レビュー
» 2009年11月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:脱UTM ― Cisco ASA 5500シリーズによる最適な境界セキュリティ選択

「UTMという箱がすべての問題を解決してくれる」と信じられていたブームが一段落し、セキュリティシステムにもROIが求められる中、本当に効果が出る、適材適所のソリューションの必要性が高まっている(提供:シスコシステムズ)。

[PR/ITmedia]

シスコの適応型セキュリティ製品、Cisco ASA 5500 が目指すネットワーク セキュリティのあり方は、これまで市場の注目を集めていたUTM(統合脅威管理)アプライアンスとは、もともと異なった「適応型防御」というコンセプトに基づいている。

「UTMという箱がすべての問題を解決してくれる」と信じられていたブームが一段落し、厳しいROIがセキュリティシステムにも求められる中で、シスコはあらためて、本当に効果の出るセキュリティ投資として、Cisco ASA 5500に加えて、ルータなどを含めた適材適所のソリューションを提案している。

結果として、これまでのUTMが持つ「ただ1つのパッケージ製品によるセキュリティ対策」から、堅牢で、よりコスト効率にも優れたセキュリティシステムへの移行が加速している。

以上を、シスコのセキュリティ製品担当者へのインタビューを通じて、詳しく解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -