ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワークフロー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

複数の部門や人がかかわる業務の流れ、あるいはそれを図示したり、ルール化したもの。そのルールを基にコンピュータネットワーク上で業務処理や業務支援を行う仕組みをワークフローシステムという。
ワークフロー − @IT情報マネジメント用語事典

「2024年は生成AI飛躍の年」──日本マイクロソフトが予告 推奨するのは“AIの筋トレ”
日本マイクロソフトは2月20日、生成AIに関する企業向けイベント「Microsoft AI Tour」を東京ビッグサイトで開催した。日本マイクロソフトの津坂美樹社長は「AIを語る段階を卒業し、スケールさせ、フル活用の1年になる」と話した。(2024/2/29)

Supply Chain Dive:
物流ハブで進むデジタル化 グローバル小売業者のロジスティクスはどこまで革新的か
世界中から原料や製品を調達している企業や複数の製造拠点を持つ企業にとって、サプライチェーン全体の最適化をいかに図るかは重要な課題だ。世界で取り組みが進む中、日本は置いてきぼりを食らっているのだろうか。(2024/2/29)

マルチパックの再利用によるパック生成の高速化など:
「Git 2.44」新機能のハイライトをGitHubが解説
オープンソース分散バージョン管理システムの最新版「Git 2.44」が公開され、GitHubが新機能のハイライトを解説した。(2024/2/29)

社長の移住に1000万円、従業員にも……広島県知事がインパクトある誘致策にこだわる納得理由
広島県の企業誘致が好調だ。広島県庁のトップに、企業誘致に注力する事情や成功の要因を聞いた。(2024/2/29)

CAEニュース:
高度なユーザーエクスペリエンスを導入した「Ansys 2024 R1」発表
Ansysは、シミュレーションソフトウェアの最新版「Ansys 2024 R1」を発表した。カスタマイズ可能な新しいインタフェースを搭載し、アクセシビリティーとユーザーエクスペリエンスが向上している。(2024/2/29)

買収したMutagenのファイル共有技術を活用:
Docker、ファイル操作を最大10倍高速化する新機能を「Docker Desktop」で提供開始
Dockerは、Docker Desktopで同期ファイル共有機能の提供を開始した。(2024/2/28)

製造マネジメント インタビュー:
生成AIを第2のWindowsにしたいマイクロソフト、Copilotパートナーを拡大
マイクロソフトは「Microsoft AI Tour-Tokyo」を開催した。本稿では、マイクロソフト エグゼクティブバイスプレジデント兼チーフマーケティングオフィサーの沼本健氏の基調講演と、その後に行われたメディアラウンドテーブルの内容を紹介する。(2024/2/28)

ERPにAIチャットbotを統合する意味ってある? そのメリットを解説
ERPにAIチャットbotを統合する企業が増えている。本稿ではERPをチャットbot経由で活用するメリットと効果的なチャットbot選定のコツについて解説する。(2024/2/28)

開発者が伝えるマイクロサービスの利点:
Netflix、モノリシックな動画処理パイプラインをマイクロサービスプラットフォームで再構築した事例を紹介
Netflixは公式エンジニアブログで、動画処理パイプラインをマイクロサービスで再構築した事例を紹介する記事を公開した。なぜ、動画処理パイプラインをマイクロサービスベースの新たなプラットフォームで再構築することに決めたのか、どのようにサービスを切り分けたのか、Netflixのビジネスに与えた影響などを紹介している。(2024/2/27)

デジタルツイン:
20秒でデジタルツインを生成するカメラ「Matterport Pro3」に高密度スキャン機能 500万点の点群取得
20秒で建設現場をデジタルツイン化するカメラ「Matterport Pro3」に、500万点の点群データを取得できる高密度スキャン機能が搭載された。(2024/2/27)

ブツ撮りを変える? 1度の撮影で高解像度3Dデータを生み出すキヤノン「EOS画質3D」のすごさ
「CP+2024」の展示の中でもデモがSNSで共有され「え? そんなことができるの?」と話題になったのが、キヤノンブースの「EOS画質3D体験」です。(2024/2/27)

企業が備えるBCP:
SNSが捉えた能登半島地震 進化する「企業防災」の形とは
災害時、自社の被害を最小限に抑えて初動対応を取るには、正確な情報収集が欠かせない。多発する自然災害に、今後、企業はどう備えるべきなのか――。報道テックベンチャーのJX通信社代表取締役、米重克洋氏に寄稿してもらった。(2024/2/28)

「AI/Automation for System Engineers」ライブ配信セミナー基調講演レポート:
AIを“敵”ではなく“相棒”にするための基礎知識
AIはエンジニアから仕事を奪うのか?――生成AIへの期待値の高まりとともに、改めてAIとの向き合い方が問われている。仕事でAIを使うことが当たり前になる時代に、エンジニアはどう振る舞うべきか。@ITが開催したセミナーからそのヒントを探る。(2024/2/27)

AI:
生成AIで用地に適する複数の建築プランを作成 天空率など建築法規も考慮
ZISEDAIの建築プラン生成AIシステム「TASUKI TECH TOUCH&PLAN」は、新機能で天空率にも対応し、物件情報を生成AIに与えるだけで、条件の異なる複数の建築プランを作成できるようになった。(2024/2/26)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
生成AI「Gemini」が「Google Workspace」で利用可能に/「Windows 11 2023 Update」への自動アップデート開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”!(2024/2/25)

「ビルドプロセスにかかる時間を数分から数秒に短縮」:
開発ワークフローの速度向上をうたうDockerのマネージドサービス「Docker Build Cloud」登場
Dockerは「Docker Build Cloud」の一般提供を開始した。DockerコンテナイメージのビルドをAmazon Web Servicesで実行することで開発ワークフローの速度向上が見込めるという。(2024/2/23)

Marketing Dive:
新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広告主や広告代理店がAIに期待できることを説明した。(2024/2/22)

CAEニュース:
電気系CADと機械系CADを統合した熱設計解析ソリューション
Cadence Design Systemsは、AIを採用した熱設計解析ソリューション「Cadence Celsius Studio」を発表した。電気と熱の協調解析、電子機器の冷却機構解析、熱応力解析を統合している。(2024/2/22)

PR:kintoneやAppSheetなど、自社に合ったノーコードツールを選ぶ秘訣は?
kintoneやAppSheetをはじめとするノーコードツールは現在、数多く存在している。しかし、豊富な選択肢の中から自社に適したツールをどのように選定すれば良いだろうか。自社にあった製品を探している業務リーダーに向け、それぞれの特性や選び方をUSEN Smart Works代表取締役社長の大下幸一郎氏に聞いた。(2024/2/20)

2024年、Googleの生成AI戦略とは【後編】
GoogleはマルチモーダルAI「Gemini」で“シェア拡大”となるか?
Googleは2023年末に発表した生成AI「Gemini」を発表。市場シェア拡大につなげる大きなチャンスとアナリストは見る。同社の戦略を解説する。(2024/2/21)

Innovative Tech:
スマホ指紋認証の“摩擦音”を録音→指紋を復元する攻撃 中国の研究者らが開発
中国の華中科技大学などに所属する研究者らは、スマートフォンによる指紋認証時の摩擦音を録音し解析することで、その指紋を復元する自動指紋識別システム(AFIS)へのサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/2/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(174):
イチから全部作ってみよう(5)難題だらけの要求仕様フェーズにどう対処すべきか
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第5回は、さまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/2/19)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの不備と怠慢を暴いた、非常にシンプルなサイバー攻撃とは?
セキュリティ専門家たちは、Microsoftの幹部の電子メールがハッキングされたインシデントについて、同社のセキュリティ不備と怠慢の結果だとして批判している。(2024/2/18)

「失われた30年を取り返す最大のチャンス」 SAPが語る2024年のAI戦略
SAPは2024年のビジネス戦略を発表した。代表取締役社長の鈴木氏が「日本が失われた30年を取り返す最大のチャンス」と語るSAPのAI戦略とは。(2024/2/16)

マルチモーダルAI、小規模言語モデル、シャドーAIなど:
IBM、2024年に注目すべき9つのAIトレンドを解説
IBMは、2024年に注目すべき最も重要な9つのAIトレンドを公式ブログで解説した。(2024/2/16)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(12):
設計から製造まで1人で担当 ロビットで高速AI選別機開発に携わるエンジニア
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は「超高速AI自動選別機」を開発するハードウェアベンチャーのロビットでエンジニアを務める手島崇文さんを取材しました。(2024/2/21)

CIO Dive:
「業界特化型クラウド」は果たして“買い”か? 慎重論の背景に迫る
AWS、Microsoft Azure、Google Cloudのクラウド大手3社をはじめとするITベンダーが熱心に推進している「業界特化型クラウド」。現在導入するのは果たして"あり"なのか、それとも……。(2024/2/15)

AUTOSARを使いこなす(31):
AUTOSARの最新リリース「R23-11」(その1)+SDVに取り組むための心構え
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第31回は、日本におけるAUTOSARの活動状況を報告するとともに、最新改訂版の「AUTOSAR R23-11」を紹介する。加えて、自動車業界で注目を集める「SDV」にどのように取り組むべきかについて論じる。(2024/2/15)

用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【後編】
「Copilot」の“検索”は何がすごいのか? Microsoftの業務アプリで考察
Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、業務アプリケーションの操作や検索を生成AIで支援するサービスだ。Copilotは、エンドユーザーの業務アプリケーションの使い方をどう変えるのか。(2024/2/15)

構成ファイルを自動的に生成、Docker化プロセスを簡素化:
Docker、「Docker Desktop」のCLIツール「docker init」を正式リリース
Dockerは、「Docker Desktop 4.27」で新しいコマンドラインインタフェースツール「docker init」の一般提供を開始した。(2024/2/14)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
ChatGPTで「企業の公式ビジュアル」を作成してみた 試行錯誤を救う“2つの必須スキル”
ChatGPTをはじめとする生成AIを使う業務としては議事録作成や資料の要約、電子メールの下書きなどが代表的ですが、今回は全く別の使い方を紹介します。筆者が経営する企業の「公式ビジュアル」が出来上がるまでの思考錯誤から浮かび上がった、生成AIを使いこなすために欠かせない2つのスキルとは。(2024/2/14)

ワークスペースから離れずアプリを直接プレビュー可能に:
公開から半年、マルチプラットフォームのワークスペース「Project IDX」のアップデート内容と活用法をGoogleが解説
2023年8月にGoogleによって立ち上げられたクラウドベースのワークスペース、Project IDXは開発者のワークフローを合理化するものだ。本記事ではProject IDXを利用した開発プロジェクトやアップデート内容について紹介する。(2024/2/13)

「総務」から会社を変える:
「DXした!」と満足する総務が見落とす、本当にやるべきこと
DXで目指すべきは、データマネジメントを通じた「データ駆動経営」だ。DXと密接に関連する「データマネジメント」を、総務はどう進めるべきか。(2024/2/13)

オープンソースツール「localllm」を利用:
Google、GPUを使わずCPUだけで生成AIアプリを開発する方法を解説
Google Cloudは、Google Cloudのフルマネージド開発環境「Cloud Workstation」や「クオンタイズドモデル(量子化されたモデル)」と、新しいオープンソースツール「localllm」を組み合わせることで、GPUを使わずに、LLM(大規模言語モデル)ベースのAIアプリケーションを開発する方法を公式ブログで紹介した。(2024/2/13)

ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第4回】
「ローコード開発」の価値はユーザー次第 “隠れた才能”は誰?
ITに詳しくない従業員でもアプリケーションを開発できるようになるローコード/ノーコード開発ツールに、企業は期待を寄せている。自社のニーズを見失わずに、ローコード/ノーコード開発ツールを使いこなすには。(2024/2/13)

営業コミュニケーション大解剖:
営業不振な状態で、上司の「進捗どう?」 ガッカリ部下にならないための返答は
営業成績が振るわないときほど上司は「進捗どう?」と聞いてくるものです。ガッカリ部下にならないために、どのような返答が好ましいでしょうか?(2024/2/9)

用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【前編】
Microsoftの「Copilot for Service」「Copilot for Sales」がCRMにもたらす利点は?
Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、同社が提供する生成AIサービスの一つだ。同社がこれらのサービスを提供する狙いと、ユーザー企業にとっての利点を探る。(2024/2/9)

BIM:
BIMモデル内をゲームパッドで自由に動き回る、ダイスネクストの「Paraverse」
ダイスネクストとAREA35は、Revitで操作が要らない、ゲームパッドだけでBIMモデル内のアバターを動かして設計プランの確認や指摘事項を共有できるBIMビジュアライゼーションソフト「Paraverse」を開発した。ゲームエンジンのUnreal Engineをベースにしているため、BIMモデルは鮮明な質感で表示される。(2024/2/8)

安田現象初の長編監督作品「メイクアガール」、メインキャストに種崎敦美と堀江瞬
超特報とティーザービジュアル2種が公開されました。(2024/2/8)

組み込み採用事例:
オムロンが産業用エッジ開発にクラウドネイティブプラットフォームを採用
オムロンは、産業用エッジプラットフォームの開発に「Wind River Studio」を採用した。クラウドネイティブ開発プラットフォームとして活用し、ソフトウェア開発の効率化を目指す。(2024/2/8)

品質の向上、技術的負債の減少などのメリットを得るためには:
自社のオープンソースセキュリティポリシーを策定するための方法
オープンソースソフトウェアを使用すると、セキュリティと知的財産に関する懸念が持ち上がる。本稿では、適切な決定を下し、後悔する事態に陥らない方法を考える。(2024/2/8)

「データセキュリティ」は誰の問題か【第4回】
古いままの「バックアップ」は何が駄目なのか? 回復力を高めるには?
クラウドサービスを利用するなどシステム構成が複雑になっている一方で、バックアップと復元の仕組みが従来のままになっていないだろうか。データ保護の対策を見直す場合のポイントとは。(2024/2/16)

セキュリティニュースアラート:
“生成AIは恐るるに足らず” 2024年のサイバー脅威をプルーフポイントが予測
日本プルーフポイントは2024年に予測されるサイバー脅威の動向を発表した。昨今、生成AIを悪用したサイバー攻撃の懸念が高まっているが、この脅威の影響は少ないと予測している。(2024/2/7)

人工知能ニュース:
リコーが130億パラメーターの日英対応LLM開発 AWSジャパンの支援プログラム活用
AWSジャパンは2024年1月31日、国内に拠点を持つ企業や団体を対象に、大規模言語モデル開発を支援する「AWS LLM 開発支援プログラム」の成果発表会を開催した。同プログラム参加者のうち、NTTとリコー、ストックマートが登壇し、成果を紹介した。3者の発表内容を順に紹介する。(2024/2/6)

ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第3回】
「ローコード/ノーコード」の真の目的とは? 会社を変える“市民開発者”たち
事業部門の従業員がアプリケーションを開発できるようになることを期待して、企業はローコード/ノーコード開発ツールに目を向けている。メリットはそれだけではない。実際の導入事例を交えて説明する。(2024/2/6)

プルリクエストの概要やコミットメッセージの生成も可能:
コード生成だけじゃない、GitHub Copilotを活用する10のユースケース
コード生成機能を提供することで広く知られているGitHub Copilotを、コード生成以外にどのような用途で活用できるか、10のユースケースをGitHubが紹介した。(2024/2/5)

AIワークフローのセットアップ、開発、移行の簡素化、迅速化を支援:
「NVIDIA AI Workbench」のβ版が登場 AI/MLプロジェクトのエンタープライズ対応ツールキット
NVIDIAは、GPUシステムでAIやMLプロジェクトを開発するためのエンタープライズ対応ツールキット「NVIDIA AI Workbench」のβ版をリリースした。(2024/2/5)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
日本生まれのプロ向け映像編集ソフト「EDIUS」 新バージョンで強化した“小規模ワークフロー”とは
現場で見かけるのにシェア調査で表に出てこないソフトの代表格が、Avid「Media Composer」とGlassValley「EDIUS」だろう。GlassValleyは米国の老舗スイッチャーメーカーだが、EDIUSは日本で開発されていることから、日本にユーザーが多い。(2024/2/3)

開発者の負担を減らすことも重要:
「DevSecOps」を開発者にとってフレンドリーなものに向上させる5つの方法 GitHub
GitHubは、DevSecOpsを開発者にとってフレンドリーなものに向上させる5つのヒントを公式ブログで解説した。(2024/2/1)

CIO Dive:
ついに「COBOL」からIT部門が“解放”される? アクセンチュアの報告書を読み解く
保守的なイメージの強い金融業界だが、アクセンチュアによると、実は銀行はAIの活用に向けて他業界よりも早く体制を整えているという。中でも、レガシーシステムに使われている「COBOL」の“解読”に向けた期待が高まっている。(2024/2/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。