レビュー
» 2011年12月28日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:有事における仮想化、クラウドの価値―災害時の業務継続、省電力を実現するインフラの構築―

システム規模や内容によって、求められる業務継続性のレベルはさまざまである。本資料では、それぞれのレベルに応じた仮想化観点での災害対策/省電力化の実現と、対応するVMware製品・技術についても合わせて紹介する。

[PR/ITmedia]

 今日、事業継続性の確保と省電力化は企業の緊急課題となっている。しかし、データのバックアップからリアルタイムレプリケーションによるデータセンタレベルのディザスタリカバリまで、システムの規模や内容によって、求められる業務継続性のレベルはさまざまである。

 そこで、それぞれのレベルに応じた災害対策と省電力化の実現を、仮想化の観点から活用事例を交えて紹介する。 また、対応するVMware製品・技術についても合わせて紹介する。

■仮想化によるシステム統合で消費電力を抑制サーバを仮想化することにより、サーバ台数を削減し、サーバの消費電力削減に留まらず、空調電力やネットワーク設備電力を抑制

■仮想化による災害対策の実現

仮想化を用いた災害対策システムで、リカバリの手順を簡素化したプロセスを作成することでヒューマンエラーを回避。また、システムを止めずにテストが可能。

 さらに、仮想マシンでシステムを作り運用することで、プライベート/パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなど災害対策の選択肢を広げることが可能

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -