ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Cisco Systems(シスコシステムズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cisco Systems(シスコシステムズ)」に関する情報が集まったページです。

西武ライオンズとシスコがタッグ 本拠地にサイネージ290台設置 演出など強化、選手と画面越しに交流
シスコシステムズと埼玉西武ライオンズが協業を強化。メットライフドームに設置しているデジタルサイネージを、現在の約70台から約290台に拡充する。試合映像をリアルタイムで配信し、席を離れているファンも臨場感を味わえるようにする。ビデオ会議を使ったファンサービスも検討する。(2020/9/18)

Cisco、元エンジニアからの不正アクセスで多額の損害
Ciscoの元エンジニアが、同社のクラウドインフラに不正アクセスし「Cisco WebEx Teams」のVMを削除した。Ciscoには多額の損害が発生したという。(2020/9/1)

Cisco IOS XRに未解決の脆弱性、悪用の動きを確認
脆弱性修正のためのソフトウェアアップデートはまだリリースされていない。Ciscoはユーザーに対して緩和策を講じるよう呼び掛けている。(2020/9/1)

Google、「Chrome 85」安定版リリース 多数の脆弱性を修正
今回のリリースとは別に、シスコシステムズのセキュリティチームであるCisco Talosは、Chrome 84までのバージョンに存在する深刻な脆弱性を報告していた。(2020/8/26)

シスコが、ホステッド型プライベートクラウドの電話サービスを国内で提供開始
シスコは、電話サービス「Cisco UCM Cloud」を国内で新たに販売する。オンプレミス環境で提供していた既存の電話サービス「Cisco Unified Communications Manager」を、ホステッド型プライベートクラウドで提供する。(2020/8/24)

Ciscoセキュリティ製品の脆弱性、悪用の動きに警戒を呼びかけ
「Adaptive Security Appliance (ASA)」「Firepower Threat Defense (FTD)」の脆弱性は、Ciscoが7月にセキュリティ情報を公開した時点で悪用が確認されていた。(2020/8/5)

GAFAの4CEO、Cisco Webexでの公聴会を概ね無難に乗り切る
Google、Apple、Facebook、Amazon.comのCEOが初めてそろった米下院の公聴会はCiscoのWebexによるWeb会議で行われた。3時間にわたる公聴会で4人は世界規模でみれば市場独占には程遠いと主張した。(2020/7/30)

今日のリサーチ:
中小企業のデジタル化によりアジア太平洋地域は2024年までに景気回復とCisco予測
アジア太平洋地域の中小企業を対象に実施したアンケート調査の結果です。(2020/7/29)

F5の「BIG-IP」やCiscoのセキュリティ製品、脆弱性突く攻撃が相次ぎ発生
F5 Networksのトラフィック管理製品に存在する脆弱性の危険度は極めて高い。Ciscoのセキュリティアプライアンスに存在する脆弱性を悪用された場合、攻撃者にファイルを読まれる可能性がある。(2020/7/28)

仮想背景だけではない「Zoom」の優位点
Zoom会議中に少人数で話せる「ブレークアウトルーム」はTeamsでも使える?
「Zoom」ではWeb会議の参加者を小規模なグループに分ける「ブレークアウトルーム」機能を利用できる。「Microsoft Teams」や「Cisco Webex Meetings」といったライバルではどうなのか。(2020/7/11)

シスコが中小企業向けサービスを拡大 新ブランド「Cisco Designed」の狙いとは?
シスコが新たな中小企業向けブランドを発表した。従来国内のみで展開していた中小向けブランドを拡充し、グローバルで展開する。テレワークやオンライン会議などのたニーズに加え、セキュリティやネットワークなども含む提供内容と、その狙いとは。(2020/7/1)

2019年の国内ネットワーク機器市場シェア、シスコシステムズがトップ 今後の市場のカギはマネージドサービス――IDC調べ
2019年の「国内ネットワーク機器市場」ではシスコシステムズが市場全体の51.6%でシェアNo.1を獲得した。多くのベンダーがマイナス成長に陥った通信事業者向けネットワーク機器市場でも、70%近いシェアを獲得。今後の同市場は、高まるマネージドサービス志向に対応する製品戦略が重要になるという。(2020/6/23)

シスコ セキュリティプラットフォーム「Cisco SecureX」を提供開始
シスコシステムズは2020年6月18日、「Cisco SecureX」の提供を開始すると発表した。全てのセキュリティ製品に搭載し、セキュリティを強化するとしている。(2020/6/22)

シスコ「Webex」の機能を強化 セキュアなファイル共有や遠隔医療を可能に
シスコは、ビデオ会議プラットフォーム「Cisco Webex」の機能を強化した。同社は、セキュリティ機能の拡張に加えて、管理ポータルの刷新、ファイル共有プラットフォームや電子カルテシステムを統合したとしている。(2020/6/18)

Citrix製品を活用
NFLのフットボールチームが「在宅勤務」で直面した課題とは?
サンフランシスコのフットボールチーム49ersは、在宅勤務などのテレワークの課題に直面している。同チームがテレワークを実践する上で生じた課題と成果を聞く。(2020/6/11)

新型コロナ禍で高まる需要
ZoomなどのWeb会議で「バーチャル背景」を使いたくなる“切実な理由”
CiscoはWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版で「バーチャル背景」を利用できるようにする。「Zoom」と「Microsoft Teams」も提供しているバーチャル背景に、エンドユーザーの期待が集まるのはなぜか。(2020/6/7)

Cisco製品に「SaltStack」関連の脆弱性、Ciscoのサーバに不正アクセス
「Cisco VIRL-PE」のサービス運営に使われていたCiscoのサーバ6台が、SaltStackの脆弱性を突いて不正アクセスされていたことが分かった。(2020/5/29)

ユーザーの自動追跡で障害箇所を可視化:
アプリケーション性能監視ツール「AppDynamics」新機能など発表 シスコ
シスコシステムズは、同社が提供するアプリケーション性能監視ツール「AppDynamics」の新機能など、2つの新機能と1つの新製品を発表した。(2020/4/27)

「Cisco DNA Center」の知られざる魅力(2):
PR:このネットワーク運用プラットフォームが、ビジネス視点でのネットワーク活用を加速する
あらゆるネットワーク運用者を支援できる統合ネットワーク運用プラットフォーム「Cisco DNA Center」。前回の記事に引き続き、その便利機能を解説する。さらに「ユーザー本位」「ユーザー主導」のネットワーク運用を実現した国内事例を紹介する。(2020/5/14)

シスコがCaaSプラットフォームなど3製品を発表、システムのリアルタイム監視や最適化を支援
「AppDynamics Experience Journey Map」と「Cisco Intersight Workload Optimizer」「HyperFlex Application Platform for Kubernetes」の3製品を発表した。アプリケーションからインフラまでリアルタイムの監視や最適化を可能にするとし、2020年第2四半期に提供を開始する予定。(2020/4/22)

「Cisco DNA Center」の知られざる魅力(1):
PR:「Cisco DNA Center」に、熟練ネットワーク運用担当者も「これは便利」とうなる理由
Cisco DNA Centerは、「便利なネットワーク管理ツール」という側面を持っている。高度な技術を備えたネットワークエンジニアにとって、賢いアシスタントのような役割を果たす。経験の浅いネットワーク運用担当者はもちろん、熟練担当者もうなる同製品の便利機能を紹介する。(2020/4/10)

Weekly Memo:
IBM、HPE、Cisco、SalesforceのCEOメッセージにみる「コロナ禍を切り抜けるIT企業の姿勢」とは
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、IBM、HPE、Cisco、Salesforceといった米IT大手のトップが相次いでメッセージを発信している。彼らの危機感と、現状を切り抜けるための覚悟とは――。(2020/4/13)

AWSのデスクトップ仮想化「WorkSpaces」が3カ月無料、ビデオ会議「Cisco Webex」が90日無料など、今だから無料で使える主要リモートワークツールまとめ
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、多くのITベンダーがリモートワークツールを期間限定で無償化している。今だから無料で使える主要なツールを一覧にまとめた。(2020/4/2)

SlackからのMicrosoft Teamsのビデオ会議への参加が可能に アプリをβ公開
Slack Technologiesが、Slack内からMicrosoft Teamsのビデオ会議の開始・参加を可能にするアプリ「Microsoft Teams Calls」をβ版で公開した。Zoom PhoneやCisco Jabberなどとの統合により、Slack内から電話番号に電話することも可能になった。(2020/4/2)

導入事例:
病院業務を効率化する新システム、患者の位置情報やバイタルデータをクラウドに集約
大成建設、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター、新城市民病院、NTTドコモ、シスコシステムズは、スマートホスピタル構想の実現に向け、愛知県の新城市民病院でウェアラブル端末やICタグを活用した医療スタッフや患者の各種情報を取得する新システムの実験を開始した。(2020/4/2)

「CCNA」改定のポイント【後編】
改定版「CCNA」に加わった新分野と変わらないネットワークの基礎知識は?
ネットワーク担当者の登竜門とも言えるCisco認定試験の「CCNA」の内容が改定された。受験者は具体的にどのような項目を新たに学習する必要があるのか。(2020/3/30)

CitrixやZohoの脆弱性を突く大規模攻撃が発生中
FireEyeによると、中国のサイバースパイ集団「APT41」がCitrixやCisco、Zohoの製品の脆弱性を突いて、世界各地で大規模攻撃を仕掛けている。(2020/3/26)

「CCNA」改定のポイント【前編】
新旧「CCNA」を比較 受験するなら知っておきたい学習すべき内容の違い
Cisco認定試験の一つである「CCNA」の新試験がスタートした。これまでの試験と何が違うのか、ガイドブックの著者の話を基に見ていこう。(2020/3/20)

5Gスタンドアロン構成の実装、KDDIがシスコらとの実証実験に成功
KDDIは、5Gコアネットワークについてスタンドアロン構成の実装に向けた実証実験に成功したと発表した。ネットワークスライシングなど、5Gの機能の動作を検証した。(2020/2/25)

NECとシスコ、安全保障領域や重要産業インフラ向けにネットワーク機器の「真正性管理」を強化
NECとシスコはネットワークシステムのサプライチェーン全体を通した真正性の確認や監視、管理を強化し、これに対応したネットワーク機器の提供を2020年度中に開始する。NECの軽量改ざん検知技術とブロックチェーン技術、シスコのTrustworthy技術を組み合わせる。(2020/2/18)

リコーが「Cisco Meraki MX67W」と複合機をワンパッケージ化、導入からサポートまでワンストップ提供
リコーは2020年2月14日から、同社のデジタルカラー複合機「RICOH IM C」と、シスコシステムズのクラウド管理型無線LANキット「Cisco Meraki MX67W」をワンパッケージにまとめた「RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500 Cloud Connect Package」の受注を開始する。(2020/2/12)

新ソリューション「Cisco Duo Security」を日本で提供へ:
「ネットワークをつなぐだけ」の時代は終わった シスコが約2億ドルの企業買収で挑む“ゼロトラストセキュリティ”とは
シスコが新たに統合型のゼロトラストセキュリティ戦略を発表した。その重要部分となるのが、同社が2億ドルを投じて買収したDuo Securityの多要素認証ソリューションだ。ネットワークを手掛けながらセキュリティベンダーを名乗る同社の新戦略の内容と、新ソリューションの役割とは。(2020/2/5)

「Duo Security」を2020年3月に発売:
シスコがユーザーアクセスを含めたゼロトラストセキュリティを国内展開
シスコシステムズは2020年2月3日、ユーザーアクセスを含めたゼロトラストセキュリティソリューションの日本国内における展開を発表し、同ソリューションの重要な構成要素として、多要素認証製品「Duo Security」を同年3月に発売することを明らかにした。(2020/2/4)

ドコモ、シスコと連携した法人向けクラウド型電話ソリューションを提供
NTTドコモとシスコシステムズは、クラウド型の電話システムで協業を開始。シスコシステムズのクラウドサービス「Cisco Webex Calling」と連携するクラウド型電話ソリューションを3月2日から法人向けに提供する。(2020/2/3)

Versa Networksの共同創業者兼開発責任者に聞いた:
SD-WANの2020年はどうなる? 「米国でもハイブリッドWAN時代は終わり」
日本と異なり、米国ではSD-WANの普及が主に「ハイブリッドWAN」ニーズによって進んできたとされる。だが、Cisco SystemsやVersa Networksは、米国でもハイブリッドWANはもはや主なSD-WANの推進要因ではないと言う。Versa Networksの共同創業者の一人であるクマール・メータ氏に、主に米国でのSD-WANの市場動向と同社の対応を聞いた。(2020/1/10)

Microsoft Teamsに勝てるか
Slackがパートナー戦略でMicrosoftやCiscoに攻勢 大企業での利用は広がるか?
Slack Technologiesは「Slackサービスパートナープログラム」を開始し、さまざまな導入・活用支援サービスを提供する。アナリストは「パートナーエコシステムは長期的な存続に不可欠」と評価する。(2019/12/24)

待遇に納得できる、休暇が取れる、風通しが良い――「令和の働き方」ができる企業ランキング、上位にシスコやApple 1位は…?
オープンワークが「令和らしい働き方をリードする企業ランキング」を発表した。自由で創造的な働き方を導入している企業を評価したもの。IT企業では、Apple Japanやシスコシステムズなどが上位に入った。1位は……?(2019/12/18)

Genesys新CEOが語る:
「パーソナライゼーション」は「ターゲティング」とどう違うのか?
Cisco Systems、Skype、Microsoftで要職を歴任し、2019年5月にGenesysのCEOに就任したトニー・ベイツ氏が来日。記者向けのイベントでGenesysの現状と2020年に向けた戦略を語った。(2019/12/17)

製造業がサービス業となる日:
既に37社が導入予定、THKが月額8000円の「LMガイドの予兆保全」サービスを開始
THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ(以下CTC)の4社は、2018年10月に発表した製造業向けIoTサービス「OMNIedge」の正式受注を2019年12月18日に開始すると発表した。2020年1月から出荷を開始する。(2019/12/11)

5Gの活用も視野に ドコモ回線を使った製造業向けIoTサービス「OMNIedge」始動
THK、NTTドコモ、シスコ、CTCが、製造業向けIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」の正式受注を2019年12月18日に開始する。THKの専用センサーを機械部品に装着して、そこで取得したデータを解析することで、機械部品に異常がないかを予兆できる。初期費用0円で簡単に導入できるのが特徴だ。(2019/12/10)

Wi-Fi6対応製品や統合型ソリューションも拡充:
シスコは新たな“強み”を出せるか? 「Cisco Meraki」シリーズ新展開に見える戦略の変化とは
シスコがクラウド型無線LANネットワーク製品群「Cisco Meraki」の新製品を発表した。同製品がシスコに買収される形で加わって数年、同製品独特の“強み”とシスコ製品との共存体制を生かした戦略はどこへ向かうのか。来日中の責任者が語った。(2019/11/28)

ローマ教皇フランシスコ、長崎と東京で教皇ミサをYouTubeライブ配信
11月24日に長崎、25日に東京で行われる教皇ミサがYouTubeでライブ配信される。(2019/11/20)

VMwareとCiscoが強い:
IDCが国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場の2018年シェアを発表
IDC Japanは、国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場に関する2018年のベンダーシェアを発表した。NVOソフトウェア市場ではVMwareが72.6%を占め、コントローラーアプライアンス市場ではCiscoが61.7%を獲得した。(2019/11/18)

あらためて考えるSD-WAN導入の目的:
PR:SD-WANで実現する「WANの完全仮想化」、インターネットブレークアウトだけがSD-WANの価値ではない
「インターネットブレークアウトのためだけにSD-WANを導入することは非常にもったいないこと」とシスコシステムズは言う。なぜならば、単一機能の実現を目指すことによって、硬直化したWAN環境を根本的に見直す機会を先延ばししてしまうリスクが生じるためだ。世界に目を向けると、SD-WANによる「WANの完全仮想化」の実現により、トップ企業や組織はその競争力をさらに向上させている。総合的なSD-WANアーキテクチャには、WAN活用の最適化を促し、「CI/CD」や「クラウドファースト」という言葉に象徴される企業の機動的なIT活用を支える力があるからだ。あらためて、SD-WANがユーザーにもたらす価値とは何だろうか。(2019/10/23)

Oracle CloudやEquinixも採用?:
AWSのNitroに対抗、Ciscoの「スピンイン」チームが「クラウドアーキテクチャを民主化する」高速化システムを開発
Cisco Systemsの「Cisco Nexusシリーズ」や「Cisco ACI」を生み出してきた4人によるスタートアップ企業、Pensando Systemsがステルスモードを脱し、自社の事業の内容を明らかにした。Amazon Web ServicesのNitroに対抗するチップおよびソフトウェアを開発し、既に顧客を獲得しているという。(2019/10/18)

5Gも大きなきっかけに:
シスコがあらためて社会レベルの取り組みを強調、カギはセグメントルーティングと製品間の連携の進展?
シスコシステムズは2019年10月8日、新会計年度の事業戦略発表会を実施した。同社は、5G関連をはじめとする製品面の進化もあり、あらためて社会レベルの課題解決を支援するITベンダーとしての取り組みを強めようとしている。(2019/10/9)

“CiscoのクラウドPBX×KDDI電話網”でテレワークを支援――KDDI、「Cisco Webex Calling」を提供開始
KDDIは、クラウド電話サービス「Cisco Webex Calling」をKDDIの電話網と組み合わせて、2019年10月31日から提供開始する。テレワークなどで固定電話番号での発着信が可能になる。クラウドライセンスから保守まで、KDDIがワンストップで提供する。(2019/10/8)

機能面で差異化を図る各社
「HCI」主要ベンダー7社を比較 Nutanix、HPE、Pivot3、Ciscoの違いは
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)製品が急速に充実している。各HCI製品にはそれぞれどのような特徴があり、他とどう違うのか。主要ベンダーのHCI製品を紹介する。(2019/9/10)

2020年夏には全社でテレワークを実施:
テレワーク普及は“とにかく体験させる”が鍵? シスコがWebexの特別プランを発表
他の先進国に遅れがちな日本企業のテレワーク推進へ、シスコが「Cisco Webex Meetings」の特別プランを開始する。東京オリンピック・パラリンピックを機にテレワークを普及させ、「企業文化レベルで、日本企業のマインドセットを変革したい」と語る、その意図とは。(2019/8/23)

約半数の企業が「自動化」を志向
SDN市場はCiscoを抑えてVMwareが首位 市場規模は70億ドル規模に
2018年にSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)の市場規模は世界で約70億ドル規模まで拡大した。ベンダーの市場シェア争いでは、VMwareが2018年下半期にCisco Systemsを抑えて首位に立った。(2019/8/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。