ニュース
» 2012年01月10日 16時24分 UPDATE

富士通、興行主が自らチケット販売できる「票券管理SaaS」発売 N響が採用

富士通は、興行主が自社サイトで映画や音楽などのチケットを販売・管理できるようにするサービスをSaaSで提供。セブン-イレブン店頭でのチケット発券・代金収納にも対応。

[本宮学,ITmedia]

 富士通は1月10日、クラウド型のチケット販売管理サービス「票券管理SaaS」を発売した。興行主が映画、音楽、スポーツなどの各種チケットを自社サイト上で販売・管理できる仕組みを、SaaS型で提供する。申し込みから最短3日で導入でき、価格は個別見積もり。

 興行主が同サービスを活用して自前でチケット販売を行うことで、委託販売でプレイガイドに支払う手数料が不要になり、収益の改善につながるとしている。また、購入者の会員情報や購買履歴データなどを一元的に管理・分析できるようになり、会員の趣味嗜好に合わせたダイレクトマーケティングにも活用できるとしている。

 チケットはクレジットカード決済のほか、全国のセブン-イレブン店頭での発券と代金収納にも対応する。

 昨年11月からNHK交響楽団が先行導入し、一部オンラインでのチケット販売を始めている。

photo チケット販売の流れ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ