ニュース
» 2010年07月06日 17時25分 UPDATE

Gumblar型攻撃に対応したWAFサービス、セキュアブレインとSSTが提供

セキュアブレインとセキュアスカイテクノロジーは、Web感染型マルウェア対策サービスを提供する。

[國谷武史,ITmedia]

 セキュアブレインとセキュアスカイテクノロジー(SST)は7月6日、Gumblar型攻撃に代表されるWeb感染型マルウェアの対策サービスを開始した。

 このサービスは、SSTのWebアプリケーションファイアウォール(WAF)の運用代行サービス「Scutum」に、セキュアブレインのWeb感染型マルウェア対策情報を組み合わせて提供するもの。Webサイトを閲覧したユーザーをマルウェアに感染させることを狙った攻撃を検知する。

 Web感染型マルウェアは、2008年以降に急増している脅威の1つ。「Gumblar型攻撃」とも呼ばれる場合がある。攻撃者によって正規のWebサイトに不正なリンクやコードが埋め込まれ、閲覧者がマルウェアに感染してしまうのが特徴で、2009年後半には大手企業のWebサイトが相次いで改ざんされた。

 SSTは以前からScutumでのGumblar型攻撃の検出に対応していたが、セキュアブレインとの提携によって検知・防御性能の向上が見込めるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -