レビュー
» 2012年01月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Javaの進化を先取る、最新Webアプリケーションサーバの新機能とは

世界で1万9000社が採用するWebアプリケーションサーバ「WebSphere Application Server」がバージョンアップした。Java EE 6対応など先進の新機能を盛り込んだ定番Webアプリケーションサーバの新機能を見る。

[PR/ITmedia]

 企業システムの要として、重要性が増しているWebアプリケーションサーバ。多数の製品がある中で、世界で1万9000社が採用し、13年の歴史がある定番製品「WebSphere Application Server」に新バージョンのV8が登場した。

 WebSphere Application Server V8では、Java EE 6をはじめとする多数の標準プログラミングモデルをサポート。さらに前バージョンで稼働していたアプリケーションがほとんどそのまま稼働するなど高い互換性を実現した。多数の新機能を分かりやすく紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -