レビュー
» 2010年02月23日 00時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想データセンター実現に向けた最新のテクノロジーと実装のための計画・構築・管理

仮想化によるサーバー集約によって高まるリスクを軽減し、予測できない変化に迅速に対応できる、機敏性に優れたITインフラを構築するための最新技術と導入計画とは? (提供:EMCジャパン)

[PR/ITmedia]

 仮想化技術の進化により、2004年頃には4台程度しか集約できなかった物理サーバーは、現在では1台の物理サーバーで30台程度の統合が可能となっている。そのため、今までの規模で考えられてきた仮想化環境のバックアップやデータ保護をより大規模向けに考え直さなければならない時代に入ってきた。

 また、集約が高まったことによるサーバーやストレージのキャパシティ管理、災害対策などによる、システムダウン時のリスク回避策がより重要になってきている。これらのリスクにどのように対応するかを考えていくことが、大規模サーバー仮想化の成功の鍵を握ると言えるが、多くの考慮すべき事項を運用だけでカバーするのは非常に面倒である。

ここでは、仮想化環境をうまくコントロールし運用を効率化できる、最新技術と計画・構築・管理の手法について紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -