レビュー
» 2011年11月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:何から始める? DR対策とBCMS導入のススメ

DRをゼロから考えたい。BCPを有効に機能させたい。これらを実現する為には、「手段」より先に考えるべきことがある。業務継続のミッションを抱えるシステム部門へ送る、「BCMS」導入の手引き(提供:日商エレクトロニクス)。

[PR/ITmedia]

 先の東日本震災では、震源から遠く離れた東京でも多くの企業が機能不全に陥った。そもそもDR対策をしていない企業は勿論、DR対策は機能したものの、運用面で問題が生じ結果的に業務が中断に追い込まれた企業は多い。

 DRを有効に機能させるには、システムのDR対策と共に、指揮系統や人員配備といった体制の整備が欠かせない。これらは「事業継続計画」(BCP)として、策定に取組む企業が増えている。

 更に最近では、このBCPの有効性を継続的に高める手法として、「事業継続マネジメントシステム」(BCMS)に大きな注目が集まっている。事業を継続させるため、システム部門はいかに周囲の理解と協力を取り付けるのか。今回は「BCMS」をキーワードに、必要な枠組みをご紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -