レビュー
» 2010年07月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:新メールアーカイブ登場! 複数テナントを1システムで運用が可能に! さらに低コストを実現!

従来のアーカイブサービスは、1システムに対して1企業の構成でしか対応できなかった。また個別の管理画面からテナント毎の環境設定を行う必要があり、小規模ユーザでの導入には膨大なコストと手間がかかっていた(提供:コンピュータシステムエンジニアリング)。

[PR/ITmedia]

 今回新たに登場したWISE Audit MTEでは、複数テナントを1システムで運用することが可能となり、環境設定も単一の管理画面からテナント毎の設定が可能となった。

 従来のアーカイブシステムや仮想マシンを使用したSaaS/ASP事業でサービスを提供するには、サービス利用企業(テナント)毎に、システムや仮想環境・ソフトウェア等を必要とし、管理者も1テナント毎に管理GUIからアクセスして各種操作が必要であった。

 本資料では、SaaS/ASP事業において最適である3つの特徴を掲載。管理者負担の軽減、低コスト運用が可能、スケーラブルなサービス提供が可能になった新サービスとは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -