ニュース
» 2009年07月10日 14時45分 UPDATE

脆弱性対応が遅れる企業でマルウェア被害が継続、マカフィー調べ

マカフィーは、既知の脆弱性を悪用するマルウェア感染が広がっていると警告した。

[ITmedia]

 マカフィーは7月10日、6月度のセキュリティ動向を発表し、既知の脆弱性を悪用するマルウェアへの感染被害が続いていると指摘。パッチの早期適用を呼び掛けた。

 感染動向では、AdobeのAcrobatやReader、Flash Playerの既知の脆弱性を悪用する「Obfuscated Script.f」や「Exploit-ObscuredHtml」、Windowsの脆弱性を悪用する「W32/Conficker」が多数に上った。一方、これらのマルウェアに感染した会社数は、感染したマシン数やデータ数に比べると少ないことが分かった。対策を施していない一部の企業で感染拡大が続いているという。

 このほか、リムーバブルメディアで感染するワーム「Generic!atr」やオンラインゲームのパスワードを盗む「Generic PWS.ak」「Generic PWS.y!bt」などの感染が引き続き多かった。偽セキュリティソフトによる被害も数カ月にわたって増加している。

 これらの脅威は今後も続くとみられるが、悪用される脆弱性の大半でパッチが提供されており、OSやソフトを最新にすることが重要だとしている。

6月のマルウェアランキング
順位 検知会社数別 件数 検知データ数別 件数 検知マシン数別 件数
1 Generic!atr 990 W32/Conficker.worm.gen.a 25万3601 Generic!atr 4854
2 Obfuscated Script.f.gen 912 W32/Conficker.worm!job 8万1653 W32/Conficker.worm!job 4148
3 Phish-BankFraud.eml.f 528 Generic PWS.ak 3万146 W32/Conficker.worm.gen.a 3665
4 Generic PWS.ak 473 W32/Fujacks.remnants 2万4905 Generic PWS.ak 2558
5 New Malware.jj 436 Generic!atr 2万1094 Obfuscated Script.f.gen 2180
6 Downloader-BPX 387 W32/Conficker.worm.gen.b 1万7149 Phish-BankFraud.eml.f 1597
7 Exploit-ObscuredHtml 385 7=PWS-Gamania.gen.a 1万5108 Generic Downloader.z 1112
8 Generic Downloader.z 380 Downloader-BPX 1万3591 New Malware.jj 1083
9 Obfuscated Script.f 368 Generic Downloader.z 1万1897 Exploit-ObscuredHtml 1079
10 Generic.dx 291 Obfuscated Script.f.gen 1万435 Downloader-BPX 1071

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -