レビュー
» 2011年05月25日 12時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ROIで実証された、予測分析アプローチによる意思決定

常に変動する市場ニーズに対応するには、過去、現在の分析だけではなく、将来何が起こりうるのか、そして何をアクションすべきなのかの一助になる予測分析が不可欠となった。予測分析アプローチの有用性は、IDCが調査したROIの数値からも明確となった(提供:日本アイ・ビー・エム)。

[PR/ITmedia]

 145%。これは予測分析テクノロジーを取り入れたプロジェクトのROI中央値である(IDC社調べ)。それに対して予測分析テクノロジーを取り入れていないプロジェクトは89%。つまり多くのプロジェクトが投資を回収できていない状況である。このことからも予測分析がビジネスに与えるインパクトは明白である。

 本ホワイトペーパーでは、予測分析がなぜ有用なのかを示すとともに、銀行、保険、電気通信、小売、流通、工業、公共セクターなどの業界別に予測分析アプローチを解説。どのような場面で活用できるかを具体的に理解することができる。

 この予測分析をより高度に実現するIBM SPSSソフトウェアも併せて紹介。多彩な製品ポートフォリオや多くのスクリーンショットで見る各種機能も同時に理解できる構成となっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -