レビュー
» 2010年09月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:暗号2010年問題への対応 徹底解説!【技術者向け速習コンテンツ】

昨今メディアでも話題のネット暗号の「2010年問題」に備え、企業のシステム担当者はいつまでに、何をすればいいのだろうか?【30分間】で日本ベリサインが分かりやすく解説する(提供:日本ベリサイン)。

[PR/ITmedia]

■暗号の「2010年問題」とは、どんな問題なのか?

SSLサーバ証明書は、コンピュータ技術の進歩に伴って進化してきた。そのため新しい暗号化技術はまず解読されることはないものの、古い技術の一部は、コンピュータの性能向上によって解読される可能性があると言われている。

米国標準技術研究所が「現在使われている暗号方式の一部について、2010年の終わりまでに、より安全性の高いものに切り替える必要がある」と公表したことから注目されるようになった。これが、暗号の「2010年問題」だ。

■企業のIT担当が「2010年問題」で取り組むべきアクションとは?

システム管理者にとって、「2010年問題」は重要な意味を持つ。なぜなら、企業内のサーバやブラウザの検証計画の立案や対策の実施など、取り組むべき事柄がいくつかあるためだ。本コンテンツでは「2010年問題」の背景から、対応に際してサーバ管理者が注意すべき事柄までコンパクトに紹介している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -