ニュース
» 2011年09月12日 08時30分 UPDATE

Appleも不正証明書問題に対応、Mac OS Xのアップデート公開

AppleがMac OS X v10.6とOS X Lion v10.7のセキュリティアップデートを公開し、DigiNotar関連の証明書を失効させた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは、Mac OS X v10.6とOS X Lion v10.7のセキュリティアップデートを9月9日付で公開し、オランダの認証局DigiNotarから不正なSSL証明書が発行されていた問題に対処した。

 Appleによると、「セキュリティアップデート2011-005」はMac OS X v10.6.8とv10.7.1が対象。信頼できるルート証明書およびExtended Validation(EV)証明書発行機関のリストからDigiNotarを削除し、DigiNotar関連の認証局が発行した証明書の効力を失効させた。

 この問題では既にGoogle ChromeとFirefoxの更新版が公開され、MicrosoftもWindowsの更新プログラムで対処している。

関連キーワード

Apple | デート | DigiNotar | SSL | サーバ証明書


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ