ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「判決」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「判決」に関する情報が集まったページです。

「信頼回復を最優先と考え……」 伊勢谷友介被告、“初公判当日”に活動自粛を発表 検察は懲役1年求刑
判決は12月22日に下される予定。(2020/12/1)

ジョニー・デップ、米ワーナーに「ファンタビ」グリンデルバルド役の降板求められ同意 DV記事裁判の敗訴受け
キャリアには影響しないとジョニー。(2020/11/7)

「モバゲー」の利用規約は不当との二審判決 「多重課金に返金されない」「身に覚えのない利用停止措置」など苦情
「当社は、一切損害を賠償しません」など、DeNAが責任を負わない旨の規定となっており、消費者契約法に抵触するとの判決。(2020/11/6)

ジョニー・デップ敗訴、元妻へのDV「おおむね真実」 元妻側は今後「おびただしい量の証拠を提出する予定」
このあと米国での裁判に突入、証拠はたっぷりそろっていると元妻弁護士。(2020/11/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ボーナスは“特権”か 「低賃金で何が悪い?」正当化され続ける非正規格差
非正規社員の賞与や退職金を巡る判決があったが、すぐに議論は鎮火した。女性を低賃金で雇うことが当たり前になった時代から変わっていない。非正規労働者は増加し、貧困問題に発展しているのに「自己責任」で片付けてきた。雇用問題の在り方から議論が必要だ。(2020/10/23)

警察庁、ストーカー規制の在り方検討 最高裁の「GPSでの追跡は該当しない」判断受け
最高裁で、GPSを使ってストーキング対象を追跡する行為はストーカー規制法の「見張り」には当たらないとする判決が出たことを受け、警察庁は今後の規制の在り方を検討する有識者検討会を設置すると発表した。(2020/10/9)

漫画の「キャラクター」は著作物ではない? 「同人誌の法的位置づけ」を巡り画期的判決、弁護士にポイントを聞いた
同人作家が無断転載サイトを訴えていた裁判の控訴審が決着、判決文に意外な形で注目が集まりました。(2020/10/9)

ジョン・マカフィー氏逮捕、脱税とICO違法宣伝でDoJとSECがそれぞれ起訴
セキュリティ企業McAfeeの創業者、ジョン・マカフィー氏が、脱税などの疑いで米司法省に逮捕、起訴された。有罪判決を受けた場合、最大5年の懲役と罰金の支払いが科せられる見込みだ。(2020/10/6)

サブウェイのパンはパンではない アイルランドの裁判所で判決
「付加価値税ゼロの対象となるパンの定義に当てはまらない」と判断されたというお話。(2020/10/2)

6年間の闘いに幕:
英国最高裁の特許判決、Huaweiにとって新たな打撃に
英国の最高裁判所が、中国の通信機器メーカーHuaweiと、米国の大手特許ライセンスグループUnwired Planetとの間の訴訟において、知的所有権関連の法律を根底から覆すことになる画期的な判決を下した。(2020/8/31)

槇原敬之被告、判決を受け活動休止を発表 ファンからは「ずっと待ってます」「ゆっくり休んで」の声
2020年2月に覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕。(2020/8/3)

画像のリツイートで著作者の署名消えた──Twitterの仕様でも投稿者の権利侵害行為に 最高裁が判決
Twitterに無断投稿された写真がリツイートによって改変されたことで、著作者人格権を侵害されたとして、プロカメラマンの男性が米Twitterに対し、リツイートした人物らの発信者情報の開示を求めた訴訟の上告審判決で、原告の主張を認めた。(2020/7/21)

Apple、アイルランドの税優遇をめぐる130億ユーロ追徴課税裁判で勝訴(一審)
欧州連合が2016年、アイルランド政府に対しAppleに最高130億ユーロ(約1.5兆円)を利子付きで追徴課税するよう要請したことに関する裁判で、一審の裁判所がこの要請を無効と判断した。(2020/7/17)

円谷プロ、中国の“無許可ウルトラマン”巡る裁判に勝訴
2017年公開の「ドラゴンフォース〜さようならウルトラマン〜(原題:鋼鐵飛龍之再見奧特曼)」問題。(2020/7/9)

英バンド「カサビアン」、トム・ミーガン脱退に関する声明を発表 「いかなる暴力も許されない」
ボーカルがドメスティックバイオレンスで有罪に。(2020/7/8)

米最高裁、LGBTQ理由の職場差別は違法との判決
米最高裁が、同性愛やトランスジェンダーを理由に従業員を解雇するのは違法だという決定を下した。1964年の連邦公民権法が禁止する職場での性差別禁止はLGBTQ+も対象とするという解釈だ。(2020/6/16)

神奈川県HDD転売事件、元社員に有罪判決 情報機器をネットオークションで転売
神奈川県庁が使っていたHDDが転売され、個人情報などが流出した問題を巡り、東京地方裁判所が高橋雄一被告に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。(2020/6/9)

スピン経済の歩き方:
木村花さんへのヘイトを煽ったフジテレビは、「無罪放免」でいいのか
恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だったプロレスラー、木村花さんが死去した。彼女を死に追いやったと言われている「ネットリンチ」は、なぜ起きたのか。番組を制作していたフジテレビに責任はないのか。(2020/5/26)

ベンツを無免許運転!? 豪ヴィクトリア警察が公表した「カワイイ無罪」事案が話題に、やさしい対応に称賛集まる
歩道を爆走していたところ職務質問。(2020/3/12)

円谷プロ、海外での「ウルトラマン」利用権めぐる米国の訴訟で勝訴確定
期限までに相手方の上告がなかったことから勝訴が確定しました。(2020/3/10)

「わたし無罪でちゅ……」 全てを許してしまいそうな『ポプテピピック』のよだれかけ第2弾が発売
赤ちゃんは大無罪。(2020/3/5)

JASRACに敗訴の音楽教室、知財高裁に控訴 「こじつけ判決」と地裁を批判
音楽教室側がJASRACの著作権料徴収の権限を認めた東京地裁判決を不服として、知財高裁に控訴。音楽教室側は「最初から結論ありきの判断で、到底納得できない」としている。(2020/3/5)

JASRAC対音楽教室、地裁判決は順当かナンセンスか 「一般人の常識に即した裁判」の論点を整理する
音楽教室がJASRACに音楽著作権の使用料を支払う必要があるかが争われた訴訟で、東京地裁が音楽教室側の訴えを棄却した。この判決は現在、SNSなどで賛否両論を呼んでいる。本記事では、著作権者や法律家などへの取材をもとに、地裁判決の論点を整理し、判決の妥当性を考察する。(2020/3/4)

JASRAC対音楽教室の訴訟、一審判決はJASRACの主張を支持
音楽教室側は、「JASRACには音楽教室から楽曲使用料を徴収する権限はない」と主張していました。(2020/2/28)

“音楽教室から著作権料徴収”めぐる裁判、一審はJASRACが勝訴
JASRACが示した、音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を受け、音楽教室側の団体がJASRACに徴収権限がないことを確認する訴訟を起こしていた件で、東京地裁は2月28日、音楽教室側の請求を棄却した。(2020/2/28)

Microsoft元従業員、アカウントの不正利用で1000万ドル相当を盗み有罪評決
Microsoftのソフトウェアエンジニアだった男はテスト用のアカウントを利用してデジタルギフトカードなどを盗み、住宅や高級車の購入に充てていたという(2020/2/27)

Coinhive裁判、弁護側がIT業界から意見書募集 Web上の声をくみあげ、最高裁に提出
Coinhive事件の東京高裁による有罪判決を受け、弁護人の平野敬弁護士が日本ハッカー協会を通じて、意見書の募集を始めた。高裁判決に対し、平野弁護士はソフトウェア開発などの萎縮を招くと指摘。IT業界で働く人たちから意見を募る。(2020/2/18)

なぜ「逆転有罪」に? コインハイブ裁判、東京高裁が無罪判決を棄却した3つのポイントを解説
無罪判決が棄却され、罰金10万円の支払いを命じる有罪判決を言い渡されました。(2020/2/18)

米Microsoftが落札した米国防総省のクラウド事業「JEDI」、Amazonの申し立てで一時停止に
米裁判所は、Microsoftが獲得した米国防総省の100億ドルのクラウド事業「JEDI」の進行を一時停止する判決を下した。Amazon.comの申し立てを認めたもの。(2020/2/14)

Coinhive裁判、逆転有罪の根拠は? なぜ無罪判決は覆ったのか
Coinhiveを閲覧者に無断で自身のWebサイトに設置したとして、不正指令電磁的記録保管罪に問われた男性の控訴審判決で、東京地裁は2月7日、罰金10万円の有罪を言い渡した。なぜ一審の無罪から控訴審では有罪に覆ったのか、裁判の争点を整理する。(2020/2/10)

コインハイブ裁判、無罪判決から一転「逆転有罪」に 弁護士「上告はします」
ネット上では判決に疑問の声も多くあがっています。(2020/2/7)

Coinhiveで“無断採掘”、逆転有罪 二審・東京高裁
「Coinhive」を閲覧者に無断で自身のWebサイトに設置したとして、不正指令電磁的記録保管罪に問われた男性の控訴審判決が2月7日にあった。東京高裁は一審の無罪判決を破棄し、罰金10万円を言い渡した。(2020/2/7)

ふるさと納税訴訟、泉佐野市が敗訴 市長コメント「判決は全く受け入れがたい」 上告へ
判決は「泉佐野市が提供する返礼品は突出して極端なもの」などと指摘。(2020/1/30)

任天堂、公道カートレンタルのMARIモビリティ開発(旧:株式会社マリカー)に勝訴 賠償金が1000万円→5000万円にレベルアップ
MARIモビリティ開発側は「誠に遺憾」。(2020/1/29)

「マリカー」訴訟、二審も任天堂が勝訴 損害賠償額は1000万→5000万円に
「マリカー」の訴訟について知的財産高等裁判所は1月29日、任天堂の訴えを認め、MARIモビリティ開発に対し5000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。(2020/1/29)

漫画村運営者情報の開示請求が棄却になったのはなぜ?  Cloudflare訴訟の地裁判決を解説
なぜ東京地裁は「原告の請求を棄却する」との判断を下したのか。(2020/2/8)

「APIは著作権で保護されない」と主張:
AndroidはJavaのAPIを無断で利用してもよいのか? Oracle有利の決定にRed HatとIBMが異議
Red HatはIBMと共同で米国連邦最高裁判所に法廷助言書を提出し、OracleがGoogleに対して起こした訴訟で2018年に連邦巡回区控訴裁判所が下した「GoogleはAPIを複製した」という判決を覆すよう求めた。(2020/1/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界の有能人材が「日本を避ける」未来 元TBS記者の性暴行事件が及ぼす深刻な影響
ジャーナリストの伊藤詩織氏が元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたと訴えた裁判で判決が言い渡された。この事件は海外でも多く報じられており、「男尊女卑」「独裁」という日本のイメージが強まっている。日本への不信感で有能な人材を遠ざけることになるかもしれない。(2019/12/26)

海外でのウルトラマン利用権めぐる米国での訴訟、円谷プロが控訴審でも勝訴
地裁に続き、控訴裁でも円谷プロが勝訴。(2019/12/10)

米司法省、イーサリアムの研究員を逮捕 北朝鮮へのブロックチェーン関連情報提供で
Etherium財団のリサーチサイエンティストが北朝鮮に暗号通貨とブロックチェーンに関する技術を提供したとして米司法省に逮捕された。米政府の国際緊急経済権限法(IEEPA)違反で有罪になれば、最高20年の懲役が科される。(2019/12/1)

「これ以上迷惑をかけることはできない」 大麻所持で有罪判決のKenKen、「Dragon Ash」のサポート活動終了へ
そうか……。(2019/11/18)

講談社が「はるか夢の址」に勝訴 大阪地裁、運営者に約1億6000万円の支払い命じる
講談社が、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」の運営者ら3人に対する損害賠償請求について、勝訴したと発表。大阪地裁が同社の主張を全面的に認め、3人に約1億6000万円の支払いを命じた。(2019/11/18)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」への訴訟で勝訴 運営者に約1億6000万円の支払命令
「はるか夢の址」運営者が漫画を無断でアップロードしていたとして講談社が訴訟を起こしていました。(2019/11/18)

専門家のイロメガネ:
【後編】なぜ食べログは公正取引委員会の調査を受けたのか?
口コミサイトでありながら、広告を取るという、食べログのビジネスモデルは矛盾している。筆者は、食べログのユーザーレビュー操作については推定無罪というスタンスだが、それでも炎上が続く原因として、矛盾だらけの代理店の取り扱いがある。(2019/10/17)

Googleは「忘れられる権利」をEU圏外に適用する必要なしとEU最高裁
Googleが仏規制当局と2015年から争っていた「忘れられる権利」の適用範囲についての裁判で、欧州司法裁判所がこの権利は欧州圏外にまで適用する必要はないという判決を下した。(2019/9/25)

カプコンとコーエーテクモの特許を巡る係争に判決 コーエーテクモ側が約1億4400万円支払いで決着
「過去作のディスクを併用すると新作で特典を得られる仕様」などの特許がコーエーテクモに侵害されたとして、カプコンが2014年に提起していた訴訟。(2019/9/11)

元Uber幹部をGoogleからの企業秘密窃盗で米司法当局が起訴
元Googleのエンジニアで自動運転企業OTTOを立ち上げ、Uber入りしたアントニー・レヴァンドウスキ氏が、米司法当局に自動運転関連の企業秘密窃盗の疑いで起訴された。有罪になれば最大10年の禁固刑と25万ドルの罰金が科される可能性がある。(2019/8/28)

イギリス紙幣にアラン・チューリング氏 コンピュータやAIの父、同性愛で有罪の過去も
第二次世界大戦中にナチス・ドイツの暗号解読に貢献した数学者のアラン・チューリング氏が、新50ポンド紙幣の絵柄に選ばれた。最終候補者もそうそうたるメンツ。(2019/7/16)

製造マネジメントニュース:
マツダが住友理工を控訴、163億円の損害賠償請求で
マツダ車3車種でパワーステアリングの不具合が発生し、不具合の原因が住友理工(旧東海ゴム工業)製の部品にあるとして、マツダが住友理工に損害賠償を求めた訴訟で、マツダは2019年7月10日、一審の広島地方裁判所判決を不服として広島高等裁判所に控訴した。(2019/7/12)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」運営者に1億6000万円を損害賠償請求
運営3人は1月に実刑判決を受けていました。(2019/7/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。