ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チャットボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チャットボット」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

米国のHuawei禁輸措置に対抗か
中国“Windows禁止令”でHuawei製「Harmony OS」の開発に弾みがつく?
中国当局は政府機関で使用する「非中国製ソフトウェアを搭載したコンピュータ」を交換するよう命じたという。Huaweiが開発する独自OS「Harmony OS」のプロジェクトにとっては追い風になる可能性がある。(2020/1/18)

プレミアムコンテンツ:
決済サービスで広がる「金融AI」の使い道とその課題
金融業界では不正検知を中心に人工知能(AI)技術が使われ始め、AI技術を活用した新たな金融・決済サービスも登場しつつある。ただしAIシステムで顧客情報を扱う際のプロセスには課題が残る。(2020/1/14)

「RPA」から「IPA」へ【中編】
RPAをまずは導入すべし 次世代RPA「IPA」の失敗しない入れ方
OCRや自然言語処理、チャットbotなどの技術によって、「RPA」よりも高度な業務自動化を実現する「IPA」。RPAはどのようにしてIPAに発展したのか。IPAの適切な導入手順とは。(2020/1/14)

PR:中小企業も待ったなし! 令和時代に対策急務の経営課題、5つのポイント
いま企業が考えるべき経営課題は何か、そしてその対策は――働き方改革支援で豊富な実績を持つ大塚商会に聞く。(2020/1/7)

Webやアプリに「通話/SMS機能」を簡単実装:
PR:開発者の想像力を刺激するコミュニケーションAPI、Twilioで何ができる?
カスタマーとのエンゲージを高め、エクスペリエンスを向上させることが企業の重要な課題となっている現在、鍵は「コミュニケーション」にある。確実にリアルタイムに顧客とつながるためにはさまざまな経路が必要だ。そこで役立つのがTwilioの提供するAPIやソリューションである。(2020/1/6)

本業はエンジニア、副業は探偵――2つの顔を持つ男が始めた「ITを使った浮気調査」の実力
表の顔はエンジニア、裏の顔は探偵――。都内某所に、そんな男性が立ち上げた探偵事務所が存在する。創設者の船木孝則氏(仮名)に、ITを使って解決した浮気調査のエピソードを聞いた。船木氏が探偵になった背景には、とある過去の出来事があったという。(2019/12/25)

PR:JRえきねっと、“みなさんから愛される”案内キャラクターを一般公募 自分のデザインがサイトの“顔”になるチャンス!
採用された人には賞金30万円。惜しくも採用に漏れた優秀作品の作者にも、今回しか手に入らない貴重なグッズが用意されています。(2019/12/23)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

AI・機械学習の用語辞典:
公平性(Fairness、フェアネス)とは?
用語「公平性(Fairness)」について説明。機械学習モデルが不当な差別(人種差別/民族差別や、性別差別、文化差別/地域差別など)を引き起こさないように、不公平なバイアスを排除することを指す。(2019/12/19)

「謎解き」機能も:
「明智光秀AI」と対話したら“聖地”に行きたくなる? LINEと14自治体が観光誘客へ
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀にゆかりのある14自治体がAIチャットボット「明智光秀AI」を提供。LINE公式アカウントで、光秀と対話したり、観光情報を取得したりできる。ドラマの盛り上がりを観光誘客につなげる狙いだ。(2019/12/17)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが瞬時に株取引、為替暴落の危険も 金融業界で進むAIの取り組み
他業界に比べてAI導入が進む金融業界。自動株取引や不正検知など、実際のAI活用事例を紹介する。(2019/12/13)

米海軍のERP移行事例【後編】
AWS障害やデータ漏えい事件があっても、米国防総省がクラウドを信頼する訳
米国海軍のERPシステムを政府専用サービス「AWS GovCloud」に移行したプロジェクトは、簡単な道のりではなかった。成功のヒントは緻密なプロジェクトマネジメントにあった。(2019/12/12)

IT予算は増額傾向を維持するものの勢いには陰り ITRが国内動向の調査結果を発表
2019年度のIT予算額が対前年度で増加した企業は35%、減少した企業は8%、横ばいの企業は57%。2020年度の予算に「10%以上の増加」を見込む企業は2019年度の同回答から2ポイント減少し、「20%未満の減少」を見込む企業は2ポイント増加した。(2019/12/11)

AI・機械学習の用語辞典:
アカウンタビリティ(Accountability、説明責任)とは?
用語「アカウンタビリティ(Accountability)」について説明。ガバナンスと倫理の観点で、AIシステムの設計/実装の情報開示から結果/決定の説明までを行い、利害関係者に納得してもらう責任を指す。簡単に言うと、「AIシステムの挙動に対して、誰が/何が、責任を持つのか」を明らかにすること。(2019/12/5)

米海軍のERP移行事例【前編】
米海軍が政府向けAWS「AWS GovCloud」に「SAP ERP」を移行した理由
米海軍は「SAP ERP」をはじめとする26個のシステムを、AWSの政府専用サービス「AWS GovCloud」に移行した。その理由とは何か。移行によってどのようなメリットが得られたのか。(2019/12/2)

「目の前で落ちた…ビビる」「看板落ちかけてた」 SNSの書き込みを情報解析、即配信 AIで変わる防災
 AI(人工知能)の防災への活用が広がっている。インターネット上にあふれる会員制交流サイト(SNS)への投稿を解析して情報提供したり、被災者の要望に自動対話システムで対応したりすることに取り組む自治体も増えている。(2019/11/29)

2011年からアジャイル開発:
創業100周年の前田建設工業はいかにして「総合インフラサービス企業」へと変革を進めているのか
アイティメディアが開催した「ITmedia DX Summit 2019年秋・ITインフラ編」の特別講演に前田建設工業が登壇。“ゼネコン”から脱却し、新しいサービスを融合させた“総合インフラサービス企業”へ変革を進める取り組みを講演した。(2019/12/4)

LINE、AIが電話応対するサービスで実証実験 都内レストランの予約対応を自動化
LINEが、AIを活用した電話応対サービスの実証実験を、都内のレストランで実施する。電話の予約対応の自動化を目指す。(2019/11/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
決済サービスで広がる「金融AI」の使い道とその課題
金融業界では不正検知を中心に人工知能(AI)技術が使われ始め、AI技術を活用した新たな金融・決済サービスも登場しつつある。ただしAIシステムで顧客情報を扱う際のプロセスには課題が残る。(2019/11/20)

インテリジェントプロセスオートメーション入門【後編】
次世代RPA「インテリジェントプロセスオートメーション」の3大用途と導入方法
RPAよりも高度な作業を自動化できる「インテリジェントプロセスオートメーション」には、どのような用途があるのか。カスタマーサービスと保険金請求処理、コンプライアンスの3つの用途を説明する。(2019/11/20)

ソフトバンクが「+メッセージ」を機能拡充 DiDiやテスティーの公式アカウントを開設
auやNTTドコモに続き、ソフトバンクも「+メッセージ」の公式アカウント機能に対応した。ソフトバンク関連の公式アカウントとして「DiDiモビリティジャパン」「プラススタイル」「テスティー」「使い方ガイド」も登場する。(2019/11/18)

「+メッセージ」で企業アカウント開設、ソフトバンクも対応
ソフトバンクが「+メッセージ」に、企業が公式アカウントを開設できる機能を追加。KDDI、NTTドコモに続き、ソフトバンクも対応した。(2019/11/18)

Gartner Insights Pickup(133):
デジタルディスラプションの4つの波を乗りこなすには
次々に目まぐるしく進展するデジタルディスラプション(創造的破壊)。CIOに今求められているのは、迅速に新しい技術に適応でき、それらの技術で実現する新しいビジネスモデルをサポートできる組織を構築することだ。(2019/11/15)

5000人が対象
Microsoftがインド政府職員の「AI」スキル向上のためにやっていること
Microsoft Indiaはインド政府と提携し、同政府職員向けにAI技術やデータガバナンス、クラウドに関する新たなトレーニングプログラムを始動する。その中身とは。(2019/11/14)

今日のリサーチ:
急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。(2019/11/13)

AdobeとUberのデジタルトランスフォーメーション【前編】
AdobeとUberに学ぶ、イノベーションにおけるCIOの役割
企業が熱心に取り組む「デジタルトランスフォーメーション」が、CIOや担当者に大きな課題をもたらしている。(2019/11/13)

インテリジェントプロセスオートメーション入門【前編】
RPAの進化形「インテリジェントプロセスオートメーション」とは 2つの違いは
RPAよりもさらに高度な自動化が可能な、人工技術(AI)技術を組み込んだ「インテリジェントプロセスオートメーション」が台頭しつつある。RPAとは何が違うのか。(2019/11/12)

“人のようなAI”は実現するか【前編】
真のAI「汎用人工知能」(AGI)とは? フィクションか現実か
さまざまなタスクを処理し、状況判断できる「汎用人工知能」(AGI)の実現を目指し、企業や研究者が開発を進めている。その実現を後押しする技術を、「AlphaGo」で一躍有名になったDeepMindが開発しているという。(2019/11/8)

今日のリサーチ:
インフルエンサーのPR投稿を参考にする人はたったの9%――Teadsが美容・スキンケア消費者調査を実施
日本を含む世界8カ国で実施した美容・スキンケア業界における消費者の購買行動・カスタマージャーニーの最新研究結果です。(2019/11/1)

S/4HANAが自動化機能を強化
「SAP S/4HANA Cloud 1908」の新機能 RPAと組み込み分析機能とは?
2019年8月に発表されたSAPの「SAP S/4HANA Cloud 1908」にはRPA機能と組み込み分析機能が新たに加わった。これらの機能はビジネスプロセスの自動化を進めるが、こうした新機能を「飾り物」と呼ぶアナリストもいる。(2019/11/1)

「AI」で進化する自動化技術【後編】
RPAでは難しくても「AIによる業務自動化」なら実現できることとは?
業務自動化システムは人工知能(AI)技術を利用することで、高度な処理が可能になりつつある。具体的にどのような処理ができるようになるのか。(2019/10/31)

経費精算ソフトの成長が著しい:
2023年度には1兆7550億円に拡大 富士キメラ総研が国内ソフトウェア市場調査
富士キメラ総研は、国内ソフトウェア市場の調査結果をまとめた。2019年度の市場規模は1兆3961億円の見込みで、2023年度には1兆7550億円に拡大すると予測する。中でも経費精算ソフトの成長が著しく、2023年度の市場規模は、2018年度比3倍に拡大する見込みだ。(2019/10/28)

スマホにも、鉄道を:
関東圏鉄道各社のアプリに見る、利用者への接し方戦略
関東圏の鉄道各社は、利用者のために運行情報などを提供するスマートフォンのアプリを提供している。JR東日本や東京メトロだけではなく、関東圏の大手私鉄でも出そろい、それぞれを相互に行き来しながら使用できるようになっている。各社のアプリを使ってみると、違いがあって……。(2019/10/26)

「AI」で進化する自動化技術【前編】
RPAでは満足できない企業に贈る「AIによる業務自動化」のすすめ
生産性を向上させる有力な手段が、複数のシステムにまたがる業務や複雑な業務の自動化だ。こうした業務に適用可能な、インテリジェント化が進む業務自動化システムについて詳しく説明する。(2019/10/23)

PR:キウイ農家の“収穫予測AI”、実は「1週間程度」で構築 スピード開発の秘訣は
(2019/10/16)

部門の壁を越えて伴走するために
デジタルマーケティングの社内推進 IT部門にできることはまだあるか
ITを活用して顧客中心のマーケティングを実現するために社内連携は欠かせない。とりわけIT部門とマーケティング部門の相互理解は重要だ。デジタルマーケティング推進に向けてIT部門がすべきことをエキスパートが語った。(2019/10/18)

AIで作るスマート政府機関【後編】
世界25カ国がAI国家戦略を策定、日本を含む各国の活用例は?
AIテクノロジーの使用によって政府機関をスマートにしようと試みているのは、米国に限ったことではない。グローバルレベルで普及しているAIテクノロジーを、日本や中国など各国はどう活用しているのか。(2019/10/17)

オラクルとFuture Workplace調べ:
「上司よりAIを信頼する人」の割合は? 世界10カ国対象の「職場におけるAI」調査
オラクルとFuture Workplaceによる、世界10カ国を対象とした職場におけるAIの導入状況や人々の受け止め方に対する調査が発表。「AIを利用している」と答えた人の割合は日本が最下位だった。また、マネージャーよりもロボットを信頼している人の方が多い結果も明らかに。ロボットはマネージャーに比べ、どんな点が優れてるのだろうか。(2019/10/16)

これからのAIの話をしよう(金融編):
金融業界はAIでどう変わったか? 1日1000億件の市場データを処理するブルームバーグに聞く
金融業界で進むAI活用。機械学習や自然言語処理をビジネスの根幹に据える米Bloombergはこの変化をどう捉えているのか。(2019/10/16)

MVNOに聞く:
改正法の影響は? ビッグローブ有泉健社長に聞く「BIGLOBEモバイル」の今後
ビッグローブがMVNOサービスを「BIGLOBEモバイル」に一新し、“SIM替え”を打ち出してから2年がたった。一方で同社は100万契約未満のMVNOながら、10月1日に施行した改正・電気通信事業法の影響を受け、端末割引や長期契約の違約金などの制限が適用される。この状況に対し、同社はどのような手を打っていくのか。(2019/10/15)

1980年代から徐々に進化
いまさら聞けない、自動で電話をかけまくる「オートダイヤラー」とは?
電話をかける作業を自動化する「オートダイヤラー」には幾つかの種類がある。電話応対業務にどのように生きるのか。主要な5種の機能を解説する。(2019/10/12)

写真から粗大ごみの種類を判別するAI 横浜市が導入
写真から粗大ごみの種類を判別するAIが、横浜市粗大ごみ受付センターのチャットbotで導入された。(2019/10/9)

撮影した写真だけで粗大ゴミの種類や料金がわかる 画像認識AIを横浜市が導入
なんと便利!(2019/10/9)

ディープラーニングを活用した粗大ごみ画像認識サービス、横浜市がチャットbotに導入
オークネットは、ディープラーニングを活用した粗大ごみ画像認識サービスを開発し、横浜市の粗大ごみ受付チャットbotに導入した。利用者が撮影したごみの画像から品目を判別して、適切な案内をチャットで返答する。(2019/10/9)

NAVITIME Travel、チャットbotで日帰り旅行プランを自動作成する「自動プランニング」提供開始
旅行プランニング・予約アプリ「NAVITIME Travel」に「自動プランニング」機能が登場。チャットbotにエリア、日程、移動手段などを伝えると、天候や時間帯などを考慮したおすすめの日帰り旅行プランを自動で作成する。(2019/10/8)

会員登録せずに手軽に買い物 Amazonが「Web接客型Amazon Pay」をEC向けに提供
Amazonは、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」でオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」を開始。Amazonアカウントを使い、より少ない情報入力で買い物ができることを提案する。(2019/10/8)

ナビタイムジャパン、旅行プランの自動作成サービス開始 AIとチャットbotで客のニーズを分析、強化学習で精度向上
ナビタイムジャパンが、AIを活用して顧客の日帰り旅行プランを自動で作成するサービスを始めた。チャットbotで顧客から行きたいエリアや希望する日程、使いたい交通手段などを聞く。自社のデータと照合し、食事・観光・移動などを含んだ行程を表示する。(2019/10/8)

AI:
ミサワホーム、メンテナンス対応AI型チャットボット開発
ミサワホームは、住宅オーナーの問い合わせに自動でメンテナンス情報を提供するチャットボット「チャチャットサン」を開発した。メンテナンス対応目的のAI型チャットボットは業界初の試みとなる。(2019/10/8)

AIで作るスマート政府機関【前編】
RPAやチャットbotは「お役所仕事」をどこまで改善できるか
AIテクノロジーの活用を進めているのは一般企業だけではない。政府機関も利用を進めており、既に具体的なメリットを得ている。米国での事例を紹介する。(2019/10/8)

「Salesforce Einstein」開発の中心人物が語る:
Salesforceが進める「世の中を良くするためのAI」研究、現時点での成果は?
Salesforceが進めるAI(人工知能)研究はどのようなものか。同社チーフサイエンティストのリチャード・ソーチャー氏が語った。(2019/10/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。