ニュース
» 2009年09月11日 08時00分 UPDATE

Adobe RoboHelp Serverに脆弱性、パッチは開発中

脆弱性を悪用された場合、認証を受けないユーザーが任意のコードをアップロードし、実行できてしまう恐れがある。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsのヘルプオーサリングツール「RoboHelp Server 8」に深刻な脆弱性が見つかり、同社が9月9日付でアドバイザリーを公開して注意を呼びかけた。

 アドバイザリーによれば、この問題を悪用された場合、認証を受けてないユーザーが任意のコードをアップロードして実行できてしまう恐れがある。

 脆弱性を解決するためのパッチは現在開発中で、9月18日にリリースできる見通しだとしている。回避策は存在しないという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -