ニュース
» 2010年11月16日 14時36分 UPDATE

Firefoxに新たな脆弱性情報、Mac OS Xに影響か

Firefox最新版に存在するDoSの脆弱性は、Mac OS X 10.6.5にも影響を及ぼすもようだ。

[ITmedia]

 米セキュリティ機関のSANS Internet Storm Centerは11月15日、MozillaのWebブラウザの最新版「Firefox 3.6.12」の脆弱性に関する情報が出回っていると伝えた。

 それによると、Firefox 3.6.12にリモートからサービス妨害(DoS)を誘発できてしまう脆弱性があり、この脆弱性を突くエクスプロイトコードが多数のWebサイトに掲載されているという。

 問題のエクスプロイトコードは、最新版のMac OS X 10.6.5にも影響を及ぼすもようだ。SANSのサイトにはその様子を示したスクリーンショットが掲載されている。

関連キーワード

脆弱性 | Firefox | Mac OS X | SANS


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -