レビュー
» 2011年01月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバ台数50%削減を実現する、データセンターコスト削減の極意

サーバの無秩序な増加によるデータセンターのコスト増に対し、その機能を専用機にオフロードすることで大幅な改善が期待できる(提供:シトリックス・システムズ・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 データセンターをスケールアップする最も単純な近道は、サーバを追加することだ。その反面、サーバ台数の無秩序な増加は、管理コストだけでなく、昨今の社会的問題であるエネルギーコストの増大へとつながりかねない。

 この原因は、無数のクライアントから寄せられるリクエストを処理するに当たって、サーバに期待される本来のサービス提供以外の処理にCPUが忙殺されることにある。整然とした使いやすいWebアプリケーションであればあるほど、その画面はたくさんの部品で構成され、1ページ分のデータを受け取るには、何十回、あるいは何百回ものリクエストと応答のやりとりがクライアントとサーバ間で行われる。また、暗号化処理をともなうSSLの使用もCPUには負担となる。このような処理を専用に設計されたOSとハードウェアを持つ専用機に肩代わりさせることで、サーバは本来の処理に多くのCPU時間を利用でき、サーバの無秩序な増加を避けることができるのだ。

 本ホワイトペーパーでは、データセンター運用におけるコスト増大要因を整理するとともに、サーバ台数の50%削減も可能になるデータセンターインフラ構築テクノロジーを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -