レビュー
» 2012年03月06日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:知らねば損! 1600社が採用するからこそできる、業務効率化に格段貢献するWebワークフローの新機能とは?

1600社以上が採用するワークフロー。数多くある製品の中でなぜExchangeUSEが選ばれているのだろうか? バージョンアップに伴い、業務効率化に役立つ新機能を大幅拡充し、「ほしい!」という思いに応え、使いやすさに徹底配慮したWebワークフローをご紹介。

[PR/ITmedia]

 目まぐるしくビジネス環境が変化する中で、会社全体の業務効率向上のためワークフローシステムの導入が進んできた。しかし、利用する上では提出した稟議書と予算との紐付けに手間がかかったり、申請先の部門はわかるが担当者まではわからない等様々な課題を持つ担当者も多いのではないだろうか。

 富士電機のExchangeUSEワークフローは、従来のERPフロントとしての利用や汎用申請に留まらず、様々な業務プロセスの管理や他システムとの連携を実現する新しいワークフローで、

この夏V10へバージョンアップし、スマートフォンに対応する等、より業務効率化を支援する新機能が豊富に拡充され課題解決が可能だ。

 主な新機能は以下の通りだ。

1.書式間連携

稟議申請における予算申請から実行稟議まで紐付け管理が可能

2.スマートフォン対応

スマートフォンからのアクセスで承認案件の詳細確認及び承認が可能

3.組織や社員の世代管理機能

未来の組織データを予めワークフローに登録し過去に遡り過去の世代で申請や承認が可能

4.多言語対応

基本画面において必要な言語辞書を登録することで多言語での表示が可能

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -