ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「β版」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「β版」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

24年度内の製品化を目指す:
開発中のβ型酸化ガリウムSBDなどを展示、ノベルクリスタルテクノロジー
ノベルクリスタルテクノロジーは、「第1回 パワーデバイス&モジュールEXPO」(2024年1月24〜26日/東京ビッグサイト)に出展し、β型酸化ガリウム(β-Ga2O3)パワーデバイスを展示した。(2024/2/9)

AIワークフローのセットアップ、開発、移行の簡素化、迅速化を支援:
「NVIDIA AI Workbench」のβ版が登場 AI/MLプロジェクトのエンタープライズ対応ツールキット
NVIDIAは、GPUシステムでAIやMLプロジェクトを開発するためのエンタープライズ対応ツールキット「NVIDIA AI Workbench」のβ版をリリースした。(2024/2/5)

2024年2月下旬にリリース候補版、3月上旬に正式版を公開予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 5.4」β版を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 5.4」のβ版を公開した。(2024/2/2)

英語と日本語に対応:
IBM、「大規模音声モデル(LSM)」のクローズドβ版を公開
IBMは、大規模言語モデル(LLM)を音声ベースの会話に応用した「大規模音声モデル(LSM)」のクローズドβ版を公開した。(2024/1/25)

作業通話アプリ「もくり」3月終了 運営のMIXI「目標KPIを達成できなかった」
MIXIは18日、「作業通話アプリ」をうたう多人数同時接続の通話サービス「mocri」を3月22日の午後3時をもって終了すると発表した。勉強や創作活動のお供として利用者に愛されていた。(2024/1/18)

Premiere Proにアップデート 絵文字対応などテキスト新機能 AIによる音声の自動タグ付けも β版公開
米Adobeが、動画編集ツール「Premiere Pro」の新機能を発表した。オーディオワークフローの改善や、フォント周りの機能追加を行った。パブリックベータ版として公開されており、Creative Cloudのサブスクリプションユーザーであれば誰でも利用できる。(2024/1/17)

AI:
建築物単位でCO2排出量を自動算定する「Susport 建設」β版の提供開始
Sustineriは、建築物単位のCO2排出量自動算定サービス「Susport 建設」でβ版の提供を開始した。自然言語や機械学習で、既存の業務フローを変えることなく、建築物単位のCO2排出量算定が実現する。(2024/1/10)

「GitHub Copilot Chat」、すべてのGitHub Copilotユーザーが利用可能に
GitHubは、「GPT-4」ベースの開発者向けチャットボット「GitHub Copilot Chat」をすべてのGitHub Copilotユーザーに追加料金なしで利用可能にした。7月に企業ユーザー向けに提供開始し、9月には個人ユーザー向けパブリックβになっていた。(2023/12/30)

大口径化と高品質化でコストダウン:
VB法で6インチβ型酸化ガリウム単結晶を作製
ノベルクリスタルテクノロジーは、垂直ブリッジマン(VB)法を用い、直径6インチのβ型酸化ガリウム(β-Ga2O3)単結晶を作製することに成功した。単結晶基板の大口径化と高品質化により、β-Ga2O3パワーデバイスのコストダウンが可能となる。(2023/12/27)

材料技術:
ノベルクリスタルテクノロジーが6インチβ型酸化ガリウム単結晶の作製に成功
ノベルクリスタルテクノロジーは、垂直ブリッジマン(VB)法で6インチβ型酸化ガリウム(β-Ga2O3)単結晶の作製に世界で初めて成功したと発表した。(2023/12/27)

セキュリティニュースアラート:
1Password、パスキー機能をパブリックβ版で提供開始
1Passwordはパスキーの使用をパブリックβ版で公開した。新しい1Password Individualアカウントで利用でき、既存アカウントは2024年からの提供が予定されている。(2023/12/20)

Stability AI、リアルタイムでのテキスト画像生成を実現するAIモデル「SDXL Turbo」を発表 β版を無償公開中
Stability AIは、リアルタイムテキスト画像生成モデル「SDXL Turbo」の発表を行った。(2023/11/30)

AI:
AIアシスタントとIoTで現場監督に環境変化を報告、MODEの「BizStack Assistant」
シリコンバレー発のIoTソリューションを提供するMODEは、作業現場の状況変化や異変を生成AIがチャットで報告する「BizStack Assistant」のβ版を提供開始した。リアルデータを活用し、分かりやすい自然言語で報告する。(2023/11/27)

製造ITニュース:
現場の異常、生成AIがチャットで報告 自然言語の指示でデータ集計もできる
MODEは、生成AIを活用して会話形式で作業現場の状況報告や確認ができる「BizStack Assistant」β版の提供を開始する。一般的なチャットツールに対応しているため、日頃から使い慣れたツールで操作できる。(2023/11/24)

CAEニュース:
RICOS、自動で設計変更と性能検証ループを実行するCAEツールのβ版をリリース
RICOSは、CAEツール「RICOS Generative CAE」のβ版をリリースする。設計の変更と性能検証ループを自動で数十万回以上実行し、量産を踏まえた最適形状を探索、提案することで製品の高性能化やコストダウンにつなげる。(2023/11/8)

マイクロン 16GビットDDR5 DRAM:
転送速度が最大7200MT/秒、1βプロセス採用の16GビットDDR5 DRAM
マイクロンテクノロジーは、1βプロセスを採用した、16GビットのDDR5 DRAMを発表した。転送速度は4800〜7200MT/秒で、AIの学習や推論、生成AI、IMDBデータ分析などのアプリケーションの稼働を高いパフォーマンスで実行できる。(2023/11/9)

OpenAI、アプリに「アシスタント」を埋め込める「Assistants API」をβリリース
OpenAIは開発者会議DevDayで、アプリにAIアシスタントを搭載できるようにする「Assistants API」を発表し、β版の提供を開始した。(2023/11/7)

製造ITニュース:
OKI、モバイル端末を活用した映像による遠隔作業支援システムを開発
OKIはモバイル端末を活用し、映像などを通じて作業現場を支援する「遠隔作業支援システム」を開発した。2025年度の商品化を目指し、有効性検証のためのβサービスを2023年10月から無償で提供する。(2023/11/6)

xAI、“全人類に利益をもたらすAIツール”を目指す「Grok」正式発表
イーロン・マスク氏が7月に立ち上げたAI企業xAIは、同社初のAIモデル「Grok」を発表した。まだ初期β段階だが、ベンチマークでは「ChatGPT-3.5」や「Inflection-1」を上回るとしている。(2023/11/5)

パイオニア、バイク用音声ナビ「MOTTO GO」β版をAndroid向けに提供 24年3月まで
パイオニアは、バイク用音声ナビ「MOTTO GO」β版をAndroid向けにリリース。アンケート回答者から抽選で300人にバイク用品販売サイト「Webike」内で利用できる2000ポイントをプレゼントするモニターキャンペーンも行う。(2023/10/31)

あなたの声が森川智之ボイスに AIボイスチェンジャー公開 “AIひろゆき”提供元から
CoeFontが、Windows向けボイスチェンジャーアプリ「CoeFontボイスチェンジャー」の正式版をリリース。これまで提供していたβ版では変換できる音声の種類が3種類だったが、正式版では10種類に。声優・森川智之さんの声を基にした音声も追加する。(2023/10/26)

ロールバックにも対応 行ベースの料金体系:
Cloudflare、エッジ環境で分散データベースを構築可能な「D1」のオープンβ版を公開
Cloudflareは、ネイティブサーバレスデータベース「D1」のオープンβ版を公開した。(2023/10/18)

アドビ、生成AIを刷新 画像を貼って「このテイストで出力して」も可能に テキスト→動画生成も開発中
2023年3月にβ版を提供し、9月から正式提供をスタートした米Adobeの生成AI「Firefly」に早速アップデートが入った。プロンプトから画像を生成するモデルが後継の「Adobe Firefly Image 2 Model」に刷新された。(2023/10/11)

ブラウザ版「Illustrator」、β版を一般公開 テキストからベクター画像を生成するAI機能も搭載へ
2021年にプライベートβ版(一部のユーザーに限定して提供)としてリリースされた、“ブラウザ版Illustrator”こと「Illustrator for Web」が、Creative Cloudの有料ユーザーなら誰でも利用できるパブリックβ版として公開された。10月10日(現地時間)に開催した米Adobeの自社カンファレンス「Adobe MAX 2023」で発表した。(2023/10/11)

有機金属気相成長法で実現:
東京農工大、高純度のβ型酸化ガリウム結晶を高速成長
東京農工大学は、大陽日酸および大陽日酸CSEと共同で、有機金属気相成長(MOVPE)法を用い、高純度のβ型酸化ガリウム結晶を高速成長させることに成功した。電力損失を大幅に低減した次世代パワーデバイスの量産につながる技術とみられている。(2023/10/2)

ブラウザ版「Photoshop」正式リリース インストール不要、非CCユーザーによるデータ確認にも使える
米Adobeは、β版として提供していた「Adobe Photoshop Web」の正式版をリリースした。インストール不要でブラウザからPhotoshopの機能にアクセスでき、同社の生成AI「Firefly」などの機能も利用可能。(2023/9/30)

GitHub Copilot Chat、個人ユーザー向けパブリックβ提供開始
ックβを個人ユーザーにも提供開始した。月額10ドルのGitHub Copilotユーザーは、サイドバーにChatを追加できる。(2023/9/21)

医療技術ニュース:
ハブ毒由来の酵素でアルツハイマー病のアミロイドβを分解することを発見
東北大学は、ハブ毒から精製した蛇毒メタロプロテアーゼがアルツハイマー病の原因となるアミロイドβを無害なペプチドに分解し、ヒト培養細胞からのアミロイドβ産生量を大幅に減少させることを発見した。(2023/9/21)

太陽光:
地図から屋根置き太陽光の発電量を自動算出、アイ・グリッドらが新サービス
アイ・グリッド・ソリューションズは2023年9月14日、子会社のアイ・グリッド・ラボ、東京カンテイ、みらいリレーションズの3社が「地域太陽光発電ポテンシャル診断システム」の共同開発を行い、β版の試験運用を開始したと発表した。(2023/9/19)

ChatGPT活用 ニュースを“女子アナキャラ”が自動読み上げ24時間配信「ライブドアニュース24」
「ライブドアニュース」の記事を基に、Chat GPTや自動音声を活用して生成したニュース原稿をキャラクターが読み上げる、24時間ニュース動画配信YouTubeチャンネル「ライブドアニュース24」β版がスタート。(2023/9/15)

動画内の「あの」「えーと」を一括削除 アドビ「Premiere Pro」にβアップデート
アドビがビデオ製品のアップデートを発表した。「IBC2023」に合わせたものでいずれもβ版。「Premiere Pro」では録音状態の悪い会話の品質向上や、「あの」「えーと」といったフィラーワードを自動で識別する機能を実装する。(2023/9/14)

アドビの生成AI「Firefly」正式リリース、商用利用OK 無料でも利用可能
アドビが生成AI「Adobe Firefly」の一般提供を開始した。同社は6カ月間ほどβ版としてFireflyを提供してきたが、これまでは商用利用は不可となっていた。今回の正式提供により商用利用も可能となる。(2023/9/14)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
“誰でも使えるアドビ”こと「Adobe Express」に生成AIがやってきた プロならどう使う?
8月16日、AdobeはかねてよりWebアプリとして公開してきた「Adobe Express」の最新版を公開した。β版として公開している独自のAI「Adobe Firefly」を搭載し、「AIファーストのオールインワンコンテンツ制作アプリ」とうたっている。(2023/9/7)

Apple、ヘッドセットOSにアプリストア追加 ほとんどのiOS/iPad向けアプリがそのまま利用可能に
Appleは「Apple Vision Pro」のOS「visionOS」の開発者向けβ版に、アプリストア「App Store」を組み込む。これにより、既存のほとんどのiOS/iPad向けアプリはヘッドセットでも利用できるようになる見込みだ。(2023/9/6)

セキュリティ、ユーザーエクスペリエンス向上などに対応:
Android 14公式リリース前最後のアップデート、Android 14 β5を発表
GoogleはモバイルOSの次期バージョン「Android 14」のβ段階における最後のアップデートであるβ5をリリースした。(2023/9/5)

Google DeepMind、Imagenで生成した画像に電子透かしを埋め込む「SynthID」リリース
Google DeepMindはGoogle Cloudと提携し、AIで生成した画像を識別するツール「SynthID」のβ版をリリースした。まずはVertex AI上のImagenで生成した画像に電子透かしを入れられるようになる。(2023/8/30)

「四季報AI」β版で分かった、AIだからできること、そして想定外のニーズ
東洋経済新報社の「四季報AI」は、ChatGPTを活用し、会社四季報オンラインの記事やデータを主な参考元として、株式投資に役立つヒントを対話形式で引き出せるサービス。現在β版ですが、面白い使われ方をしているそうです。(2023/8/29)

普通の地図なのに江戸時代? 「れきちず」β版公開 地図システム会社のデザイナーが個人で開発
古地図と現代地図を重ねて比べられるサービスはあるものの、古地図は読みにくく一目で理解するのは難しい──そんな不満を解消するWeb地図「れきちず」が登場した。(2023/8/28)

ドローン:
ISO 5491準拠のドローンポート情報管理システムβ版を提供
ブルーイノベーションは、国際標準規格のISO 5491に準拠したドローンポート情報管理システム「BEPポート|VIS」のβ版を提供開始する。(2023/8/24)

SaaSやWebアプリのAPIを呼び出してユーザーをサポート:
企業が自社アプリのAIコパイロットを提供できるOSS「OpenCopilot」公開
企業がSaaSやWebアプリなどの製品で、カスタムAIコパイロットを提供するためのOSS「OpenCopilot」の初期β版が公開された。(2023/8/24)

VOCALOIDのヤマハ、AI歌声合成の実証実験スタート 新ソフト公開 ユーザーの声で改善へ
ヤマハが、試作段階のAI歌声合成ソフト「VX-β」をクリエイターに提供し、得られたフィードバックを基にソフトウェアを改善する実証実験を始めた。(2023/8/22)

「Copilot Chatのメリットは気が散らないことだが、使用に懸念も」:
「生成AIがコーディングを助けてくれるのはいいこと、でも不安は残る」 GitHub Copilot Chatをめぐる開発者の率直な意見
GitHub Copilot Chatのパブリックβ版ではVisual Studioにチャットアシスタントを組み込んでいる。便利な半面、一部の開発者にはAIに関する懸念が残る。(2023/8/22)

Intel、GPUステータス計測ツール「PresentMon」β版を公開
米Intelは、GPUステータス計測ツール「PresentMon」β版の公開を開始した。(2023/8/21)

IntelがゲーミングGPU「Intel Arc」におけるフレームレート改善を報告 計測ツール「PresentMon」のβ版も一般公開
Intelが、同社製ゲーミングGPU「Intel Arc Graphics」の近況報告を行った。新しいGPUの予定などは公表されなかったものの、グラフィックスドライバーの継続的更新を実施していることや、今後もゲーミンググラフィックスに対するコミットメントを強化することが表明された。(2023/8/18)

無料で使えるデザインツール「Adobe Express」にアップデート 生成AI機能を統合しコンテンツ作成がスムーズに
アドビの無料で使えるデザインツール「Adobe Express」にアップデートが実施された。同社の生成AI「Adobe Firefly(β版)」の機能を実装し、プロンプトによる画像生成が可能になった他、有料サブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud」との連携機能を強化している。(2023/8/16)

VRニュース:
UnityがvisionOS向けβプログラム開始、「Vision Pro」向けアプリ制作が可能に
Unityはリアルタイム3Dコンテンツの制作、運用プラットフォーム「Unity」が、「visionOS」向けβプログラムを開始したと発表した。Unityで「Apple Vision Pro」向けゲームとアプリケーションの制作が可能になる。(2023/8/10)

GitHub Copilotに新機能 開発中のコードとパブリックリポジトリのコードがある程度一致したら教えてくれる「code referencing」
米GitHubが、「GitHub Copilot」の新機能を発表。コードがGitHubで公開されているいずれかのパブリックリポジトリのコードと150文字程度が一致した場合に教えてくれる「code referencing」をパブリックβとして提供する。(2023/8/8)

「GitHub Copilot for Business」ユーザーが対象:
「GitHub Copilot Chat」β版公開 Visual StudioやVS CodeでAIペアプログラミングを支援
GitHubは、Visual StudioとVisual Studio Code(VS Code)で利用可能な「GitHub Copilot Chat」のβ版をGitHub Copilot for Businessユーザー向けに公開した。(2023/8/7)

人工知能ニュース:
製造業でも使える国産LLM搭載の業務支援AIサービス、β版を提供開始
AI insideは2023年8月3日、自社開発の大規模言語モデルを搭載したAIエージェント「Heylix」をクローズドβ版として提供開始すると発表した。(2023/8/4)

PayPayフリマ、生成AIによる商品説明文の自動作成機能(β版)提供
ヤフーは3日、フリマアプリ「PayPayフリマ」のiOS版で、出品時の商品説明文を自動作成したり、作成を支援したりする機能(β版)の提供を始めた。Open AIのAPIを利用する。(2023/8/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。