レビュー
» 2010年06月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:NT 4.0/2000 Serverユーザの救世主!「システム延命」の決め手は動作保証済みサーバ

いまだ企業内に多く残るNT 4.0/2000 Server。ハードの老朽化やサポート切れに直面しているものの高額なリプレース費用に検討を先送りしている企業も多いだろう。「システム延命サービス」の概要とともに高額なコストをかけずに基幹システム移行に成功した事例を紹介しよう(提供:ファナティック)。

[PR/ITmedia]

 NT 4.0/2000 Serverなど旧OSで動作するシステムを延命させようとすると、VMwareなどの仮想化への移行が考えられるが、意外と高額なコストがかかるもの。また外部I/Fを制御しているアプリケーションは仮想OS上で動作しないケースもある。

 そこで、Windows NT Server 4.0および2000 Serverがネイティブで動作するハードウェアを紹介する。このサーバがあれば、現状のソフトウェアをそのまま使いながらハードウェアだけを最新機に更新することができる。

 また、データやアプリケーションの移行・検証までトータルに支援する「システム延命サービス」も紹介。更に、無償版のVMware ESXiの稼働モデルも用意しており、仮想環境を低コストで導入したいユーザの要望にも応えるラインアップも用意している。

 今なら期間限定で、TechTarget会員限定の無料診断シートをご用意。サーバの役割や構成から最適な延命手法を無料でコンサルティングしている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -