ニュース
» 2010年07月21日 07時56分 UPDATE

MS、無償ウイルス対策ソフトの次期β版をリリース

Security Essentialsの次期バージョン(β版)にはWebベース攻撃などに対応した新機能が加わった。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月20日、無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」次期バージョンのβ版をリリースした。Webベース攻撃などに対応した新機能が加わっている。

 次期バージョンではウイルス対策エンジンを刷新してマルウェアの検出・削除機能を強化。Internet Explorer(IE)と連携してWebベース攻撃に対抗する機能や、ネットワーク経由の攻撃を防ぐためのネットワークインスペクションシステム(Windows Vistaと7のみに対応)を組み込んだ。セットアップの段階でWindows Firewallを有効にするかどうか確認する機能も加わっている。

msenew.jpg 次期Microsoft Security Essentialsのβ版のスクリーンショット(Microsoftより)

 β版はMicrosoft Connectのページでユーザー登録するとダウンロードできる。言語は英語版やポルトガル語版などがあり、簡体中国語版も年内にリリースする予定だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ