連載
» 2010年04月29日 11時30分 UPDATE

ドジっ娘リーダー奮闘記:“どこでも一緒”でいいのかな? (1/2)

飲み会など業務外のイベントを上手く活用すると、チームの団結力が高まります。イベント開催のコツとポイントを、しんこちゃんとともに学びましょう。

[小俣光之,ITmedia]

 先輩リーダー輩田(やからだ)さんが外出先から戻ってくると、新米リーダーしんこちゃんがデスクで頭を抱えているのが見えました。体調でも悪いのかと近寄ってみると、なにやらうなっているようです。

イラスト:本橋ゆうこ 門田君も一緒にどーお? イラスト:本橋ゆうこ

しんこちゃん うーん、うーん。

輩田さん いよーっ、しんこちゃん。「うーん、うーん」うなってどうしたんだ、またお菓子の食べ過ぎかい?

しんこちゃん あっ、輩田さん。「うーん」ではなくて、「もーん」です。実はもーんだ(門田)君のことでもーんもんしてました。

輩田さん 門田君といえば、先日しんこちゃんに相談した提案が新規事業として始まることが決まったばかりじゃないか。彼は問題児を卒業したんもんだとばかり思っていたけれど、まだ何か問題があるのかい?

しんこちゃん 問題というか、何というか。仕事は乗りに乗っているので心配はないのですが、仕事以外でちょっと困ったことがありまして。実は来週、新規事業の発足を祝ってチームで飲み会をするのですが、飲み会は業務ではないから参加したくないって言うんです。門田君はもともとイベントごとが苦手でいつも参加しないのですが、今回は門田君が主役なので、全員に参加してもらいたいんです。

輩田さん なるほど、それは結構難しい問題だね。チームのまとまりは大切だが、業務外のことは強制できない。それにオンとオフをどう考えるかは、個々の価値観によって異なる。でも、オンもオフも区別なくやるときはやってほしいというのが、しんこちゃんの本音だろう?

しんこちゃん はい。24時間365日、いつでもチームや仕事のことを考えてほしいとまでは言いません。プライベートはチームや会社とは別、という門田君の考えも分かります。でも、みんなで一緒に何かやろうというときぐらい、イベントに参加してくれてもいいんじゃないかって思うんです。

輩田さん 参加を強制できないのなら、参加したくなる雰囲気作りを心掛けたらどうだろう? しんこちゃん1人が旗を振るのではなく、メンバーも巻き込んでね。最初は一部のメンバーしか参加しなくても、わいわい盛り上がっている姿を見て参加者が増えてきたら、門田君も思わず参加したくなるかもしれないよ。

しんこちゃん 雰囲気作りですか……。共通の目標を目指す仲間として、モチベーションを高めあえる工夫をする、とかですか?

輩田さん わーっはっはっ、はっはっはーっ! 硬い硬い、それじゃあ硬過ぎだー。そんなに気合いを入れたらみんな息切れしちゃうじゃないか。業務外のイベントなんだから、気軽にみんなで楽しめる機会を増やす、ぐらいでいいんだ。飲み会のほかにも、スポーツやゲームなど、メンバーの嗜好(しこう)に合った楽しみがあるだろう? たった1つのイベントに全員で参加と考えるから、できることが限られてしまうんだ。それよりも複数のイベントを気軽に開催すれば、イベント単体では全員が集まらなくても、複数のイベントでオーバーラップするメンバーが出てくるだろう? そのメンバーを軸にほかのメンバーもつながっていく、そういう緩やかなつながりが、いざというときに全員で団結するきっかけになるんじゃないかな。

しんこちゃん なるほど。確かにわたし、「飲み会」を「全員」で、と形式にこだわり過ぎていたのかもしれません。「カラオケを楽しむ会」とか「スイーツを食べに行く会」とか、好きな人が集まって好きなことをやればいいのですね。

輩田さん そうそう、そんな感じだよ。わたしの知り合いの会社では、ペーパードライバーのドライビング練習会、メタボ対策スイミング、ネット対戦ゲーム大会など、いろいろなイベントを開催しているそうだよ。オフタイムでの集まりが結構楽しいと分かると、自然とたくさんの集まりができてくるそうだ。そういうチームは、いざというときに素晴らしい団結力を発揮できるだろうね。

しんこちゃん なるほど。強制ではなく、楽しみながら自発的にイベントを開催することがポイントですね。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ