ニュース
» 2012年02月20日 07時55分 UPDATE

Firefox 10に新たな脆弱性が発覚、再度のアップデートを公開

脆弱性を悪用された場合、細工を施した画像をユーザーが表示しただけで、攻撃者がリモートから任意のコードを実行できてしまう恐れがあるという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは、WebブラウザFirefox 10の最新版となる「Firefox 10.0.2」を2月17日にリリースした。1月31日にFirefox 10が公開されて以来、2度目のセキュリティアップデートとなる。

 Mozillaのセキュリティ情報によると、Firefox 10.0.2ではlibpngグラフィックスライブラリに存在する整数オーバーフローの脆弱性に対処した。この問題を悪用された場合、細工を施した画像をユーザーが表示しただけで攻撃者がリモートから任意のコードを実行できてしまう恐れがあるとされ、Webサイトや電子メールを使って攻撃を仕掛けられる恐れがあった。

 Firefox 10のほかに、法人向け延長サポート版の更新版「Firefox ESR 10.0.2」および「Firefox 3.6.27」も同日リリースされ、同じ問題が修正されている。

関連キーワード

Firefox | Mozilla | 脆弱性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -