ニュース
» 2011年11月02日 13時30分 UPDATE

HP、ARMベースの省電力サーバプロジェクト「Moonshot」を発表

HPが、従来のサーバ向けプロセッサより消費電力が10分の1というARMベースのプロセッサを搭載するサーバ開発プロジェクトを立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は11月1日(現地時間)、省電力サーバ開発プラットフォームプロジェクト「Moonshot」を立ち上げたと発表した。プロセッサメーカーの米Calxedaと共同でARM Cortexベースのサーバ向けプロセッサを開発中という。クラウドサービスやオンデマンドコンピューティング向けの“ハイパースケールな”環境の提供を目指す。

 同プロジェクトで採用する「Calxeda EnergyCore」のプロセッサ当たりの消費電力は1.5ワットと、現行のほとんどのサーバプロセッサの10分の1以下になるという。ベースになっているARM Cortexは携帯電話のプロセッサとして採用されることが多く、米AppleのiPad 2のCPU「A5」もCortex-A9をベースにしているとみられている。

 HPが同プロジェクトの下で開発しているサーバプラットフォーム「Redstone Server Development Platform」のシステムは、7インチのシャーシに288のCalxedaサーバを搭載し、1ラックで従来の700台のサーバに相当するスループットを提供するという。同サーバは2012年前半に提供を開始する計画。将来的には米IntelのAtom搭載版も開発する見込みだ。

 hp HP Redstone Development Platform

 HPはこのプロジェクトにより、データセンターは従来のサーバと比較して最大で89%の省電力、94%のスペース削減、63%のコスト削減を実現できるとしている。

 同社はMoonshotプログラム推進のため、顧客のRedstoneサーバ採用を支援する「Discovery Lab」を欧米、アジアに開設する。最初のラボは、2012年1月にテキサス州ヒューストンに設置する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -