ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」に関する情報が集まったページです。

Lightroomが生成AIパワー獲得 写真内の不要なものを強力に消す「生成AI削除」など追加
米Adobeは5月22日、フォトレタッチツール「Adobe Lightroom」の新機能として「生成AI削除」を追加したと発表した。同社の「Adobe Firefly」を活用したLightroom初の生成AI機能で、デスクトップアプリだけでなく、スマートフォンアプリやWebブラウザ版でも利用可能。(2024/5/23)

生成AIで企業ブランディングの「保護」と「活用」を両立 企業向けAdobe Expressに新機能
Adobe Expressの企業向けサービスに新機能が追加される。最新の生成AIモデル「Adobe Firefly Image Model 3」を適用した機能や、企業のブランディングをより向上するための機能が実装される。(2024/5/22)

Adobe Lightroomに生成AIを利用した削除ツール搭載 ワンクリックで不要なオブジェクトを除去
アドビが、写真編集ツール「Adobe Lightroom」に「生成AI削除」機能を実装する。ワンクリックで写真から不要なオブジェクトを除去できる他、AIを活用した「ぼかし(レンズ)」ツールも新プリセットとして提供される。(2024/5/21)

Web版とモバイル版を横断して利用可能に:
アドビ、Adobe Firefly機能搭載の「Adobe Express」モバイル版アプリを一般提供
アドビは、生成AI「Adobe Firefly」の機能を利用できる「Adobe Express」モバイル版アプリの一般提供を開始した。(2024/4/25)

「Photoshop」にβ版、生成AIモデル刷新 参照画像→生成や、ボヤけた画像の解像感アップなども可能に
米Adobeは4月23日、同社のフォトレタッチツール「Photoshop」のβ版(バージョン25.6)をリリースしたと発表した。生成AIモデルを新型の「Adobe Firefly Image 3 Foundation」に刷新し、生成クオリティのアップに加え、参照画像の読み込みといった新機能を追加している。(2024/4/23)

新AIモデルのβ版を活用:
ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開
アドビが、デスクトップ(Windows/macOS)版のPhotoshopアプリの新しいβ版をリリースした。同社の生成AIモデル「Adobe Firefly」の新バージョンを活用して「生成塗りつぶし」機能を強化した他、プロンプトを元に“ゼロ”から画像を生成できる「画像を生成」機能が新たに搭載された。(2024/4/23)

Adobe Fireflyベース:
モバイル版「Adobe Express」に生成AIを搭載 一般提供スタート
アドビが、モバイル版「Adobe Express」に対する生成AI機能の一般提供を開始した。PC向けのWeb版と同様に「テキストから画像生成」「生成塗りつぶし」「テキスト効果」などの機能を利用できる。(2024/4/18)

アドビ、PDFを要約&対話で質問できる「Acrobat AI Assistant」を一般公開
PDFおよびその他のドキュメント(Word、PowerPoint、会議の議事録、Webサイトなど)の要約などが行える。(2024/4/17)

Premiere Proに生成AI機能 動画の“尺拡張”や不要な部分の削除も OpenAIなど外部モデルもサポート
米Adobeは4月15日(現地時間)、動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」において、生成AIビデオツールを2024年後半に搭載すると発表した。映像クリップの生成拡張から、動画内にあるオブジェクトの追加・削除に対応するほか、Bロール用にテキストや画像から動画を生成するといった機能も実装予定としている。(2024/4/15)

サードパーティー製モデルも利用可能:
動画編集アプリ「Adobe Premiere Pro」に生成AIビデオツールを搭載 2025年後半予定
アドビの動画編集アプリ「Adobe Premiere Pro」に生成AIによる編集機能が追加されることになった。自社の「Adobe Firefly」に新規追加されるビデオモデルの他、OpenAIを始めとするサードパーティーのビデオモデルもプラグインを通して利用できるようになる予定だ。(2024/4/15)

動画共有・レビューツールの「Frame.io」がアップデート バージョン4(β版)に
米Adobeは、動画共有・レビューツール「Frame.io」の新バージョン「Frame.io Version 4」(β版)を公開した。3年の開発期間を経てリリースされたもので、ユーザーインタフェースなども含めて手が加えられている。(2024/4/11)

アドビ、新作バリアブルフォント「百千鳥」発表 レトロな“圧縮フォント”再現 「フォントの日」に合わせ
アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。ウェイトを自在に変えられる他、縦・横方向の扁平具合を調整することができる。提供時期については別途案内するとしている。(2024/4/10)

“アクセンチュア流”画像生成AIの使い方 アドビと共同開発
アクセンチュアがアドビの画像生成AI「Adobe Firefly」を自社のサービスに組み込む。企業のマーケティングへの活用を想定しているようだ。何ができるようになるのだろうか。(2024/4/9)

効率的な制作ワークフローを実現:
マーケティングチームのための生成AIアプリケーション「Adobe GenStudio」でできること
Adobe会長兼CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏が「マーケティングチームのために開発された生成AIファーストのアプリケーション」として紹介したのが「Adobe GenStudio」。コンテンツサプライチェーンを包括的にカバーする注目の新製品だ。(2024/4/6)

コンテンツ作成プロセスを合理化:
アクセンチュアとアドビ、「Adobe Firefly」を活用した業界特化型の生成AIソリューションを共同開発
アクセンチュアとアドビは、20年以上にわたる協業体制を戦略的に強化して「Adobe Firefly」を活用した業界特化型のソリューションを共同開発し、コンテンツサプライチェーンのさらなる変革を支援すると発表した。(2024/4/5)

「Adobe Summit 2024」レポート:
アドビの生成AI戦略は「コンテンツサプライチェーン」に焦点 大規模パーソナライゼーションをどう実現する?
Adobeの年次イベント「Adobe Summit 2024」の基調講演から、生成Aiを前面に打ち出した同社の顧客体験管理ソリューションの最新アップデートに付いて詳しく紹介する。(2024/4/5)

マーケティングツール「Adobe Experience Cloud」にAIを適用
Adobeのマーケティングツール「Adobe Experience Cloud」にAI(2024/3/27)

Canva、Affinityを買収 Adobe対抗のデザインツール大手
オンラインデザインツール「Canva」を手掛ける豪Canvaは3月26日、プロフェッショナル向けデザインツール大手の英Affinityを買収すると発表した。(2024/3/26)

生成AI「Adobe Firefly」誕生から1年 日本ではどう使われている?
アドビが生成AI「Adobe Firefly」をリリースしてから、間もなく1年が経過する。同社がそれを記念してFireflyを含む生成AIに関する取り組みを説明するイベントを開催した。(2024/3/21)

モバイルアプリにも生成AI:
「Adobe Firefly」を搭載した「Adobe Express」モバイルアプリ新バージョンでできること
Adobeは、Adobe Expressモバイル版アプリの新バージョンを発表した。「Adobe Firefly」の生成AI機能と新たなモバイル編集機能を搭載した同アプリは何ができるのか。(2024/3/15)

モバイル版「Adobe Express」にβアプリ登場 生成AI「Adobe Firefly」を統合
アドビのコンテンツ制作ツール「Adobe Express」のモバイル版に、新機能を搭載したβ版アプリが登場した。生成AI「Adobe Firefly」を直接利用できることが特徴で、誰でも無料で試用できる(iOS版のみ先着1万人限定)。(2024/3/7)

LINEの広告作成ツールが「Adobe Express」と連携 生成AIでクリエイティブを手軽に
LINEの広告向けクリエイティブ作成ツールが「Adobe Express」と連携。生成AIなどを使って手軽にクリエイティブを作成できる。(2024/2/28)

他の生成AIとは異なるコンセプト
Adobeが「PDFリーダー」に生成AI “時短”につながる「Acrobat」の新機能とは
Adobeは、「Acrobat」に生成AIによる対話型エンジンを追加した。文書内検索や文書要約にどのようなメリットがあるのか。(2024/2/26)

PDFソフト「Adobe Acrobat」にも生成AI 会話で要約や文章作成支援 将来は共同編集者のコメントを参考にした修正提案も
会話型のインタフェースで内容を要約したり、内容についての質問に答えたり、文章を生成したりできるという。(2024/2/21)

Adobe、Creative Cloud個人版などのプランを3月から値上げ
Adobeは、Creative Cloud個人版コンプリートプランと単体プランなどの価格改定を発表した。(2024/2/7)

アドビ、「Creative Cloud」値上げ コンプリートプランは月1300円アップ
米Adobeは2月6日、クリエイティブツール「Creative Cloud」を3月5日に値上げすると発表した。「新機能やアップデートによる価値の向上と、生成AI機能の拡充を反映した」としている。(2024/2/6)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【後編】
PDFは「作ったら終わり」ではない、アクセシビリティー検証の4ステップ
「Adobe Acrobat」には、アクセシビリティーに配慮したPDFファイルを作成する機能がある。ただし「設定したから大丈夫」ではなく、「適切な設定かどうか」の検証も作成作業に含まれる。具体的な手順は。(2024/2/1)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【中編】
「Adobe Acrobat」を活用、誰もが利用しやすいPDF作成のこつ
「Adobe Acrobat」を使ってPDFファイルにアクセシビリティー設定をする場合、目的に応じて簡便なやり方か詳細設定のどちらかを選ぶ必要がある。(2024/1/25)

製造マネジメント インタビュー:
ソフトウェア開発支援強化で「モノづくり大国」復活へ PTCジャパン神谷氏の戦略
2023年11月、PTCの日本法人であるPTCジャパンの社長執行役員に神谷知信氏が就任した。神谷氏はAdobeの日本法人で代表取締役社長を務め、事業のクラウド化などを推進してきた経歴を持つ。「デジタル技術を通じて『モノづくり大国』の復活に貢献したい」と熱く語る同氏に、今後のPTCの国内市場戦略を聞いた。(2024/1/23)

Premiere Proにアップデート 絵文字対応などテキスト新機能 AIによる音声の自動タグ付けも β版公開
米Adobeが、動画編集ツール「Premiere Pro」の新機能を発表した。オーディオワークフローの改善や、フォント周りの機能追加を行った。パブリックベータ版として公開されており、Creative Cloudのサブスクリプションユーザーであれば誰でも利用できる。(2024/1/17)

アドビ、「Premiere Pro」のオーディオ編集を強化 日本ユーザーから多かったテキストスタイル機能も改善
アドビがノンリニア編集ソフト「Adobe Premiere Pro」のオーディオ編集機能を強化する。同日から利用できる。(2024/1/16)

今日のリサーチ:
米国ホリデーシーズンのEC売り上げが過去最高を更新、モバイルがデスクトップを上回るのは初――Adobe調査
「Adobe Analytics」のデータによると、米国の2023年のホリデーシーズンにおけるオンライン売上高は2022年を上回る2221億ドルで、過去最高を更新しました。(2024/1/11)

アドビのWindows版「Illustrator」で起動しないトラブルの報告が相次ぐ(解決策あり) macOS版「Lightroom Classic」ではSonomaで一部機能が利用できない問題も
アドビのカスタマーサポートが、公式XアカウントにおいてWindows版「Illustrator」で起動しないトラブルと、macOS版「Lightroom Classic」の一部機能が正常に動作しないトラブルについて告知している。後者については回避策のないトラブルもあるため、OSのアップデートを見合わせるように呼びかけている。(2023/12/19)

アドビ、Figmaの買収を断念
米Adobeは、デザインコラボレーションツールを手掛ける米Figmaの買収を断念すると発表した。同買収については、欧州委員会や英国の競争・市場庁などが懸念を示しており、買収に必要な承認が得られないと判断したことから合併契約の終了を決めた。(2023/12/18)

サードウェーブ、Adobe Creative Cloud動作推奨の「DTM向けモデル」にスタンダード15.6型ノートモデルを追加
サードウェーブは、クリエイター向けスタンダード15.6型ノート「raytrek R5-AA5S」をベースとしたDTM向けモデル2構成を発売した。(2023/12/11)

小寺信良のIT大作戦:
「な、なんだってーーーーー!!?」のひみつ マンガに「専用フォント」が必要な理由
Adobeからマンガ専用フォント「貂明朝アンチック」が公開された。Adobe IDがあれば、だれでも無料で利用できる。そもそもなぜマンガ専用のフォントが必要なのか。その理由を明らかにしてみたい。(2023/12/4)

「いらすとや」、アドビと連携 Adobe Expressのアドオン経由で素材が使えるように
WebブラウザでアクセスできるAdobe Express(デスクトップ版)で、いらすとやの素材がスムーズに使えるようになった。(2023/12/1)

「Adobe MAX Japan」──4年ぶりのリアル開催、3600人のクリエイターが集結 LINEヤフーとの協業、その狙いは
アドビ常務執行役員兼CMO(最高マーケティング責任者)の里村明洋氏によれば、狙いはずばり「アドビがリーチできていないソーシャルクリエイターや、ビジネスコミュニケーターへのアプローチ」だという。(2023/11/20)

アドビ、画像生成AI「Adobe Firefly Image 2 Model」の一般提供を開始
アドビは、画像生成AI「Adobe Firefly Image 2 Model」の一般提供開始を発表した。(2023/11/17)

マンガのセリフに特化 アドビ、オリジナルフォント「貂明朝アンチック」リリース 無料IDでも使える
アドビから、漫画のセリフに特化したオリジナルフォント「貂明朝アンチック」が登場した。仮名は明朝、漢字はゴシック体の「アンチック体」を採用している。Adobe IDさえあれば無料ユーザーでも「Adobe Fonts」から利用可能。(2023/11/16)

Adobeが注視する“これからの技術”【後編】
「IT部門は会社の頭脳でもある」と語るAdobeのCIO その真意とは?
AdobeのCIOシンシア・ストッダード氏が掲げる目標の一つは、従業員エクスペリエンスの向上だ。どのような施策に取り組み、最終的に何を目指しているのか。その考えを語ってもらった。(2023/11/2)

Google Registry、「.ing」ドメインをリリース edit.ingはAdobeが取得済み
Googleのドメイン管理レジストリGoogle Registryは、トップドメイン「.ing」をリリースした。「edit.ing」や「sign.ing」は既にAdobeが取得済み。(2023/11/1)

プレイバック注目コンテンツ:
Salesforce、Microsoft、Adobe それぞれの生成AIとの向き合い方
生成AIは実験の段階からエンタープライズ領域へ急速に移行しています。マーケティングCRM領域のツールは生成AIでどう進化するのでしょうか。関連記事で振り返ります。(2023/10/29)

写真を改ざんされても「誰が撮ったか」「元々はどういう写真か」を追える ライカ「M11-P」登場
独ライカカメラが、レンジファインダーカメラ「ライカM11-P」を発表した。M11をベースにいくつかの変更が加えられており、新たな要素として米Adobeが率いる「コンテンツクレデンシャル」機能に対応。写真が加工されたとしても、撮影者や写真の元の状態、編集過程などをたどることができる。(2023/10/27)

生成AI 若者は「おもしろいコンテンツを生み出す」 中高年は「仕事を手伝ってくれる」 アドビの意識調査
若者にとって生成AIは「おもしろいコンテンツを生み出すもの」というイメージが、中高年には「仕事を手伝ってくれるもの」という印象がある――アドビの調査でこんな傾向が。(2023/10/26)

Adobeが注視する“これからの技術”【中編】
Adobeの社内業務は「RPA」や「AI技術」でどう変わったのか? CIOに聞いた
Adobeのシンシア・ストッダード氏は、同社のCIOとしてRPAやAI技術の導入などさまざまな施策を統括している。その取り組みをどのように進めているのか。ストッダード氏に聞いた。(2023/10/26)

アドビ、より簡単に写真加工ができるAI機能も盛り込まれた「Photoshop Elements 2024」「Premiere Elements 2024」を発表
アドビは、同社製写真編集ソフト「Photoshop Elements」および動画編集ソフト「Premiere Elements」の最新版を発表した。(2023/10/25)

Adobeが注視する“これからの技術”【前編】
「本当は要らなかったツール」を見極める方法 AdobeのCIOが振り返る
Adobeのシンシア・ストッダード氏は、CIOとしてIT利用に関するさまざまな施策を統括してきた。特に変化が大きかったのがパンデミックだという。同社の取り組みの方向性はどう変わったのか。(2023/10/20)

コンテンツの企画から制作、配信までエンドツーエンドで支援:
「Adobe GenStudio」登場 生成AIでデジタルコンテンツの作成が容易に
生成AIによってデジタルコンテンツの企画から制作、配信までのプロセスを包括的にカバーするエンドツーエンドの企業向けソリューション。(2023/10/16)

Google、生成AIによる著作権訴訟リスクで企業顧客に補償
Googleは、Google CloudとWorkspaceで提供している「Duet AI」などで生成するコンテンツについて、著作権訴訟リスクを補償すると発表した。Adobe、Microsoftに続くものだ。(2023/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。