レビュー
» 2011年04月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:郊外型データセンターがもつ4つの強み

昨今、都内の一等地に安価なデータセンターが設けられることが珍しくない。確かに近隣にあることで「安心」を得ることはできるが本当にそうであろうか。ここでは、郊外型だからこそ叶うポイントを紹介する(提供:丸紅情報システムズ)。

[PR/ITmedia]

 昨今の市況の中、コスト削減施策の一環としてデータセンターの見直しが行われている。確かにコスト削減施策の優先順位は高いと思うが、その上をいく重要事項を見落としてはいないだろうか。

  • 強固な地盤にある施設
  • 液状化懸念の払拭
  • 技術スタッフの常駐化が可能にする高品質なサービス
  • ニーズにあったスペース/電源の確保

 危機管理対策は講じられているとはいえ、これらすべてをクリアすることは譲れないであろう。更に、フルアウトソースの実行にしてTCOの削減までが実現すると心強いはずだ。

 本ホワイトペーパーではコスト削減は前提として、郊外型とはいえ1時間圏内の多摩地区で実現できる最新のデータセンターサービスを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -