ニュース
» 2010年04月13日 06時59分 UPDATE

「Project Pink」の正体:Microsoft、オリジナルブランドのWindows Phone「KIN」を発表

Microsoftの初のオリジナル携帯は、ソーシャル機能に特化し、Zuneの音楽機能を搭載した若者向けの「KIN」。5月に米国で発売する。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月13日、オリジナルブランドの携帯電話「KIN」を発表した。「KIN One」と「KIN Two」の2モデルを、米国では5月にVerizonが、欧州ではこの秋にVodafoneが発売する。

 MicrosoftはKINをSNSなどのソーシャル機能に特化した若者向けのコミュニケーションツールと位置づけており、友だちのアクティビティをリアルタイムで追跡できる「Loop」機能や、Zuneの音楽機能を搭載している。製品名のKINは、関連、親類関係などを表す単語「kinship」に由来するという。

kin loop

 同社初のオリジナル携帯となるKINはシャープ製。シャープはMicrosoft傘下のモバイルサービス企業Dangerのスマートフォン「SideKick」を製造している。

 タッチスクリーンとスライド式のQWERTYキーボードを備える。Oneは2.6インチ(320×240)のディスプレイ、500万画素のカメラ、4Gバイトのメモリ、モノスピーカーを搭載。Twoは3.4インチ(480×320)のディスプレイ、800万画素のカメラ、8Gバイトのメモリ、ステレオスピーカーを搭載する。ネットワークは3G、Wi-Fi、Bluetoothに対応。GPSもサポートする。搭載OSについては明らかにしておらず、画面を見るとWindows Phone 7のようだが、サブセットかもしれない。

kin1 KIN One
kin2 KIN Two

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -