ニュース
» 2011年05月18日 08時05分 UPDATE

調査レポート:クラウド導入済み組織の65%が「期待通りの効果を得た」と回答――あずさ監査法人調べ (1/2)

あずさ監査法人が企業や教育機関などを対象に実施した調査では、18%の組織がクラウドを導入し、65%の組織が「期待通りの効果が得られた」を回答した。

[國谷武史,ITmedia]

 あずさ監査法人は5月17日、企業や教育機関などを対象に実施したクラウドコンピューティングに関する調査の結果を発表した。クラウドを導入済み、もしくは導入中・検討中の組織は62%に上り、導入済み組織の65%が「期待通りの成果が得られた」と回答した。

 クラウドの導入済みの組織は全体の18%で、導入中および導入予定は9%、検討中は35%だった。導入目的は「ITコストの削減」(79%)が最も多く、以下は、「システムやシステム管理の簡素化」(55%)、「セキュリティや事業継続性の向上」(37%)、「スケ―ラビリティ」(36%)の順だった。想定リスクには、「情報の漏えいや改ざん」や「ベンダーの破綻や事業からの撤退」との回答が目立っている。

azusa001.jpg クラウドコンピューティング導入・検討に際して、どのような目的または効果を想定しましたか(複数選択) [出典:あずさ監査法人]

 導入形態では、プライベートクラウドがパブリッククラウドをやや上回り、サービスの提供形態では「SaaS」76%で最多を占めた。クラウドを基幹業務システムに適用(予定や検討中を含む)している組織は33%で、対象業務は「財務会計」(61%)、「受注・販売」や「発注・購買」(ともに52%)、「営業管理」(40%)など。一方、不安事項ではパフォーマンスの低下を懸念する回答が」が多かった。

azusa002.jpg クラウドコンピューティング適用の対象となる基幹業務は(複数選択可) [出典:あずさ監査法人]

 クラウドベンダーの選定や管理について。選定で重視する点は「コスト」(79%)や「実績」(66%)、「情報セキュリティ対応」(62%)が上位を占めた。クラウドベンダーの監視では、「自社による内部監査や評価」が54%、「クラウドベンダーの自主監査や自主点検」が36%、「第三者による監査や評価の報告書」が25%となった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -