ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AppleのiOSをプライバシー保護で追撃」と専門家
Android 11の「仕事とプライベートをより厳密に分ける機能」とは?
Googleがリリースした「Android 11」は仕事用データと個人用データの分離を強化するなど、データ保護機能を充実させた。専門家にAndroid 11の見どころと課題を聞く。(2020/10/25)

「Pixel 5」の天体撮影はPixel 4から進化したか 満天の星空で比較
GoogleのAndroidスマートフォン「Pixel 5」では先代のPixel 4からアウトカメラの構成が変わった。これによって、Pixel 4では天の川も撮れた天体撮影機能がどう変わったかを満天の星空で比較した。(2020/10/23)

マーケティングにGCPを活用するMcDonald's【前編】
マクドナルドに「GCPでスマホアプリ開発」を促した“マスマーケの限界”
McDonald'sは「Google Cloud Platform」(GCP)を利用して開発したスマートフォンアプリケーションをマーケティングに生かしている。マスマーケティング以外の手段を模索する背景には何があるのか。(2020/10/23)

iOS 14で追加された「翻訳」アプリの実力は? Google翻訳との比較も
iOS 14では、新たに標準アプリとして「翻訳」アプリが追加された。日本語を含めた11言語に対応。アプリの構造はシンプルで、言語を2つ選択し、マイクボタンを押して話すと、もう片方の言語に翻訳される。(2020/10/22)

米Google提訴、日本での規制論議に影響も
米司法省が米Googleを独占禁止法違反で提訴した。日本も巨大ITへの規制について議論を行い、デジタル・プラットフォーマー取引透明化法を成立。今後は公正取引委員会が欧米に歩調を合わせて規制を強化するかどうかが焦点になるとの見方がある。(2020/10/22)

フラグシップだがハイエンドじゃない――「Google Pixel 5」がミドルレンジスマートフォンになった理由
Googleが10月15日に発売した新型スマートフォン「Pixel 5」は、従来のフラグシップモデルとは異なり「ハイエンド」ではなく「ミドルハイレンジ」のスペックとなっている。そこにはどのような理由があるのだろうか。(2020/10/21)

今日のリサーチ:
GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しました。間に割って入ったAmazonとMicrosoftは成長率ランキングの2トップでもあります。(2020/10/21)

Spigen、Google Pixel 5用ケースを発売
Spigenは、Google Pixel 5用ケースを公式ストア・Yahoo/PayPayモールで発売。薄型軽量の「シンフィット」、耐衝撃クリアケース「ウルトラハイブリッド」、MIL規格取得ケース「ラギッドアーマー」などを用意する。(2020/10/21)

米司法省、Googleを独禁法違反で提訴 Googleは「ユーザーがわれわれを選んでいる」
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴した。検索および検索広告市場を不法に維持していると指摘。Googleは、この訴訟は「ひどい欠陥」があるとし、「ユーザーは強制されてではなく、自らGoogleを選んでいる」と主張する。(2020/10/21)

Tech TIPS:
【iPhone】ChromeやGmailなど、リンクタップで好みのアプリが開くように変更する
従来、iPhone/iPad/iPod touchでは、タップしたリンクを標準のSafariや「メール」アプリでしか開けなかった。だがiOS 14から、Google ChromeやGmailといった好みのアプリで開けるようになっている。その設定手順と注意点を解説する。(2020/10/21)

Google、ハミングや口笛での楽曲検索を発表 Android版は日本語含む20カ国語で提供開始
曲の雰囲気だけで検索できます。(2020/10/20)

Googleのスマートディスプレイ、ダークテーマを含む大幅アップデート
Googleアシスタント搭載スマートディスプレイ「Nest Hub」シリーズのUIがまもなくアップデートし、ダークテーマやめざましディスプレイに対応する。新たにタブに機能が分けられ、目的にアクセスしやすくなる。(2020/10/20)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
進化した Googleのスマートスピーカー「Google Nest Audio」、果たして買いか?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回は、「Google Home」の後継となる新モデル「Google Nest Audio」をチェックした。(2020/10/20)

「AWS」「Azure」「GCP」を安く使う方法【後編】
「Azure」や「GCP」が安くなる主な割引プログラムとは?
クラウドサービスを利用する場合、リソースの利用を確約したり、制限を受け入れたりすることで料金の割引が受けられることがある。「Microsoft Azure」と「Google Cloud Platform」の割引プログラムを紹介する。(2020/10/20)

Google、2016年提供開始の「あんしん連絡先」アプリのサポートを12月1日終了
Googleが2016年から提供している緊急時に自分の位置情報を知らせるアプリ「あんしん連絡先」のサポートを12月1日に終了する。同社は代替サービスとして、Googleマップの「現在地の共有」機能を勧めている。(2020/10/19)

Googleさん:
最先端をやめたPixel 5、でも手に馴染む Pixel 4ユーザーが使ってみて感じたこと
Google純正Androidスマートフォンとしての最新ハイエンドモデル「Pixel 5」を使ってみました。いままでにない色「Sorta Sage」のバイオレジンでコーティングしたアルミ筐体の手触りは優しく、手に馴染みます。(2020/10/18)

Google、Workspaceでの「ハングアウト」から「Chat」移行完了を来年後半に延期
Googleが2018年から告知しているWorkspace(旧G Suite)でのハングアウトからGoogle Chatへの移行の完了期限を、従来の今年後半から来年後半に延長した。また、一般ユーザー向けハングアウトアプリも同時期に提供を終了し、GmailのGoogle Chatに移行することになる。(2020/10/16)

Google、「この曲何?」→ハミングで曲名検索 機械学習で
スマートフォンのGoogleアシスタントに「この曲何?」と言った後ハミングすると、曲名とその曲の動画リンクを表示するようになった。曲の旋律を指紋代わりに使って検索する。(2020/10/16)

OEMの一部に影響する問題に対応:
Google、セキュリティ向上に役立つ「Android Partner Vulnerability Initiative」(APVI)を開始
GoogleのAndroidセキュリティ&プライバシーチームは、Androidの特定のOEMデバイスに固有のセキュリティ問題を管理するための取り組み「Android Partner Vulnerability Initiative」(APVI)を開始した。(2020/10/15)

本文にたどり着かねえ! Googleレンズの読み上げがはがきの予想外な部分を読み始める動画がじわじわくる
途中で読み疲れちゃってる。(2020/10/14)

「YouTube Music」アプリが「Apple Watch」に対応
Googleの音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」のiOS版アプリがApple Watchをサポートした。接続するiOS端末でYouTube Musicを起動し、音楽を再生・操作できる。(2020/10/14)

Tech TIPS:
Chromeブラウザで保存したパスワードをiPhoneアプリでも使えるようにする
これまでiPhoneでアプリにログインする際、Google Chromeに保存してあるパスワードを使う(自動入力する)ことはできなかった。それがiPhone向けChromeバージョン86以降では可能になった。その設定方法や使い方や注意点を解説する。(2020/10/14)

Google、Nestシリーズ代表作のサーモスタットを刷新 「Soli」搭載で130ドルに
Googleが2014年に買収したNest Labsの代表的な製品であるサーモスタットを大幅に刷新した。先代より100ドル以上安くなり、Google Homeアプリに対応し、Pixelシリーズから消えたセンサー「Soli」を搭載する。(2020/10/13)

Alphabetの次のムーンショットは“農業” 畑ロボットでデータ収集中
Googleの親会社、Alphabetのムーンショット部門が、新プロジェクト「Mineral」を発表した。農作物の複雑さを管理するツール開発に取り組む。ツールの1つは、植物のデータ収集用ロボット「Plant buggy」だ。(2020/10/13)

Android版Googleマップでもナビアイコンをかわいい車に変えられるように
Android版Googleマップの経路検索で、車のナビで表示される青い矢印を車のアイコンに変えられるようになった。iOS版では2018年から可能だった機能だ。(2020/10/13)

Google Meetでの授業中にグループ討論を可能にする「ブレイクアウト セッション」
GoogleのWeb会議サービス「Google Meat」に、会議参加者を少人数のグループに分ける機能「ブレイクアウト セッション」が追加された。まずは教育機関向けエディション「Google Workspace Enterprise for Education」でロールアウト中だ。(2020/10/12)

「遊び心すき」「非常に助かってます」 オフライン時遊べるGoogle Chromeの隠しミニゲームって知ってる?
公式アカウントがツイートしました。(2020/10/11)

Google、特定の物音だけを拾って通知する「音検知通知」機能 「音声文字変換」アプリに追加
米Googleは、Androidアプリ「音声文字変換」向けに、周囲の特定の物音を検知してスマートフォンに通知する新機能を公開した。(2020/10/9)

Google系列のWaymo、完全自動ロボタクシーの一般への提供をフェニックスで開始
Google系列の自動運転企業Waymoが、完全無人のロボタクシーの一般向け提供を、アリゾナ州フェニックスで開始した。(2020/10/9)

Microsoft、(AppleとGoogleに対して)アプリストアのお手本を示す
Apple(とGoogle)のアプリストアに対する開発者からの批判が高まる中、Microsoftがアプリストアとしてあるべき10の原則を発表し、Microsoft Storeはこの原則を採択したと発表した。競合するアプリストアの存在を認め、自社アプリを特別扱いしないなどの項目がある。(2020/10/9)

「Googleアシスタント」でAndroidアプリの操作が可能に 「ねえGoogle、Twitterでニュースをチェック」
Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」でAndroid端末のサードパーティ製アプリを操作できるようになった。対応するアプリはまだ30本程度だが、今後増える見込み。Twitterを開いたり、Spotifyでプレイリストを再生したりできる。(2020/10/9)

Facebook、米大統領選投票終了後に関連広告一時停止へ Googleに続き
Facebookが、米大統領選当日の混乱を避けるため、投票終了後は一時的に関連広告を停止する。同様の方針をGoogleは9月中に発表している。Facebookはまた、当選者確定前に候補者やその政党が勝利宣言を投稿した場合、ラベルを付ける計画だ。(2020/10/8)

Google、アシスタントの”シークレットモード”追加や「セキュリティ通知」改善
Googleが、同社サービスのセキュリティとプライバシーに関する新機能を発表した。「セキュリティ通知」がこれまでより気づきやすくなり、「Googleアシスタント」にも検索やマップにあるようなシークレットモードが追加される。(2020/10/8)

Googleのアート鑑賞アプリ、有名絵画との合成画像が作成可能に
Googleは、10月7日に世界中のアートを鑑賞できるアプリ「Google Arts & Culture」で「Art Filter」機能を公開。ARを活用し、有名絵画と自分自身の合成画像を作ることができる。対象はフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、ゴッホの「自画像」など。(2020/10/7)

米下院司法小委員会、「GAFAは分割すべき」 調査報告書公開
Google、Apple、Facebook、Amazonについて約16カ月にわたって調査してきた米議会下院の独禁法小委員会が、長大な報告書を公開した。デジタル市場での健全な競争を回復させるため、4社はそれぞれ分割し、企業買収についても規制を強化すべきと提案している。(2020/10/7)

Google、「G Suite」を「Google Workspace」にリブランド ツール同士の連携強化、新料金プランも
米Googleが「G Suite」の名称を「Google Workspace」に変更した。ツール同士の連携強化や料金体系の拡充を行った。(2020/10/6)

Androidの10月月例更新は「Critical」6件を含む40件に対処 Pixel 4aの機能パッチも
GoogleがAndroidとPixelの月例セキュリティ情報を公開した。セキュリティでは重要度が最高の6件を含む40件の脆弱性に対処する。Pixel向けは機能パッチのみで、自動回転や自動輝度調整などが改善される。(2020/10/6)

ニセモノ「Google Chrome」アプリに誘導、配送業者かたる詐欺メールから ソフトバンクが注意喚起
配送業者などを装ったメールやSMSに記載されたURLにアクセスすると、「Google Chrome」の偽アプリがインストールされる事象が発生しているとして、ソフトバンクが注意を呼び掛けている。(2020/10/5)

Googleさん:
Googleのくつろぎ製品パーティー「Launch Night In」はどんな様子だったのか
Googleが例年の「Made by Google」の代わりにバーチャルで配信したハードウェア発表イベント「Launch Night In」の30分をまとめてみました。ハードウェアだけでなく、「カメラ」アプリの新機能や11月の音楽イベントなども発表。(2020/10/3)

Google、「Daydream VR」をAndroid 11以降でサポートせず
Googleが、スマートフォン利用のVRシステム向けアプリ「Daydream VR」を「Android 11」以降ではサポートしないことをサポートページで明らかにした。VRヘッドセットの販売は既に終了している。(2020/10/3)

ソフトバンクの「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」、価格は8万円台/6万円台
ソフトバンクは、10月15日に発売するGoogleの5Gスマートフォンの価格を発表。「Pixel 5」は月1830円(税込み、以下同)×48回で総額8万7840円、「Pixel 4a(5G)」は月1365円×48回で総額6万5520円となる。(2020/10/2)

Google、Pixel端末で「顔写真加工」を初期設定無効に メンタルへの配慮で
Googleが、自撮り写真を気づかずに加工していると、精神的健康に悪影響を与える可能性があるという調査結果に基づき、Pixel端末の「顔写真加工」機能を初期設定で無効にする。(2020/10/2)

GoogleマップのAR道案内「ライブビュー」に名所表示などの新機能
モバイル版Googleマップの徒歩ナビで表示できるAR道案内機能「ライブビュー」で、東京を含む世界24都市でランドマークが表示されるようになる。基盤技術が標高差を考慮できるようになったため、目的地のピンがより正確に表示されるようにもなる。(2020/10/2)

Google、世界のニュースメディアに10億ドル提供へ 新コンテンツサービス「News Showcase」で
Googleが6月に年内立ち上げを予告していた“新しいニュース体験”「News Showcase」をまずはブラジルとドイツで開始した。この取り組みで同社は世界のメディアに3年間で10億ドル(約1000億円)出資する。(2020/10/2)

本田雅一の時事想々:
アマゾン参入でも、クラウドゲームが「プレステのライバル」にならない理由
アマゾンの「Luna」、グーグルの「Stadia」などのクラウドゲームは「ゲーム専用機の事業を脅かすのではないか?」という見方もあるが、筆者は「脅威にはならない」と考えている。その理由は?(2020/10/2)

Windows Serverワークロードの管理を支援:
Google、「Google Cloud」でのWindows Server VM管理を容易に
Googleは「Google Cloud」でWindows Serverワークロードの管理を容易にする新機能を発表した。起動画面診断やWindows Serverの自動アップグレード、新しい診断ツール、改良されたライセンスレポートなどがある。(2020/10/1)

5G対応の「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」が日本上陸 10月15日発売 auとソフトバンクも取り扱い
Googleの5Gスマートフォンが、日本でも販売されることになった。日本向けモデルはおサイフケータイにも対応している。2機種のうち、Pixel 5はauとソフトバンク、Pixel 4a(5G)はソフトバンクも取り扱う。(2020/10/1)

新Chromecastも発売予定:
音楽機能を強化したスマートスピーカー「Google Nest Audio」登場 10月15日発売
Googleが「Google Home」の事実上の後継となるスマートスピーカーを発売する。音質を改善し、2台並べてステレオ再生したり他のデバイスと同時に音楽を再生したりする機能を備えている。(2020/10/1)

Google、5G対応の「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」発表 10月15日発売、7万4800円から
Googleが5Gに対応した自社開発の新型スマートフォン「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」の2機種を発表した。販売価格はPixel 5が7万4800円(以下、税込)から、Pixel 4a(5G)が6万500円から。Googleのオンラインストアなどで予約を受け付け、10月15日に発売する。(2020/10/1)

「Pixel 4a(5G)」「Pixel 5」が10月15日発売 5G対応、超広角カメラを搭載
Googleが10月1日、Pixelシリーズの最新スマートフォン「Pixel 4a(5G)」と「Pixel 5」を発表。いずれも10月15日に日本で発売する。2機種ともカメラを搭載しており、超広角カメラやポートレートモードで夜景モードが利用可能になった。(2020/10/1)

Googleの「Chromecast with Google TV」はリモコン付きで49ドル
Googleが、4年ぶりに映像ストリーミング端末を発表した。「Chromecast with Google TV」は付属のリモコンで「Apple TV」や「Fire TV」のような画面を操作できる。価格は49ドルで、日本でも発売の見込み。(2020/10/1)

Google、音質重視スマスピ「Nest Audio」を1万1550円で発売
Googleが、2016年発売の初代スマートスピーカー「Google Home」の後継に当たる「Google Nest Audio」を発表した。日本では10月15日に1万1550円(税込)で発売する。色は明るいグレイと濃いグレイの2色。音量と低音が先代より大幅に改善された。(2020/10/1)

1000人の無料モニター募集も:
Hameeが小学生向け“プレスマホ”を発表 月額1000円で1GB、Google Playにも対応
Hamee(ハミィ)は9月30日、キッズ向けのスマートフォン「HAMIC POCKET(ハミックポケット)」を発表した。2021年の提供を予定しており、発売前に1000人の無料モニターを募集するキャンペーンも実施。端末価格は1万5000円(税別)、通信サービスはIIJが提供する。(2020/9/30)

Google、プロジェクト管理のための新ノーコードツール「Tables」発表 リスト・カンバン・チケット管理など柔軟なビュー botによる自動化も
米Googleが、新ノーコードツール「Tables」を発表。プロジェクト管理や業務管理のためのタスクトラッキングツール。スプレッドシート形式のデータをベースに、リスト形式での表示やカンバン、チケット管理、マップなど柔軟なビューや、botによる自動化を特長とする。(2020/9/30)

無料版「Google Meet」、来年3月末まで時間無制限に
GoogleのWeb会議サービス「Google Meet」の無料版での会議時間は9月30日で60時間制限になる予定だったが、来年3月31日まで上限24時間が延長される。コロナ禍下で迎えるホリデーシーズンに活用してほしいとしている。(2020/9/30)

米司法省、Google提訴へ 検索エンジン巡り独禁法違反 GAFA包囲網狭まる
米司法省が、検索サービスで優越的な地位を利用し、市場競争を阻害しているとして、米Googleを提訴する見通しだ。提訴すれば1990年代後半の米Microsoftに対する訴訟以来の、巨大企業の独禁法違反を問う大型法廷闘争となる。(2020/9/30)

Tech TIPS:
「Google日本語入力」を統合する「Gboard」で単語をユーザー登録する方法
スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEの辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Gboard」で単語を登録する手順を解説。(2020/9/30)

Google Play、アプリ内課金手数料30%を導入すると明記 手数料の回避を防ぐ規約改定
9月28日にAndroidデベロッパー向けに発表されました。(2020/9/29)

Google、公式Androidアプリストアでの課金システム利用(=30%手数料支払)義務付けを明確化
Apple税が話題になる中、GoogleがAndroidアプリストア(Google Play Store)のポリシーを明確にした。NetflixやSpotifyなど、これまでアプリ内課金システムを使っていなかったサービスにもシステム利用を義務付ける。(2020/9/29)

トロイ型マルウェア「Joker」がAndroidを集中的に攻撃中
2020年9月は17種類の「Joker」を含むアプリがGooglePlayにアップロードされ、ダウンロード数は合計12万回に上った。(2020/9/29)

Googleのサービスが軒並みダウン? 日本以外でも(UPDATE:9月25日午前11時ごろ、ほぼ復旧)
Googleの一連のサービスが日本時間の9月25日午前10時ごろからアクセスしにくくなっている。hdowndetector.comによると、主に日本と米国で問題が発生しているようだ。(2020/9/25)

Googleが「Chromeウェブストア」の決済システムを段階的に廃止へ
不正の横行が指摘されていたのを受け、Chromeウェブストアの決済システムを使った有料拡張機能の販売を取りやめる。(2020/9/24)

米司法省、「セクション230」改定案を議会に提出 プラットフォーマーによる検閲や見逃し規制強化目指す
米司法省が、Tiwtter、Facebook、Googleなどのオンラインプラットフォームがそのコンテンツについての責任回避を可能にしていた法律、いわゆる「セクション230」の改定案を議会に提出した。(2020/9/24)

Googleマップに新型コロナ感染状況を色分け表示するレイヤ追加
Googleマップに、地域別の感染者数とその増減を視覚的に確認できる新レイヤ「COVID-19関連情報」が追加された。日本でも間もなく利用可能になる。(2020/9/24)

GoogleのPixel 5他製品発表オンラインイベントのURLが確定
GoogleがPixel 5や新Chromecastなどを発表するオンラインイベント「Launch Night In」のページのURLが告知された。日本版では日本語字幕付きで視聴できる。(2020/9/23)

なりすましGoogleレビューに削除命令 大阪地裁
自分になりすました第三者により、通院している整骨院の悪口レビューをGoogleマップなどに投稿され、人格権が侵害されたとして、大阪府の女性が起こした裁判で、大阪地裁がGoogleに記事削除を命じた。(2020/9/23)

Google Cloud Platformを活用:
POS/在庫データをリアルタイムで取り込む、セブンイレブンのクラウドデータ活用基盤の中身
セブンイレブンは全社的な統合データ活用基盤「セブンセントラル」を、Google Cloud Platform(GCP)上で構築中だ。同社は2020年9月16日、これについて説明した。(2020/9/23)

Googleさん:
Googleから「夜の招待状」 うわさまとめ(Pixel 5以外)
Googleが9月30日(日本では10月1日超早朝)に開くオンラインイベント「Launch Night In」で発表されるハードウェアのこれまでのうわさをまとめました。(2020/9/21)

割引価格で販売中:
AmazonやGoogle Storeでスマート家電・スマートディスプレイがお得に
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を9月21日23時59分まで開催中だ。また、Google Storeでもスマートディスプレイやスマートスピーカーのセールを展開している。(2020/9/19)

Googleマップ、日本で「自転車ルート」に対応 10都道府県で
東京、神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡、静岡の10都道府県で自転車ルートを検索できるようになる。(2020/9/18)

Googleドライブでゴミ箱に捨てたファイル、30日後に自動で完全削除(10月13日から)
Googleドライブで削除したファイルは、現在は「ゴミ箱を空に」しない限りいつでも復活できるが、10月13日からはGmailと同様に、30日後に自動的に完全削除されるようになる。(2020/9/18)

Googleが「ストーカーアプリ」を排除へ
配偶者やパートナーなどの行動監視を目的とした「ストーカーウェア」は禁止される。(2020/9/18)

退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング」 Googleやリクルートなどが上位に
オープンワークが退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社」ランキングを発表。IT・ネット関連企業ではGoogle日本法人が2位、リクルートホールディングスが5位にランクインした。(2020/9/17)

退職後の活躍見据える:
退職者が「辞めたけど良い会社」と感じる企業 2位はグーグル、1位は……
オープンワークが発表した「退職者が選ぶ『辞めたけど良い会社ランキング2020』」によると、1位はマッキンゼー・アンド・カンパニー。2位はグーグル、3位はP&Gだった。(2020/9/16)

高いパフォーマンスとスケーラビリティを提供:
Google、「Google Cloud API Gateway」のβ版をリリース
Googleは、「Google Cloud」のサーバレスバックエンドのAPIを作成、保護、モニタリングできるフルマネージドGoogle Cloudサービス「Google Cloud API Gateway」のβ版を提供開始した。(2020/9/16)

Google、Web会議「Meet」用AI搭載ハードウェアキット、2699ドルから
Googleが、Web会議サービス「Meet」専用の企業向けハードウェア「Series One」を11月に発売する。Lenovoと共同開発した専用製品で、AIプロセッサ「Edge TPU」を搭載し、Googleアシスタントでも操作できる。(2020/9/16)

Google、2030年までに100%カーボンフリーになる目標を宣言
Googleが、2030年までに自社のデータセンターやオフィスで使うエネルギーを100%カーボンフリーにすると宣言した。また、過去の排出量をすべて排除し、カーボンフットプリントをゼロにしたとも発表した。(2020/9/15)

YouTube、「TikTok」のような15秒動画「YouTube Shorts」のテスト開始
Google傘下のYouTubeが、「TikTok」のような15秒動画サービス「YouTube Shorts」のテストをまずはインドで開始した。同日からモバイルアプリでは、動画を縦スワイプで表示するようになった。(2020/9/15)

「Pixel 5」他の発表イベント「Launch Night In」、9月30日にオンラインで開催
Googleが日本時間の10月1日午前3時から発表イベントを開催する。オンラインでライブ配信する。「Pixel 5」の他、新Chromecastやスマートスピーカーも披露する予定。(2020/9/15)

プレミアムコンテンツ:
AWSより「Google Cloud」を選ぶ企業 その決断の理由
パブリッククラウドと言えば「AWS」のことを指すのが“常識”だった時代は終わり、今では他のパブリッククラウドを選ぶことが珍しくなくなった。「Google Cloud Platform」の導入事例からクラウド選びの現状を探る。(2020/9/14)

Google、米大統領選に向けて検索オートコンプリートで誤解を招く候補は非表示に
Googleが、米大統領選保護の一環として、検索フレーズのオートコンプリートに、選挙の候補や政党、選挙の安全性に関する主張の可能性のある候補を表示しないようにした。(2020/9/11)

豊富なAPIや「AutoML」「Kaggle」など:
Google Cloud、機械学習アプリ開発の苦痛を減らすノウハウを紹介
Googleは、機械学習を利用したアプリケーション開発を容易にする「Google Cloud」のAIツールを公式ブログで紹介した。(2020/9/11)

LINE Pay、2020年中にApple Payに対応 iPhoneとApple Watchで「かざして支払い」可能に
Google Payには既に対応していたLINE Payだが、年内にApple Pay対応も完了する。(2020/9/10)

パックマンがGoogle Mapと連動 地図がそのままステージになる「PAC-MAN GEO」発表
面白い地形を探すの楽しそう。(2020/9/10)

実在の街で「パックマン」をプレイ バンナムがスマホ向け地図情報ゲーム
バンダイナムコエンターテインメントが、スマートフォンゲーム「PAC-MAN GEO」を11月30日に配信すると発表。「Google Maps」の地図をステージとして切り取り、オリジナルと同じパックマンをプレイできる。価格は基本無料。(2020/9/10)

Google、「Chrome 85」のセキュリティアップデート公開
デスクトップ向けの「Chrome 85.0.4183.102」では5件の脆弱性が修正された。(2020/9/10)

Android 11で起動できないゲーム続々 「ドラクエウォーク」「ドラクエタクト」「DQMSL」など
Googleの最新モバイルOS「Android 11」にアップデート後、ゲームアプリが起動できなくなる事例が複数報告されている。ゲーム運営会社はユーザーにアップデートを待つように呼びかけた。(2020/9/9)

Androidの「電話」アプリに顧客が安心して応答できる企業向けサービス開始
Googleが、Androidの純正「電話」アプリの着信表示に、企業名とロゴ、電話を掛けた理由を表示するサービス「Verified Calls」を米国などで開始した。(2020/9/9)

「Android 11」の“Pixelファースト”な新機能をGoogleが紹介
Googleが「Android 11」の正式版をリリースし、まずはPixelだけに提供する5つの新機能を紹介した。Googleマップでの位置共有相手のライブビューでの確認などだ。(2020/9/9)

「Android 11」製品版登場 Pixelを含む複数メーカーのデバイスに配信開始
Android OSの最新バージョンが“製品版”となった。GoogleのPixelスマートフォン(Pixel 2以降)の他、OnePlus、Xiaomi、OPPO、realmeの一部スマートフォンを対象に9月8日(米国太平洋夏時間)から順次配信される。他のメーカーでも、一部機種で数カ月以内にバージョンアップが実施される予定だ。(2020/9/9)

Android 11公開 Pixel、OnePlus、Xiaomi、OPPOの端末にロールアウト
GoogleがモバイルOS「Android 11」の正式版をリリースした。同社オリジナルのPixelシリーズだけでなく、OnePlus、Xiaomi、OPPO、Realmeの端末にも同日からロールアウトしていく。(2020/9/9)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【後編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS移行サービス」を機能で比較する
「DBaaS」(Database as a Service)の主要ベンダーは、オンプレミスのDBMSからDBaaSへの移行を支援するサービスを提供している。各社の移行サービスを確認していこう。(2020/9/9)

Facebookに投稿した画像や動画をDropboxに転送可能に
Facebookが、プラットフォーム上に投稿した画像や動画をDropboxに転送できるようにした。6月にはGoogleフォトへの転送が可能になっている。いずれも2つのサービスのアカウントを連携させる必要がある。(2020/9/4)

Googleマップ、DeepMindとの提携で東京などでの到着予定時刻の精度が大幅アップ
Googleマップの経路検索の到着予定時刻の精度が、DeepMindと提携して開発したGNN採用ツールで大幅に向上した。(2020/9/4)

G Suiteに新機能 Googleアカウントがないユーザーともコンテンツの共同編集が可能に
G Suiteに新機能「Visitor sharing」が追加。Googleアカウントがないユーザーとも、ドキュメントやスプレッドシート、スライドなどの共同編集ができる。無料の個人アカウントでは利用できない。(2020/9/3)

大企業のアプリケーションモダナイゼーションをサポート:
Google Cloud、「Google Cloud App Modernization Program(CAMP)」を発表
GoogleのGoogle Cloud部門は、大企業のアプリケーションモダナイゼーションを支援する「Google Cloud App Modernization Program」(Google CAMP)を発表した。(2020/9/3)

JCB カードW/W plus L新規入会+Apple Pay/Google Payの利用で20%還元
ジェーシービーは、9月1日に「JCB カード W」「JCB カード W plus L」への新規入会でApple Pay/Google Payの利用金額20%をキャッシュバックするキャンペーンを開催。期間は12月31日まで。(2020/9/2)

「iOS 13.7」リリース 新型コロナ接触通知、アプリなしで可能に【追記あり】
Appleが「iOS 13.7」をリリースした。AppleとGoogleが新たにリリースした新型コロナ接触通知システムに対応。各国の公衆衛生当局がこのシステムを採用すれば、ユーザーは専用アプリをダウンロードしなくてもオプトインするだけで接触通知を受けられるようになる。(2020/9/2)

AppleとGoogleの曝露通知、「Express」で当局の負担軽減
AppleとGoogleが新型コロナウイルス対策で協力して提供している曝露通知システムのフェーズ2として、国や地域の公衆衛生当局が独自アプリを開発する必要のない「Exposure Notification Express」を発表した。当局がオプトインすれば、iOS 13.7以降はアプリのダウンロードが不要になる。(2020/9/2)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する
「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。(2020/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。