レビュー
» 2011年08月18日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:徹底検証!! ディスクI/Oから見たデスクトップ仮想化のテスト結果を公開−VMware View編

デスクトップ仮想化(VDI)導入でストレージサイジングは重要なポイントの一つです。お客様自身による実機を利用した検証が困難なストレージ筺体ごとのデスクトップ統合率を計測したホワイトペーパーをご紹介します(提供:デル)。

[ITmedia]

デスクトップ仮想化「VMware View 4.5」の導入には、将来のストレージ需要の予測が困難なことからストレージ仮想化技術を備えたスケーラビリティの高いストレージを選択するケースが多くなります。サーバ上でデスクトップの統合率を検証されるお客様は増えてきておりますが、実機を利用したストレージの詳細な検証作業は困難です。このホワイトペーパーでは、必要なIOPS性能を維持しながら、EqualLogic SANが何台のデスクトップまでサポートできるか調査しました。

性能特性テスト結果のあとには、ストレージサイジングのガイドライン(リンククローンデスクトッププールの所要量の計算、ストレージ容量のサイジング)や、ベストプラクティスをまとめてご紹介しています。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -