ニュース
» 2010年03月12日 16時00分 UPDATE

Allapleウイルスの作者に判決

ポリモルフィック(多形的)ワーム「Allaple」の作者、44歳のアルトゥール・ボイコ氏に2年7カ月の懲役が言い渡された。彼にとってDDoS攻撃の対価は、非常に高くついた。

[mikko hypponen,エフセキュア]

 エストニアのウイルスライターが、エストニアのハリュで実刑判決を受けた。

 Allapleウイルスファミリーの作者、44歳のアルトゥール・ボイコ氏は無罪を主張した。

 とは言え、彼は有罪であるとされ、2年7カ月の懲役を言い渡された。

 Allapleは多型性暗号化を使用した複雑なワームだ。ローカルHTMLファイルを修正することでネットワーク上に広がる。このようなHTMLファイルがパブリックWebサイトにアップロードされると、感染がさらに広がることになる。

 どうやらボイコ氏は、自動車事故に遭い、If Insuranceと保険査定に関して議論となったらしい。その結果、彼のワームが以下のサイトにDDoS攻撃を開始した。

  • www.if.ee(同保険会社のWebサイト)
  • www.online.if.ee(同保険会社のカスタマ・オンライン・インタフェース)
  • www.starman.ee(地元ISPのWebサイト)

 このDDoS攻撃はかなり深刻なものだった。この件については、2007年のISC Diaryの記事をご覧頂きたい。

 われわれは2006年から2007年にかけて、Allapleの幾つかの亜種を検出した。問題は、これがボットネットではないということだ。これらのワームには、コマンドおよびコントロールチャネルが無い。感染したマシンは、クリーンにされるまで標的を攻撃する。世界には現在も、感染したアクティブなコンピュータが何千もあり、攻撃を続けている。そして同ワームはさらに広がり続けている。

スナップショット 新たなサンプルを示すエフセキュアインタフェースからの2010年3月11日のスナップショット

 ボイコは実刑判決を受けたが、裁判までには19カ月掛かった。彼は損害を補填するため、以下の金額の支払いを行う判決も受けている。

If Insuranceに対して:510万エストニアクローン(約33万ユーロもしくは45万米ドル)

Starman ISPに対して:140万エストニアクローン(約9万1000ユーロもしくは13万米ドル)

 詳細(エストニア語)はERR Uudisedにある。

関連キーワード

判決 | ワーム | DDoS攻撃




原文へのリンク

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ