ニュース
» 2011年04月04日 15時20分 UPDATE

スマートフォン対応を強化:日本技芸、Google Apps拡張サービス rakumo カレンダー2011の提供開始

いつでも、どこでも、どのプラットフォームからも、スケジュールを確認・更新できる。

[鈴木麻紀,ITmedia]

 日本技芸は4月4日、Google Apps for Business(以下Google Apps)の主要機能の1つであるGoogleカレンダーを、グループカレンダーとしてスマートフォンからも利用できる機能「rakumoカレンダー2011」の提供を開始した。

 東日本大震災以降、自社内にIT設備を必要とせず、大規模な停電や交通機関のまひなどのトラブル時にも場所を選ばずに作業できるクラウド型サービスに関心が集まり、中でも低価格ながら強力なスパム対応機能のあるGmailやGoogleカレンダーを利用できるGoogle Appsを導入する企業が増えている。

 しかし日本の企業では、組織体系と連携した個人、グループ(部署)単位でスケジュールを閲覧、作成することが一般的で、いわゆるグループカレンダーとして使用するにはGoogle Apps標準のカレンダー機能は十分ではないと捉えられてきた。

 rakumoカレンダー2011は、Google Appsのカレンダー機能にチームやグループでのスケジュール管理や設備予約の使いやすさを加え、日本企業の業務生産性の向上に役立つことを目指した。

 また、今まで実現が難しかったスマートフォンでの複数ユーザの同時スケジュール表示を可能にし、PC版で使い慣れたユーザグループをスマートフォンでも利用できるようにした。

rakumo.jpg PC、iPhone、Androidのrakumoカレンダー画面。いずれからも同じ情報にアクセス・更新できる。

 月額利用料は、105円(税込)/1アカウント(Google Apps for Businessライセンス料除く)。今後も、追加費用のない継続的なサービスアップデートを行うという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ