ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワークフロー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

複数の部門や人がかかわる業務の流れ、あるいはそれを図示したり、ルール化したもの。そのルールを基にコンピュータネットワーク上で業務処理や業務支援を行う仕組みをワークフローシステムという。
ワークフロー − @IT情報マネジメント用語事典

機械学習を活用し収益性改善へ:
Xilinx、8Kライブ映像を「よりリアル」に見せる
Xilinx(ザイリンクス)は、次世代の放送用機器と業務用AV機器の用途に向けた同社のソリューションなどに関し、東京都内で記者説明会を行った。(2019/11/13)

インテリジェントプロセスオートメーション入門【前編】
RPAの進化形「インテリジェントプロセスオートメーション」とは 2つの違いは
RPAよりもさらに高度な自動化が可能な、人工技術(AI)技術を組み込んだ「インテリジェントプロセスオートメーション」が台頭しつつある。RPAとは何が違うのか。(2019/11/12)

第14期 第11回出展技術発表会:
圧送管路内に多機能ボールを転がし、漏水や空気だまりの位置を特定
東亜グラウト工業は、米Pure Technologiesが開発した漏水検知技術「スマートボール(SB)・システム」を活用した「SB工法」の普及に努めている。(2019/11/11)

プロジェクト:
三井不動産のロジスティクス事業が加速、船橋の大型物流施設は完成間近
三井不動産は2012年、わずか10人で構成される物流施設事業部を発足し、2015年にロジスティクス本部として独立。2016年に三井不動産ロジスティクスパークとして上場した。2019年10月末時点で、開発を手掛けた物流施設26件(延床面積220万平方メートル)が稼働済みだ。急速に発展を遂げた三井ロジスティクスパークは2019年11月5日、船橋エリアの「街づくり型ロジスティクスパーク」の第2期の完了と第3期の着手を告知した。(2019/11/8)

WP29サイバーセキュリティ最新動向:
自動車メーカーに選ばれるのは、セキュリティを理解したサプライヤーだ
本連載では、2019年9月の改訂案をベースにOEMに課されるWP.29 CS Regulationsのポイントを解説し、OEMならびにサプライヤーが取り組むべき対応について概説する。今回は自動車のサイバーセキュリティに必要な組織づくりや、開発フェーズでのプロセス構築について説明していく。(2019/11/5)

製造ITニュース:
使いやすさを重視した国産PLM、Node-REDで機能拡張の内製も容易
NECは、東京都内で開催するユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」(2019年11月7〜8日)において、使いやすさを重視したPLM(Product Life cycle Management)ソリューション「Obbligato」第4世代の特徴を紹介した。(2019/11/7)

もう悩まない、RPA運用のポイントは【後編】:
RPAで「何でも自動化」が招く深刻な事態――運用トラブルを防ぐために、組織に知っておいてほしいこと
RPAを導入する動きが全国で高まる一方、運用トラブルに悩む組織は多い。意外に知られていない運用のコツを抑え、RPAを安全かつ有効に活用するにはどうすれば良いのか。専門家同士の会話から見えてきた答えとは。(2019/11/7)

3種類のエディタをサポート:
Microsoft、開発環境「Visual Studio Online」のパブリックプレビュー版を公開
Microsoftは、オンデマンドでマネージド開発環境を提供する「Visual Studio Online」のパブリックプレビュー版を公開した。Visual Studio CodeやVisual Studioからも利用可能な他、内蔵のWebブラウザベースのエディタも利用できる。(2019/11/6)

やり直しもできる:
Microsoftが「PowerToys v0.12」を公開、ファイル名の一括変更が容易に
Microsoftは、オープンソースで開発中のパワーユーザー向けWindowsユーティリティー集の最新版「PowerToys v0.12」を公開した。ファイル名変更ツールやウィンドウマネージャーが目玉だ。(2019/11/1)

もう悩まない、RPA運用のポイントは【前編】:
野良ロボ、放置ロボ、暴走ロボ――深刻なRPA運用トラブルはなぜ起こる? 専門家に現状を聞いた
RPAが企業や自治体に広く普及する中、ロボットが「突然止まる」「管理しきれずに暴走」といったトラブルが後を絶たない。深刻なケースの根本にあるという、組織的な原因やRPAに対する「誤解」とは何か。編集部が専門家に聞いた。(2019/11/1)

エンドツーエンドの自動化支援やAI機能を強化:
RPAプラットフォーム「UiPath」の最新版発表、2019年11月から提供へ
RPAプラットフォーム「UiPath」の最新版が発表された。「UiPath Explorer」「UiPath Apps」「UiPath Insights」などの製品ファミリーを追加し、エンドツーエンドの自動化プロセスをサポートする新機能やAI関連機能を強化。自動化プログラムの迅速なスケールアップが可能になる。(2019/11/1)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
ナナメ読みしている資料に数百万円―ーその業務コスト、分かっていますか?
あなたが普段ナナメ読みしている週次レポートや経営報告資料の作成には、実に数百万円のコストがかかっているかもしれません。しかし、今の業務フローを可視化して整理する時間も手段もないからと、改善に踏み切れないケースが多いのも事実。一方、某企業はある方法を実践し、業務プロセスを変えただけで5000時間の業務時間を削減しました。その方法とは。(2019/11/1)

製造ITニュース:
SAPが「SAP Cloud Platform」などの機能強化、データ管理や機械学習に注力
SAPは、「SAP Cloud Platform」「SAP Analytics Cloud」「SAP S/4HANA Cloud」などのビジネステクノロジープラットフォームの機能強化を発表した。(2019/10/31)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO:
スマホ活用の測量システム、レーザースキャナーとの誤差は約3.7%
日立ソリューションズは、現場の生産性向上を目的に、スマートインフラソリューションを展開している。スマートインフラソリューションは、IoTデバイスのデータと空間情報を融合し、作業員や建機の成果や稼働状況を可視化することを目指した事業。活動の一環として、スマートフォンを活用した計測システム「Solution Linkage Survey」を日立建機と開発し、2018年10月にリリースした。(2019/10/31)

BIM:
建築確認申請と施工時のBIM活用に対応した「GLOOBE 2020」を発売
福井コンピュータアーキテクトは、建築確認申請や施工段階でのBIM活用を踏まえた国産BIMソフトウェア「GLOOBE 2020」の最新バージョンをリリースする。(2019/10/30)

製品動向:
トプコン、1台2役の回転式レーザースキャナー搭載型トータルステーション
トプコンは、三次元計測において作業時間と作業人員を半減できる、回転式レーザースキャナー搭載のトータルステーション「GTL-1000」を発売した。(2019/10/28)

経費精算ソフトの成長が著しい:
2023年度には1兆7550億円に拡大 富士キメラ総研が国内ソフトウェア市場調査
富士キメラ総研は、国内ソフトウェア市場の調査結果をまとめた。2019年度の市場規模は1兆3961億円の見込みで、2023年度には1兆7550億円に拡大すると予測する。中でも経費精算ソフトの成長が著しく、2023年度の市場規模は、2018年度比3倍に拡大する見込みだ。(2019/10/28)

Schneider Electricが直面したRPA導入の障壁
電機大手の「RPA」推進チームが、事業部門のRPA導入要請をあえて断った理由
大手電機メーカーSchneider Electricは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の導入を進めている。同社のRPAの導入における障壁と、導入作業が長引く理由、そしてその解決策について説明する。(2019/10/28)

アクセス制御やロボット自体の保護が重要
“危険なRPA”を生まないためにやるべきセキュリティ対策とは?
業務フローの革新を推進するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)。そのセキュリティリスクを管理しなければ、実益よりも損害の方が大きくなりかねない。具体的な対策を探る。(2019/10/28)

「Insert Data From Picture」(画像からのデータ)機能を解説
ExcelのiPhone、Android版に加わった「紙の表をAIでデータ化」する機能とは
iOS版やAndroid版の「Microsoft Excel」に、カメラで撮影した表を自動認識してデータ化する機能が加わった。IT担当者は、有効性のテストとユーザートレーニングができるように、この機能の仕組みを把握すべきだ。(2019/10/27)

CEATEC 2019:
ドローン搭載型MNB測深機「CARPHIN air」を開発、飛行や水上航行などを自動制御
OKI、JR東日本、FPV Roboticsの3社は、ドローンを運ぶことが難しい橋梁や河床における調査の効率化や安全性の向上を目指し、ドローン搭載型MNB測深機「CARPHIN air」を開発した。(2019/10/24)

KubernetesもDockerもGo製
JavaやPHPからの移行も簡単、改めてGo言語がオススメな理由
Goを愛する筆者が、Goの魅力のごく一部を紹介する。JavaやPHPのコーディング経験があるなら移行も簡単だ。(2019/10/25)

サイボウズ、パッケージ版グループウェア「Garoon 5」をリリース カスタマイズ性や使い勝手が向上
サイボウズはパッケージ版グループウェア「Garoon」の最新版「Garoon 5」の販売を開始した。APIの強化、「Office 365」などとの外部連携の拡充、UIの改善など、クラウド版で先行提供してユーザーから高評価を得た新機能を搭載し、カスタマイズ性や使い勝手を向上させた。(2019/10/24)

「出欠確認地獄」よサヨウナラ、Webフォームで「どこでも楽に仕事」をしよう
テレワークにはいろいろなアプローチがある。別にビデオ会議やチャットベースのコミュニケーションばっかりがテレワークではない。筆者が日常的に思うのが「メールで集合の日時や参加者を集計するの、止めません?」ということ。Webベースのフォームサービス活用のお勧めである。(2019/10/24)

「AI」で進化する自動化技術【前編】
RPAでは満足できない企業に贈る「AIによる業務自動化」のすすめ
生産性を向上させる有力な手段が、複数のシステムにまたがる業務や複雑な業務の自動化だ。こうした業務に適用可能な、インテリジェント化が進む業務自動化システムについて詳しく説明する。(2019/10/23)

開発者向けの新しいビューなどを追加:
Red Hat、Kubernetesコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift 4.2」を発表
Red Hatは、Kubernetesコンテナプラットフォームの最新版「Red Hat OpenShift 4.2」を発表した。開発者向けの新しいビューやコマンドラインインタフェース、CI/CDやサーバレス用プラグインなどの新機能が追加されている。(2019/10/21)

SAP、クラウド製品群に機械学習やRPA関連の新機能を拡充
SAPは、「SAP Cloud Platform」や「SAP Analytics Cloud」「SAP S/4HANA Cloud」の機能を拡充した。消費者行動の分析や製造予測などに利用できる、機械学習を備えたクラウドサービスや、機械学習を活用した購買依頼向けの承認ワークフローなどが含まれる。(2019/10/16)

大成建設と日本マイクロソフト、AI/IoTを活用した「施設運用・保守」で協業――“Azure×Windows 10 IoT”を活用
大成建設は、日本マイクロソフトと協業し、AI/IoTを活用した施設運用・保守(O&M)事業を展開する。「Microsoft Azure」と「Windows 10 IoT」を活用し、被災建物の即時判定、BIMによる業務効率化、作業状況の見える化の3つのソリューションから事業展開していく。(2019/10/16)

第14期 第11回出展技術発表会:
ロックボルト用引抜き試験システム「スマートジャッキ」、軽量化やICT化で作業性を向上
ケー・エフ・シーは、トンネルにおけるロックボルト打設時に行う引抜き試験の効率化を実現するシステム「スマートジャッキ」を開発した。スマートジャッキは、軽量化や省人化、ICT化を可能としており、作業性を高められるため、業界でも関心を集めている。(2019/10/16)

Gartner Insights Pickup(128):
コンテナプラットフォーム戦略における6つのベストプラクティス
コンテナをデプロイするに当たって、インフラ&オペレーションの担当リーダーは、戦略を策定し、投資対効果をしっかり検討しておく必要がある。コンテナプラットフォーム戦略に盛り込むべき6つの重要な要素を紹介する。(2019/10/11)

AIで作るスマート政府機関【前編】
RPAやチャットbotは「お役所仕事」をどこまで改善できるか
AIテクノロジーの活用を進めているのは一般企業だけではない。政府機関も利用を進めており、既に具体的なメリットを得ている。米国での事例を紹介する。(2019/10/8)

Go AbekawaのGo Global!〜David Malkin編(後):
デイビッドは「カンパニーニューロンシステム」の夢を見るか
AIがもたらすのは「価値あるビジネスを作り出すための時間」だというDavid Malkin(デイビッド・マルキン)氏。同氏が語る「全てが統合し、連携し合うカンパニーニューロンシステム」の夢。それが実現したとき、人々の暮らしはどう変わるのか。(2019/10/8)

製造業IoT:
オーダーメイドなどでの衣料採寸に最適なIoTメジャーを発売
富士通は、衣料採寸用IoTデバイス「FUJITSU Business Application SNAPEC-FORCE IoTメジャー hakaruno」と、サイズ情報の記録アプリケーション「FUJITSU Business Application SNAPEC-FORCE IoTメジャー hakaruno for Win」を発売した。(2019/10/7)

CAEニュース:
ANSYSとAutodeskが協業、自動車業界向けに設計ソリューションを提供
ANSYSとAutodeskは、協業により自動車メーカーに革新的なソリューションを提供する。自動車メーカーは、高精度な光学シミュレーションを利用した車両デザインと、規制適合の確認作業を一連のワークフローで実行できるようになる。(2019/10/7)

Go AbekawaのGo Global!〜David Malkin編(前):
「起業していたけど翌日にクローズを決めた」――英国育ちの社交的なエンジニアが日本で働く理由
手書き文字認識「Tegaki」などAIを使ったサービス開発をするDavid Malkin(デイビッド・マルキン)氏。本を読むのが大好きだった少年は、「起業した次の日にスカウト」されるほどのAIエンジニアとなった。しかし、同氏はエンジニアリングだけが仕事ではないと語る。マルキン氏が考える本当の問題解決とは何か。(2019/10/7)

ソニーのプロ向けミラーレス「α9 II」発表 撮影スペックはほぼ据え置き、ワークフロー高速化に注力
ソニーは、プロフェッショナル向けミラーレス一眼カメラ「α9」の新モデル「α9 II」(ILCE-9M2)を発表した。実売予想価格は約55万円(税別)。(2019/10/4)

次の注目分野は「FPGA」
歴史から探る「仮想GPU」が生まれた理由と、機械学習では“使えない”理由
仮想GPUは一見すると機械学習に適している。だが処理能力をフルに必要とする用途でなければ、仮想GPUへの投資には慎重になる必要がある。(2019/10/4)

スマートオフィス:
東急不動産が新本社で実証実験、働き方改革を実現するオフィスを検証
東急不動産ホールディングスと東急不動産は、2019年8月14日から営業を開始した東京都渋谷区のオフィスビル「渋谷ソラスタ」内の新本社で、顔認証での入退館やアロマを用いた会議など、先進的な取り組みを進めている。同年10月1日からは、生産性向上に寄与する5つの実証実験を行い、優れたワークプレースを探求する。(2019/10/3)

RPAの進化について解説
「RPA」と「API」、仕事を本当に効率化するのはどっち?
「RPA」と「API」は別物だが、業務自動化の実現に役立つ手段という点で共通する。互いに密接に関連し合いながら進化するRPAとAPI。それぞれの動向を追う。(2019/10/3)

スマートハウス:
低価格で軽量な宅配ボックス「COMBO-Light」、アンカー不要で接着施工に対応
国土交通省は2019年10月1日から次世代住宅ポイント制度をスタートする。同制度では、“家事負担軽減に資する設備”として、住宅用宅配ボックスが補助金の対象となる。これを受け、パナソニックは、同日から後付け用宅配ボックス「COMBO-Light」を全国のパナソニックショールームで展示を始めるとともに、受注を開始し拡販を図る。(2019/10/2)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
仕事がときめくAIの魔法 〜ますくどめそっど〜
AIをめぐる日本企業の現状を解説するマスクド・アナライズさんの連載。今回は「仕事がときめくAIの魔法」について解説します。(2019/10/2)

Nutanix CEOとCTOに聞いた:
Nutanixは「ポータブルクラウド/SaaSベンダー」へと(生物学的に)変態しようとしている
NutanixはHCIベンダーからソフトウェアベンダーに変化してきたが、最近では次の「変態」とも言える動きを見せている。これを象徴するのがサブスクリプションモデルへの移行とNutanix on AWSなどの取り組みだ。CEOのディラージ・パンディ氏とプラットフォームCTOのラジブ・ミラニ氏に聞いた。(2019/9/30)

データをスムーズに収集してAIを導入する方法
日本企業の「PoC疲れ」解消に必要な3つのポイント
日本企業のAI活用は、一部の先進的な企業を除いてなかなか進展しない。AI向けのデータ整備や判定ロジックのチューニングなど、高度な技術が必要に見えるが、いまはその状況も変わりつつある。(2019/10/2)

SplunkやPagerDutyがしのぎを削る
活気づく「BizDevOps」市場、だがユーザー企業には「まだ早い」?
開発部門、運用部門、ビジネス部門の3者が協力する「BizDevOps」が活気づいている。さまざまなITベンダーがBizDevOps機能を提供し始めているが、ユーザー企業にとっては「高根の花」の可能性がある。(2019/9/26)

サッポログループ、AI活用の商品需給計画システムを導入 計画主導型ロジスティクスを実現
サッポログループは、AIを活用して計画主導型のロジスティクス管理を行うシステム「Supply Chain Planningシステム」を導入した。グループ3社が取り扱う酒類・飲料・食品の需要予測、生産計画、供給補充計画を効率化し、在庫の適正化と物流の平準化を実現する。(2019/9/25)

PR:中小企業だけじゃない! グループウェアの元祖「desknet's NEO」が、大企業に採用され続ける理由とは?
国産グループウェアの元祖として知られる、ネオジャパンの「desknet's NEO」。1999年に「中小企業向けのWeb型グループウェア」として登場した後、2001年には大規模向けモデルの提供も開始。2019年現在の累計導入件数は400万人に上り、大成建設、総務省、宮崎県などの大企業・省庁・自治体が現在も活用している。近年は、Notes/Dominoからの移行先の有力候補として名前が挙がることも多くなった。人気の理由について、ネオジャパンの担当者に話を聞いた。(2019/9/24)

製造ITニュース:
オープンソースPLMを主要PLMに直接接続できるコネクターを提供開始
アラスジャパンは、「Aras Innovator」と主要なPLMシステムを直接つなげられるようにするコネクター「PROSTEP OpenPDM」の提供を開始した。異なるベンダーのシステム間でデータの同期が可能になり、作業工程を容易にデジタル化できる。(2019/9/20)

NTTドコモ:
5Gプレサービス開始、20年6月には基地局全国展開
NTTドコモ(以下、ドコモ)が2019年9月20日、5G(第5世代移動通信)プレサービスを開始した。同年9月18日に行われた記者発表会で、同社社長の吉澤和弘氏は「このプレサービスが、5Gの商用サービスへとつながる実質的なスタート」だと強調した。(2019/9/20)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
「もったいない星人」の暗躍で会社が病む 迫りくる2025年の崖
「それ昔、購入したよね。まだ使えるし! まだ動くよ!」とドヤ顔で説明する経営陣のせいで、老朽化したシステムのおもりなどの無駄な業務が発生している――。この「もったいない星人」が暗躍すれば企業は2025年の崖を乗り越えられず、そのまま沈んでいくでしょう。「もったいない星人」にどう対処するのか。(2019/9/20)

製造マネジメントニュース:
いよいよ本格化する5Gの展開、ドコモが5Gプレサービスを開始
NTTドコモは2019年9月18日、同月20日から5Gプレサービスを開始すると発表した。2020年春から開始予定の商用サービスと同じ環境で5Gを体験でき、5G活用ビジネスの展開が加速する期間と位置付ける。同社社長の吉澤和弘氏は「5Gが新しい生活や社会への扉を開く」と意気込む。(2019/9/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。