、IT企業にハラスメント対策を求めるキャンペーン展開
昨年11月にセクハラ抗議デモ#GoogleWalkoutを実施したGoogleの従業員有志らが、社内ハラスメントにつながる雇用契約での強制仲裁条項削除を求め、1月15日にソーシャルキャンペーン「End Forced Arbitration」を展開する。(2019/1/15)

GoogleとWordPress.com、中小ニュースメディア向けプラットフォーム「Newspack」立ち上げ
GoogleとWordPress.comが、ニュースサイトの開設・運営を簡易化するプラットフォーム「Newspack」を発表した。コンテンツに専念できるようCMS設定ツールなどを提供する。2020年1月までは無料。(2019/1/15)

日本企業も活発に活動:
FacebookやGoogleも参加するOSSコンプライアンスのプロジェクト、「OpenChain」とは
2018年12月、「OpenChain」というOSS関連プロジェクトにFacebook、Google、Uberという著名企業3社が同時に加入し、一部で話題を呼んだ。同プロジェクトはユニークなやり方で、ユーザー企業におけるOSSコンプライアンスの課題に応えようとしている。(2019/1/15)

異なる設計思想
AWSのネットワークはAzureやGCPより高リスク? 監視企業がレポート
ThousandEyesが発表したレポートによるとAWSのネットワーク処理はAzureやGoogle Cloud Platformと大きく異なり、パフォーマンスの問題が発生する可能性があるという。AWSは何が違うのか。(2019/1/15)

Google、「Chromecast Audio」販売終了へ
Googleが、手持ちのスピーカーをスマートフォンやスマートスピーカーとWi-Fi接続して音声をキャストする端末「Chomecast Audio」(4980円)の製造を終了し、在庫がなくなり次第販売も終了する。(2019/1/13)

ITはみ出しコラム:
TwitterのCEOが休暇に「スマホ断ち」して行ったこと
AppleやGoogleは「デジタル中毒対策」に乗り出していますが、ついついスマホに手が伸びてしまうもの。ただ、Twitterのジャック・ドーシーCEOや、salesforce.comのマーク・ベニオフCEOといった「スマホが必須」と思われるような人たちは、長期休暇を「デジタル断ち」で過ごしています。(2019/1/13)

Google検索のナレッジグラフ、偽情報の拡散に悪用も 研究者が指摘
ユーザーはGoogleの検索結果をうのみにする傾向があることから、ナレッジグラフは偽情報を拡散させたり、政治目的で悪用されたりする恐れもあると研究者は指摘している。(2019/1/11)

Wikipedia、Google翻訳を編集ツールで採用
Wikipediaを運営する非営利団体Wikimedia Foundationが、コンテンツ翻訳ツールで「Google翻訳」を利用できるようにしたと発表した。両者の合意により、無償で利用でき、コンテンツはGoogleに送信されるが編集者の個人情報などは収集されない。(2019/1/11)

Chromeブラウザの広告ブロック機能、7月9日に世界で有効に
Googleが昨年2月から北米と欧州で実施しているChromeブラウザでの問題広告ブロックを、7月9日から世界で提供する。(2019/1/10)

Google検索に「検索の続き」や「後で読む」が可能な新機能「activity card」
Googleが、ログインした状態でのGoogle検索で、過去に検索したことのある検索クエリを入力すると検索履歴に基づいた「activity card」を表示する機能を発表した。編集も可能で、よく検索するサイトをテーマ別にまとめておくこともできる。(2019/1/10)

モバイル版GoogleマップのナビでGoogleアシスタントが利用可能に
Googleが、「Googleアシスタント」をモバイル版「Googleマップ」で使えるようにした。ナビ画面から離れずに質問したり、音楽やPodcastの再生ができる。AndroidではSMSやメッセージの送信も可能だ。(2019/1/9)

Google Playに迷惑広告表示のフェイクアプリ、900万人に感染
ゲームやリモコンなどを装って迷惑な広告を執拗に表示する不正アプリが85本見つかり、Google Playから削除された。(2019/1/9)

CES 2019:
GoogleアシスタントについてCESで発表された新機能まとめ マップサポートや通訳など
Googleアシスタントがモバイル版「Googleマップ」のナビ画面で使えるようになった。また、Google Homeおよびスマートディスプレイの「通訳モード」でリアルタイムの通訳機能が使えるようになる。その他、AmazonのACK対抗のサードパーティーを取り込むプラットフォームなども発表された。(2019/1/9)

Googleアシスタント搭載端末が10億台超へ(Androidスマホを含めて)
Googleが、AIアシスタント「Googleアシスタント」搭載端末が1月末に10億台を突破すると発表した。Amazonの「Alexa」は、最近の幹部インタビュー記事によると1億台だ。(2019/1/8)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開
最も深刻な脆弱性では、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って特権で任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2019/1/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」 最新デバイスの何に注目する?
2018年もさまざまな最新デバイスが登場した。外観や機能の見どころは幾つかあるが、有識者は何に注目するのか。本稿では「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」について有識者が注目した点について解説する。(2019/1/8)

CES 2019:
Googleアシスタント搭載キッチン専用スマートディスプレイ「KitchenAid Smart Display」
米家電メーカーのKitchenAidが「Googleアシスタント」搭載のスマートディスプレイを発表した。キッチンでの利用を前提とした防水レベルIPX5の10インチディスプレイだ。レシピ検索もキッチンタイマーも音声で使える。(2019/1/7)

ITはみ出しコラム:
世界を席巻する「GAFA」 Google、Apple、Facebook、Amazonの2018年まとめ
昨今は「GAFA」とまとめて呼ばれることも多い、Google、Apple、Facebook、Amazon.com。世界を騒がせたこの4社の2018年を振り返ります。(2018/12/30)

今日のリサーチ:
日本のテレビCMはグーグルで年を越しユーキャンで新年を迎える――サイカ調査
年末年始にテレビCMの出稿が増える企業とは?(2018/12/28)

CES 2019:
LG、「Dolby Atmos」+「DTS:X」+「Googleアシスタント」のサウンドバーをCESで披露へ
LG Electronicsが、来年のCES 2019で披露する予定のサウンドバーを一足先に発表。開発ではMeridian Audioと提携し、「Dolby Atmos」と「DTS:X」の両方に対応し、「Googleアシスタント」を搭載する。(2018/12/28)

宮古・石垣への経路検索:
沖縄県、グーグルにデータを提供
沖縄県は路線バスや離島向けフェリーなど公共交通機関の路線情報を集約し、統一規格で提供する「オープンデータ」整備事業で、宮古・石垣島のオープンデータを大手検索サイト「グーグル」に提供。早ければ19年3月にも同サイトで経路検索ができるようにする。(2018/12/27)

非承認となった商品を自動的に除外:
Google ショッピング広告の掲載商品数を最大化、アイレップが「Marketia Feed Manager」に機能追加
アイレップは、Google ショッピング広告の掲載商品数の最大化機能を「Marketia Feed Manager」に追加実装したと発表した。(2018/12/26)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの拡張機能がアクセスできるサイトを制限して安全性を高める
Google Chromeの拡張機能は通常、全てのサイトに対するアクセスの許可を求めてきます。これを制限することで安全性を高める方法を紹介します。(2018/12/26)

スマホで遺失物を探せる厚さ1.28mmのカード型トラッカー「FINDORBIT CARD」販売開始
epiceがスマホの専用アプリで遺失物を探せるカード型トラッカーの販売を開始。カードのボタンを押せばマナーモードでもスマホのアラーム音を鳴らすことができ、それぞれが30m以上離れると両方からアラーム音が鳴る仕組みを搭載している。「Google Home」や「Amazon Alexa」にも対応する予定だ。(2018/12/25)

Googleさん:
Googleサンタにお願い Pixel 3使ってさらに欲しくなったものたち
クリスマスイブイブなので、Googleさんに今後出してほしい製品やサービスを考えてみました。米国では既に使えるものは来年には来日してほしいところ。(2018/12/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。