レビュー
» 2010年12月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows VistaおよびWindows Server 2008アプリケーション互換性解説書

Windows VistaおよびWindows Server 2008におけるアプリケーションの非互換性に関する既知の問題の概要を説明する。詳細については、ホワイトペーパーなど開発者向けガイダンスへのリンクを記載(提供:マイクロソフト)。

[PR/ITmedia]

 Windows VistaおよびWindows Server 2008には、世界中のアプリケーション開発者や企業によって使用される、次世代オペレーティングシステムテクノロジおよびソフトウェア開発プラットフォームが導入されています。Windows VistaおよびWindows Server 2008のセキュリティおよびユーザーエクスペリエンスの拡張の一環として、新機能が多数導入され、既存の機能が改善されました。

 Windows VistaおよびWindows Server 2008は、Windows XP、Windows Server 2003、およびそれらのService Pack用に作成されたほとんどのアプリケーションと高い互換性を持っていますが、革新的な新機能、セキュリティの強化、信頼性の向上によって互換性が損なわれてしまう部分がないとはいえません。

 このホワイトペーパーは、アプリケーション開発者がアプリケーションの互換性の検証方法を理解するための第一歩となります。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -