ニュース
» 2010年11月29日 15時45分 UPDATE

【雨天炎天】 ITmedia エンタープライズ時評:経済発展と地図の需要、NECが地図作成支援ソフトを中国で販売する

NECと日電有限公司が中国で地図作成支援ソフトを販売する。経済発展によって道路や建物の建設案件が急増、それに伴い、地図の需要が増加しているのである。

[谷古宇浩司,ITmedia]

 「行くたびに街の風景が変わる。変化のスピードがすごい」と友人は驚きを隠さない。中国の話である。海外取材でも中国に行くケースが増えた。中国の経済発展はわたしたちのビジネスに大きな影響を及ぼす。

 経済発展に伴い中国では、道路や建物の建設案件が急増している。都市計画を立てるには、新しくて精密な地図が必要だ。

 NECと日電有限公司は11月29日、地図作成を支援するソフト「RealScape」を中国市場で販売すると発表した。「RealScape」は航空写真のすべてのピクセルを高速画像処理することで、土地や建物の精密な高さを求めることができるソフト。1カ所の異なる時期の航空写真を処理し、自動的に経年変化箇所を抽出することで、土地利用の変化や災害の被災箇所を正確に把握できる。

 NECは、国家測絵局(日本の国土地理院に相当)や国土資源関連部署などの公共機関、カーナビメーカーなどの民間企業に「RealScape」を販売する予定。同社によると中国では、防災計画立案に必要な高精度地図の需要が増加しているほか、カーナビの普及で民間企業による地図利用も増えているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -