ニュース
» 2010年08月26日 07時32分 UPDATE

Adobe、Shockwave Playerの深刻な脆弱性を修正

最新版の「Shockwave Player 11.5.8.612」では全部で20件の脆弱性を修正した。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは「Shockwave Player」の最新版となるバージョン11.5.8.612を8月24日付で公開し、多数の深刻な脆弱性に対処した。

 同社のアドバイザリーによると、Shockwave Player 11.5.8.612では全部で20件の脆弱性を修正した。そのほとんどが、任意のコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性となっている。

 脆弱性はShockwave Player 11.5.7.609までのバージョンに存在し、Windows版とMac版の両方が影響を受ける。Adobeはユーザーに対し、最新版にアップデートして脆弱性を解決するよう呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ