ニュース
» 2009年09月21日 07時00分 UPDATE

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:番外編・家庭内PLCの使い勝手とセキュリティを考える (1/2)

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴を解説する本連載ですが、今回は連休に読んでもらうべく、家庭を中心に新たな通信回線として注目されたPLCの利便性とセキュリティを解説します。

[萩原栄幸,ITmedia]

 今回は「シルバーウィーク」の長期休暇に読んでいただきたく、新たな通信手段として登場した「PLC」の使い勝手とセキュリティについて、わたしの体験を基に解説しましょう。

PLCとは?

 PLC(Power Line Communications)は、2006年12月に初めて製品が発売されました。まだ3年ほどしか経っていないせいか、現在でもあまり認知度は高くないようです。わたしの周囲にいるPC初心者に尋ねても、知っている人は半数にも満たない状況でした。

 PLCとは「電力線通信」または「電灯線通信」とも呼ばれ、家庭内に張り巡らされている電気配線を通信回線に利用します。家庭のコンセントを利用してインターネットが利用出来てしまうというわけです。LANケーブルを使わなくても家庭のコンセントにつなぐだけでインターネットが利用できる便利さから、現在は個人の住宅を中心に広がっているネットワークの利用形態の1つです。

 携帯電話などの無線回線とは違い、PLCは家庭内で設置済のブロードバンド回線であるADSLや光ファイバをそのまま活用できるので、既に家庭内にインターネット環境があれば、PLCの機器を導入するだけで使えるのもメリットの1つになるようです。

筆者宅のネットワーク環境

 わたし自身、自宅のインターネット環境は光ファイバを利用しており、有線LANと無線LAN、PLCの3つが混在している状況です。有線LANはメインのPCに接続しており、やはり有線ということで安定性が一番高いと感じています。また、ネットワークの途中にスイッチングHUBを設置しており、時折同じ有線LANを通じてサブPCの1(Windows Vista)とサブPCの2(XP)、そして、テスト用のサブPCの3(Windows 98)を動かすというような使い方をしています。

 無線LANは子供たちのインターネット接続に利用しています。子供たちの部屋は3階にあるのですが、ケーブルを必要としない無線LANが一番便利な手段だと考えています。当初は2階の居間でも無線LANを使っていたのですが、なぜかここでは無線LANの電波が十分に届かず、ほとんど使えない状況でした。そこで登場したばかりのPLCに注目し、すぐに導入を試みたのですが最初は品薄で入手できず、2007年1月に導入にすることができました。

 最初はコンセントがインターネットの出入口になるとは信じがたかったのですが、実際に接続できることが分かると、無線LANでは実現できなかった居間でのインターネット利用ができるようになったのは非常に喜ばしいことでした。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ