ニュース
» 2012年02月03日 13時46分 UPDATE

Apache安定版の最新リリース公開、6件の脆弱性に対処

Apache安定版の最新版となる「Apache HTTP Server 2.2.22」が公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 オープンソースのWebサーバソフトApacheの安定版の最新版となる「Apache HTTP Server 2.2.22」が1月31日付でリリースされた。

 Apacheプロジェクトのセキュリティ情報によると、最新版では2.2.21までのバージョンに存在していた計6件の脆弱性に対処した。危険度の内訳は、Apacheセキュリティチームの4段階評価で下から2番目の「Moderate」が3件、最も低い「Low」が3件となっている。

 脆弱性はmod_proxyなどのモジュールやエラーリスポンス処理などに存在し、悪用された場合は権限を昇格されたり、サービス妨害(DoS)攻撃を仕掛けられたりする恐れが指摘されている。

関連キーワード

Apache | 脆弱性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -