ニュース
» 2010年02月10日 17時38分 UPDATE

2009年下半期は20秒ごとにマルウェアが発生――G Dataの報告書

2009年通期では過去最悪となる約159万種の新たなマルウェアが見つかったという。

[ITmedia]

 ドイツのセキュリティ企業G Data Softwareは2月10日、2009年7〜12月期のセキュリティ動向をまとめた報告書を公開した。

 期間中に同社が観測した新種のマルウェアは92万4053種で、通期では158万8005種と、2008年を約90万種を上回った。20秒おきに新たなマルウェアの攻撃発生したことになるという。

 構成別では、トロイの木馬型が42.6%を占めて過去最悪になった。以下はダウンローダー、バックドア、スパイウェア、ワームの順番だった。亜種を含めたマルウェアファミリー別では前年を下回り、特定のマルウェアから幾つものマルウェア亜種が作成されていると分析する。

 プラットフォーム別では、Windowsが99.0%を占めたが、Macやモバイルプラットフォームに対する脅威も高まっているという。

関連ホワイトペーパー

マルウェア | トロイの木馬


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -