ニュース
» 2009年11月30日 17時38分 UPDATE

競合より30%以上安価――さくらインターネット、「さくらのマネージドサーバ」を発表

さくらインターネットは中堅中小企業向けMSPサービス「さくらのマネージドサーバ」を発表。12月10日に提供開始される「Atomプラン」は競合サービスより30%以上安価だという。

[ITmedia]

 さくらインターネットは11月30日、「さくらのマネージドサーバ Atomプラン」を発表した。同社は本サービスを通じCPUやメモリ、ハードディスクといったサーバリソースをユーザーに提供するとともに、日々の運用保守も請け負う。

 ユーザーは、サーバリソースを占有できながら、それらを操作するコマンドなどについてのスキルは不要。パッチマネジメントや、障害発生時の対応などはさくらインターネットが代行するため、基本的に運用負荷は掛からない。

 利用価格は、ウイルスチェックやWebアプリケーションファイアウォール(WAF)といったセキュリティ機能および電話サポートを標準で備えつつ、月額7800円(初期費用として2万5000円)から。さくらインターネットでは「初年度に必要なコストは、代表的な他社サービスと比較して3割以上低い」としており、専任の情報システム部門を有しない中堅中小企業やSOHO、Web制作会社などに適しているという。

 同サービスの主な仕様および価格はこちら。12月10日より提供を開始する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -