ニュース
» 2011年09月10日 12時00分 UPDATE

オルタナブログ通信:ジョブズCEO辞任に見るリーダーの去り方 (1/3)

約250人のブロガーによってITにまつわる時事情報などが、日々、発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今回は、「Windows Phone」「ジョブズ」「スマートフォン」などを紹介しよう。

[森川拓男,ITmedia]

Windows PhoneはSNSのマッシュアップ機?

chiba_masami.jpg

 People Hubは人を軸に情報が集まっているのです。

 People Hubって!?:パティシエを目指していたサミーの営業日記


 8月25日、auから最新OS7.5を搭載したWindows Phoneが発売された。砂金信一郎氏「Azureの鼓動」のもうひとつの戦い。昨日発売のWindowsPhoneはV作戦シナリオで完勝?で触れられたように、「最新OS7.5を搭載した端末としては世界で1番早い発売」だ。

 発売直前に行われたイベントの模様が、に参加した千葉雅美氏「パティシエを目指していたサミーの営業日記」のPeople Hubって!?で紹介された。イベントは、「同世代の女子4人が集まり、Windows Phoneを触りながらどういったシーンで使うか? どんな活用ができるか? これまでのスマートフォンとの違いは? などについて意見交換」するというものだった。

 「ファッションの一部として持ちたいね! と、ガールズトークならではの視点」で話が盛り上がり、「ソーシャルを使いこなす人にとってはうれしい」機能「People Hub」が注目を浴びた。これまでは、「Facebook、Twitter、メールなど、使うもの毎にアプリを立ち上げてチェック」していたが、「People Hubは人を軸に情報が集まっている」という。「アドレス帳を開き、連絡したい人を見ると、そこにすべての情報が集約している! 相手の連絡先はもちろん。FBなどでのやりとり、相手の最新のつぶやき・・・などが一目瞭然」だという。複数のソーシャルメディアを活用している人ならば、役立ちそうではないか。逆に言えば、「ソーシャルを使っていない人にとっては、あまりメリットを感じられない」可能性もあるが……。

 そもそも、Windows Phone 7.5は、どのように使うものなのかを考察したのが、坂本史郎氏「坂本史郎の【朝メール】より」のWindows Phone 7.5は「SNSマッシュアップ機」という概念で理解できるというエントリー。「メールやウェブやYoutubeを見るのであればAndroid端末やiPhoneで充分です。TwitterやらFacebookなども、普段使い慣れているアプリの方が安心感」があるのに、「それらが全部無い」という。「とっつきづらいのです。なかなか使えるようにならない」というのだから、厄介だ。

 しかし、先の千葉氏はそんな感想を述べていない。坂本氏は、なぜとっつきづらく感じたのだろうのか。

 「iPhoneは初代機デビューから4年経っています。乱暴な言い方をすれば、Android機は概念的にiPhoneのUIをヒントに、それを一部発展させたものです。故に、iPhoneもAndroid機も基本的な設計が古い」。これに対して、「Windows Phoneは、それまでのWindows Mobile 6.5までが大不成功機種であったために、過去の資産に引きずられることなく、ゼロから設計ができた」ため、新しいのだという。そして、「この4−5年で(中略)SNSが世界中で広く使われ始めた」ことが大きいという。すなわち、「設計時期が新しい分『SNSありき』で設計されています。故に、FacebookやらTwitterやらのSNSからデータを自動取得して、マッシュアップしてユーザーに電話の基本機能として見せているのです。いわば『SNSマッシュアップ機』」なのだ。「1サービス1アプリという設計のiPhoneやAndroid端末とは違う概念」を持っていることを、坂本氏はとっきづらく感じ、千葉氏は心地よく感じたのだろう。

 確かに、「ブラウザーやiPhoneのアプリでも同じことはできる」ものの、「行ったり来たり、手順が多数かかったり、知識を要したり」していた。それに対して、「機能としてSNSを取り込んでいるのが、Windows Phoneの新しいところ」なのだ。

各種イベント花盛り

 今回の「オルタナブログ通信」は、8月25〜31日にかけて「オルタナティブ・ブログ」へ投稿されたエントリーの中から、先に紹介した「Windows Phone」のほか、「ジョブズ」「スマートフォン」といったテーマについて紹介する。読者がオルタナティブ・ブログを読む際の参考にしてほしい。

 それではオルタナティブ・ブログの投稿状況グラフを見ていただきたい。

graph20110901.gif 8月25〜31日を最新としたオルタナティブ・ブログのステータス

 前回と逆に、投稿されたブログ数が減ったにもかかわらず、エントリー総数が増えている。この1週間で複数エントリーを書いたブロガーが多かったようだ。そして8月26日には、高橋大輔氏「enjoy yourself」が、新ブロガーとして登場した。今後の投稿に注目したい。

 では次に、キーワードランキングからオルタナティブ・ブログの投稿状況を分析してみたい。

順位 キーワード(カテゴリー) エントリー数 先週順位
1 ビジネス 83 →(1)
2 社会 50 →(2)
3 イベント 39 ↑(5)
4 グローバル 27 →(4)
5 本・書評・出版 23 ↓(3)
6 雑感 20 ↑(7)
7 Twitter 18 ↑(9)
8 ストリーミング・動画 15 ↓(6)
モバイル 15 ↑(16)
10 ソーシャルメディア 14 ↓(7)

 夏に行われたもののほかに、秋に開催予定の告知なども含め「イベント」関連エントリーが3位に再浮上した。「本・書評・出版」は5位に落ちたものの、エントリー数自体はほとんど変わりない。ベスト10以下には、11位に「マーケティング」、12位に「音楽」、13位に「ジョブズ」と続いている。

 それでは、8月25〜31日に、どのような話題をオルタナブロガーが取り上げてきたのか、振り返ってみよう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -