ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「β版」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「β版」に関する情報が集まったページです。

SlackからのMicrosoft Teamsのビデオ会議への参加が可能に アプリをβ公開
Slack Technologiesが、Slack内からMicrosoft Teamsのビデオ会議の開始・参加を可能にするアプリ「Microsoft Teams Calls」をβ版で公開した。Zoom PhoneやCisco Jabberなどとの統合により、Slack内から電話番号に電話することも可能になった。(2020/4/2)

Kubernetes 1.18がリリース、“Fit and Finish”がテーマ
Kubernetesプロジェクトは2020年3月25日(米国時間)、Kubernetes 1.18をリリースした。“Fit and Finish(収まり感と仕上がり感の高さ)”がテーマという。新バージョンには計38の機能強化が見られる。このうち12がαで11がβ、15がstableのステータスに移行した。(2020/3/26)

パフォーマンスや数式の読みやすさが向上:
Microsoft、プログラミングの“変数”に似た「Excel」の「LET」関数を発表
Microsoftは、「Excel」の新しい関数「LET」を発表した。現在はβ機能であるこの関数では、計算結果に名前を割り当てることができる。(2020/3/25)

eSIM市場を広げて、キャリアからの開放へつなげたい IIJmio「データプラン ゼロ」の狙い
IIJが、eSIMサービスの正式プランとして「データプラン ゼロ」を提供する。β版で出たユーザーからのニーズに応えるべく、必要に応じてチャージするスタイルを採用した。eSIM市場を広げ、より幅広いユーザーに使ってもらうことを狙う。(2020/3/17)

管理作業を効率化できる:
Googleが「マシンイメージ」のβ版を発表、「Compute Engine」の新リソース
Googleは、「Google Cloud Platform」で提供するIaaS「Compute Engine」について、新タイプのリソースである「マシンイメージ」(β版)を発表した。管理作業を効率化できる他、複数のディスクを利用していてもクラッシュ整合性を確保しやすい。このような特徴から、従来の「カスタムイメージ」と比較してより包括的なソリューションだと位置付けた。(2020/3/13)

VR空間でeスポーツを観戦、バーチャル施設「V-RAGE」オープン
VR空間でeスポーツを観戦できるバーチャル施設「V-RAGE」のβ版が3月15日にオープンする。観戦者はアバターを使って来場し、他のユーザーとチャットもできる。(2020/3/10)

「自動ツイ消し機能」搭載のTwitterアプリが登場 1万ユーザー限定でβ版アプリを配布中
β版アプリでは実際にツイ消し機能が無料で試せます。(2020/1/30)

機密データの管理とアクセス、監査を一元化:
Google Cloudの新しい機密データ保存/管理サービス「Secret Manager」、Googleがβ版をリリース
Googleは、APIキーやパスワード、証明書などの機密データを保存する「安全で便利な方法を提供する」ことをうたう新しいGoogle Cloudサービス「Secret Manager」(β版)を発表した。(2020/1/29)

組織のコンディションを計測できる「Geppo組織サーベイβ」
ヒューマンキャピタルテクノロジーは、組織のコンディションを把握可能な計測ツール「Geppo組織サーベイβ」を発表した。(2020/1/23)

2020年2月に正式リリース予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.8」のβ版を公開
Microsoftは「TypeScript 3.8」のβ版を公開した。TypeScript 3.8は、ECMAScript規格の新機能や強化機能に加え、型のみのインポート/エクスポートのための新構文など、多くの新機能を提供する。(2020/1/15)

いつでもLINEで健康相談 オンラインサービス「LINEヘルスケア(β版)」のiOS版が運用開始
これは助かる。(2020/1/8)

LINEで医師に健康相談「LINEヘルスケア」、iOSでもスタート
メッセージアプリ「LINE」を使って医師に健康相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)のiOS版がリリースされた。診療科は内科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科に対応。相談は24時間365日受け付ける。(2020/1/8)

お金を使わずに“応援”の気持ちを届けるブロックチェーンサービス「cheerfor」β版公開
cheerforβ版に支援サービスを追加する企業・個人事業主を募集開始。(2019/12/25)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(7月編):IIJが個人向け「eSIM」スタート/DMM mobileを買収した楽天モバイル
法人向けにeSIMサービスを提供していたインターネットイニシアティブ(IIJ)が、7月にβ(ベータ)版ながら個人向けにもeSIMを提供し始めました。その可能性はどのようなものなのでしょうか。(2019/12/24)

LINEで医師に健康相談 「LINEヘルスケア」β版スタート 24時間365日対応
LINEで医師とつながり、健康に関する相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)が登場。当初はAndroid版のみ。(2019/12/19)

社内の電気代のムダを推定する「電気代削減シミュレーション(β)」 EnergyColoringが公開
EnergyColoringは、会社施設の電気代の削減余地を推定する「電気代削減シミュレーション(β)」を公開した。(2019/12/13)

医療技術ニュース:
歯周病患者の歯茎で脳内老人斑成分が産生していることを発見
九州大学は、ヒトの歯周病の歯茎と歯周病因菌のジンジバリス菌(Pg菌)を投与したマウスの肝臓で、脳内老人斑成分のアミロイドβ(Aβ)が産生されていることを発見した。(2019/12/4)

障害とは「テクノロジーの敗北」:
重度障害で寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」――親友の死、引きこもりの苦悩を乗り越えた吉藤オリィが描く「孤独にならない社会」
ロボットが接客して、注文を取り、コーヒーを運ぶ。それだけでなく客と雑談し、メールアドレスの交換もしている。東京・大手町でオープンした「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」でのことだ。ロボットを動かすのは遠く離れた場所で寝たきりで生活する、重い障害のある人をはじめとした外出困難な人たちで、2020年までの常設化を目指している。オリィ研究所所長の吉藤オリィさんに、分身ロボットカフェのプロジェクトが未来をどのように変えていくのか聞いた。(2019/12/4)

平均年収1000万円となる「スキル偏差値」は?:
ITエンジニアの平均年収をGitHubの活動履歴などから予測する機能をファインディがβ版で公開
転職サービス「Findy」を運営するファインディが、ITエンジニアやWebエンジニアを対象とした年収予測機能をβ版として公開した。「エンジニアに、市場価値アップを見据えた技術成長を意識する機会を提供する」としている。(2019/11/28)

全てオープンソースで提供
「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援
Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。(2019/11/28)

GitHubの公開リポジトリを分析し、エンジニアの年収を予測するサービス登場
GitHubの公開リポジトリを分析し、エンジニアの年収の推移を予測するサービスのβ版が登場。コーディングの実績、プロジェクトへの貢献度、他のユーザーからの支持率などを分析して「スキル偏差値」を算出する仕組み。偏差値60で年収500万〜550万円、偏差値70で年収800〜850万円程度だという。(2019/11/27)

個人発の美少女ゲーム定額制クラウドサービス「OOParts」、β版スタート SNSの反応を受けて事業化
2019年冬に正式リリースを予定している美少女ゲームの定額制クラウドゲーミングサービス「OOParts」(オーパーツ)のβ版がリリースされた。(2019/11/22)

AR対応の「Minecraft Earth」、アーリーアクセス版が日本でプレイ可能に
「Minecraft Earth」のアーリーアクセス版(iOS/Android)が、日本でのプレイに対応。ARの技術を活用し、現実世界に建築物をオーバーレイして遊べる。β版にはなかった、仲間と協力プレイできる「アドベンチャー」機能と新キャラクターが追加。(2019/11/21)

スマートホーム:
最短15秒でエネルギー製品の導入効果を試算可能に、「エネがえる」の新バージョン
国際航業がスマートハウスや住宅用蓄電システムの販売支援ツール「エネがえる」のメジャーアップデート版(Ver.4)のβ版サービスを公開。無料プランの追加、診断速度の高速化などのアップデートが行われている。(2019/11/20)

Oculus QuestをPCとつなぐ「Oculus Link」β版公開 利用可能なGPUは限定的
予告通り、11月の公開に間に合わせたが、使えるGPUはNVIDIAの上位モデルのみ。(2019/11/19)

「GitHub for mobile」β版公開 スマホでコードレビューなど可能
モバイルアプリ「GitHub for mobile」(iOS)のβ版が登場。数行程度のコードのレビューやプルリクエストのマージなどをスマートフォン上で行える。(2019/11/14)

「5年後には半数以上のやり取りがモバイルアプリ経由に」とフリードマン氏:
GitHubが無料モバイルアプリ「GitHub for mobile」を発表
GitHubは2019年11月13日(米国時間)、サンフランシスコで開催中の「GitHub Universe 2019」で、モバイル端末に最適化した無償のGitHubアプリ、「GitHub for mobile」を発表した。まずiOS版のβを同日提供開始、(2019/11/14)

「Twitch Studio」β版、誰でも利用可能に
Amazon.com傘下のゲーム実況サービスTwitchが、初心者でも簡単に実況を開始できる「Twitch Studio」のβ版を一般に公開した。Windows 7以降のPCで利用できる。Mac版も開発中だ。(2019/11/13)

Adobe MAX 2019:
「Adobe Illustrator」にiPad版登場 2020年リリース予定
Photoshopに続き、「Adobe Illustrator」にiPad版が登場する。「Adobe MAX 2019」に合わせてβ(ベータ)テストを開始し、2020年内に製品版をリリースする予定だ。(2019/11/4)

Adobe MAX 2019:
iPad版「Photoshop」が製品版に 「Fresco」(旧・Project Gemini)はWindows版登場
「Adobe MAX 2018」でβ(ベータ)リリースされたiPad版「Photoshop」が、製品版に移行。iPadにUIを最適しつつもデスクトップ版とおおむね同等の使い勝手を実現した。Photoshopと連携するペイントアプリ「Fresco」にはWindows版が登場する。(2019/11/4)

オンラインで中古iPhoneを査定できる「Belong買取」β版が登場
Belongは、中古iPhoneをオンラインで査定できるサービス「Belong買取」のβ版をリリース。約6分で正確な査定金額を把握できるというツールを使用し、本人確認もオンラで完結する。(2019/10/23)

Steamのローカルマルチプレイゲームをオンライン化 「Steam Remote Play Together」がβ版始動
ホストがフレンドをゲームに招待する形式で、ゲスト側はゲームを所持していなくとも遊べます。(2019/10/22)

2019年11月に正式リリース予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.7」のβ版を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.7」のβ版を公開した。オプショナルチェイニングの実装が目玉だ。nullish coalescing演算子の導入の他、「--declaration」と「--allowJs」を組み合わせて使えるようになるなど、多数の新機能を提供する。(2019/10/7)

「Googleアシスタント」でMicrosoftの「Xbox One」操作が可能に(まずは英語版で)
Microsoftの「Xbox One」を英語版の「Googleアシスタント」で操作できるようになった。まだβ版だが、年内にサポート言語が増える見込み。Google Homeやホームアプリに「ヘイGoogle、XboxでGear 5をプレイ」などと命令できる。(2019/9/27)

Mozilla、復活「Test Pilot」でプライバシー保護拡張機能「Firefox Private Network」のβ版公開
MozillaがCloudflareとの協力により、カフェなどの無料Wi-Fi接続時に暗号化したネットワークを使うための拡張機能「Firefox Private Network」のβ版を米国で公開した。(2019/9/11)

Webブラウザ「Vivaldi」のAndroid向けβがGoogle Playストアに登場
Operaの創業者で元CEOのヨン・フォン・テッツナー氏が立ち上げたWebブラウザー企業Vivaldiが、Andrdoid版「Vivaldi」をβリリースした。デスクトップ版と連携し、「スピードダイヤル」やメモなどの機能も使える。(2019/9/10)

Windowsフロントライン:
Chromium Edgeで何が変わる? 2020年のWindows 10
Windows 10の標準ブラウザが「Edge」から「Chromium Edge」に切り替わる。そのβチャンネルが公開され、徐々に方向性が見えてきた。(2019/9/6)

組み込み開発ニュース:
ラズパイとコンテナを使ったOTAが容易に、GitHubがCI/CD機能を提供
ギットハブ・ジャパンは、米国本社のGitHubが2019年8月8日にβ版を発表した新機能「GitHub Actions」について説明。最大の特徴は、CI/CD機能の搭載で、Linux、macOS、Windowsなど任意のプラットフォーム上での開発からテスト、デプロイまでのプロセスを容易に自動化できるとしている。(2019/9/5)

VLOOKUPの制約を克服:
Microsoft、Excel関数「XLOOKUP」を発表、「VLOOKUP」の後継
Microsoftは、新しいExcel関数「XLOOKUP」を発表し、β版を提供開始した。「VLOOKUP」や「HLOOKUP」の後継となる関数だ。併せて「XMATCH」関数も発表した。(2019/9/4)

ADのクラウド展開に役立つサービス:
Google、「Managed Service for Microsoft Active Directory」のパブリックβ版を提供開始
Googleは、Google Cloud Platform(GCP)の新サービス「Managed Service for Microsoft Active Directory」のパブリックβ版の提供を開始した。オンプレミスとクラウドにまたがったドメインコントローラーの構成とセキュリティ確保が容易になるという。(2019/9/2)

あの「Netflixのゲーム版みたいなサービス作った」がついに本格始動! 10月からβサービス開始、定額制で過去の名作美少女ゲームが遊び放題に
2019年冬の正式リリース時には、少なくとも100タイトルの提供を目指しているとのことです。(2019/8/30)

MVNOに聞く:
なぜβ版でスタート? 独自プランは? IIJに聞く「eSIM」戦略
国内のネットワークを使った初のeSIMサービスが、IIJから登場した。当初はβ版という位置付けで、料金プランは月額契約が必要な「ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」のみ。なぜ、このタイミングでコンシューマー向けサービスの提供にかじを切ったのか?(2019/8/22)

次期バージョン「Edge」のβ版がリリース、脆弱性発見者に最大3万ドルの賞金
次期バージョン「Edge」のβ版がリリースに併せて、外部の研究者から脆弱性報告を募る「Microsoft Edge Insider Bounty Program」が発表された。脆弱性の発見者には賞金を贈呈する。(2019/8/21)

NVIDIAのストリーミングゲームサービス「GeForce NOW」はAndroid端末でもプレイ可能に
NVIDIAは、β提供中のストリーミングゲームサービス「GeForce NOW」が、PC、MacだけでなくAndroid端末もサポートすると発表した。データセンターへの「NVIDIA RTX Server」導入で、非力な端末でも低レイテンシでゲームを楽しめるようになる見込みだ。(2019/8/20)

ふぉーんなハナシ:
“L”再び――iPhone XSでIIJmioの「eSIM」を使ってみよう(設定編)
インターネットイニシアティブ(IIJ)が、β版ながら個人向けのeSIM通信サービスを始めました。使ってみないわけには行かないので、IIJの協力のもと試してみることにしました。この記事では、iPhone XSで通信できる状態にまで持って行きます。(2019/8/18)

InstagramストーリーズのARエフェクトを作成・公開できる「Spark AR」がパブリックβに
Facebookが、InstagramストーリーズのARエフェクトを誰でも作成・公開できる「Spark AR」がパブリックβになった。(2019/8/14)

Twitch、PC用ブロードキャストアプリ「Twitch Studio」をβ公開
Twitchが、PCでのブロードキャストのための統合型配信アプリ「Twitch Studio」のβ版を公開した。サードパーティーのサービスを使わずに、シームレスにTwitchでのゲーム実況が可能になるとしている。(2019/8/9)

GoogleマップのARナビ「Live View」がβになり、iOSでも利用可能に
AndroidおよびiOS版「Googleマップ」に、ARナビゲーション機能「Live View」がβ版として追加された。カメラに映したリアルな周囲の風景の矢印などを見ながら目的地までたどり着ける。「ARCore」あるいは「ARKit」サポート端末にローリングアウト中だ。(2019/8/9)

AWS、SlackとAmazon Chimeで使えるチャットbotのβ版を提供開始
AWSが、コラボレーションツールの「Slack」あるいは「Amazon Chime」で使えるチャットbot「AWS bot」の提供を開始した。チャットルームでアラートを受け取れる。(2019/7/26)

ジェネレータの厳密な型チェックなどを改善:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.6」のβ版を公開
Microsoftはオープンソースプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.6」のβ版を公開した。ジェネレータとイテレータでの型の扱いが改善されてしている。(2019/7/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。