“完全0円”の格安SIMはサービスとしての「持続可能性」はあるのか?Mobile Weekly Top10

» 2024年07月06日 12時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2024年6月27日から2024年7月3日までの7日間について集計し、まとめました。

みんギガ 月額料金は0円で、アンケートに1回答えると0.5GB(500MB)のデータ通信容量がプレゼントされる「みんギガ」

 アクセス数の1位は、BAKERUが提供するMVNOサービス「みんギガ」に関する記事でした。

 みんギガは、mineoでおなじみのオプテージがMVNEとしてBAKERUに回線を提供する「B2B2C」サービスであることも特徴ですが、契約事務手数料や月額料金が0円で、通信容量はアンケートに答えることで得られるというスキームをとっています。まずはβサービスの提供が始まった……のですが、想定以上の申し込みがあったようで、現在は新規申し込みの受付を中断しています。

 「完全無料」というと、かつての「0 SIM」を思い出します。0 SIMは雑誌の付録として始まったものが正式サービスとなり、音声SIMの提供も始まりました。しかし「モバイル通信の選択肢が増える中で、一定の役割を果たした」として、2020年8月31日をもってサービスを終了しました。

 また、一部プランで「完全無料」だった「donedone(ドネドネ)」のことも忘れられません。こちらも「今後も利用者に満足してもらえる状態でサービスを継続していくことが難しい状況と判断」されたため、2023年8月31日をもってサービスを終了してしまいました。

 まだβサービスということもあり、みんギガがどのようなサービスを展開していくのか未知数な点もありますが、完全無料から使えるMVNOサービスは「三度目の正直」という面があります。果たして“持続可能性”のあるサービスとして提供できるのかどうか、注目したいです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー