ニュース
» 2010年03月02日 10時57分 UPDATE

ソフトバンクBB、iPhoneのデータを遠隔操作で消去する新サービス

ソフトバンクBBは、iPhone内に保存されたデータを遠隔操作で消去できる新サービスを企業向けに始めた。

[ITmedia]

 ソフトバンクBBは、iPhone3GS/3G内に保存されているデータを遠隔操作で消去できる新サービス「リモートワイプサービス」を企業向けに始めた。

 同サービスは、企業向けSaaS/ASPサービス「TEKI-PAKI」の新メニューとして提供するもので、管理者やユーザーが遠隔操作でiPhone内のデータを初期化状態にしたり、電話機能の利用自体を停止(携帯電波を送受信不可にする)したりできる。各種操作は、専用電話サービスもしくはWeb管理画面で行う。

 利用料金は1ライセンス当たり月額315円で、Webからの操作にはAdobe Flash Playerがプラグイン設定されているPCのWebブラウザが必要となる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -