レビュー
» 2010年03月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ファイアウォールがすべき10のこと

いまやWebは当たり前の時代。自社のファイアウォールはWebメールやアプリケーションにも対応しているか?本ホワイトペーパーでは最新のファイアウォール・UTM製品について図解を元に分かりやすく説明している(提供:SonicWALL)。

[PR/ITmedia]

 従来のファイアウォールは、表面的な脅威や不正侵入を遮断することに焦点を置いているが、ビジネスにおけるファイアウォールは、脅威からのネットワーク保護を強化するために、アンチウイルス、アンチスパイウェア、不正侵入防止、コンテンツフィルタリング機能、さらにいくつかのアンチスパムサービスを含むUTM(統合脅威管理)サービスを備えている。

 ファイアウォールを通るトラフィックの多くはアプリケーションやデータであり、表面上の脅威だけではない。そのため、ファイアウォールを通るデータやアプリケーションを管理し制御できるアプリケーションファイアウォール機能が追加されるようになった。

 帯域を多く使うストリーミングビデオや音楽に制御をかけたり、Webメールにポリシーを設定したり、従来のファイアウォールでは成し遂げることができなかった機能が最新のファイアウォール・UTM機器では可能だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -