ニュース
» 2010年06月14日 15時19分 UPDATE

フェンリル製のプラグインソフトに複数の脆弱性

Webブラウザ「Sleipnir」のプラグインソフトに、コード実行などにつながる脆弱性が見つかった。

[國谷武史,ITmedia]

 情報処理推進機構とJPCERTコーディネーションセンターは6月14日、フェンリル製のプラグインソフト「ActiveGeckoBrowser」に複数の脆弱性が見つかったとして注意を呼び掛けた。

 ActiveGeckoBrowserは、WebブラウザのSleipnirにレンダリングエンジンのGeckoを追加するソフト。脆弱性を悪用された場合、任意のコードやスクリプトを実行されたり、サービス不能(DoS)攻撃を誘発されたりする恐れがある。影響を受けるのは、ActiveGeckoBrowser 1.0.0正式版およびα 1.0.5。フェンリルによれば、過去に同社が公開したGeckoのプラグインにも脆弱性が存在するという。

 フェンリルは、ユーザーに対してActiveGeckoBrowserの使用を停止するよう呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -