ニュース
» 2012年03月22日 07時16分 UPDATE

マルウェア「Duqu」が再び出現、新たな手口を実装

Symantecによると、Duquの新バージョンでは一部のセキュリティ製品による検出を免れるため、コードに手が加えられていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Symantecは3月21日のブログで、マルウェア「Duqu」の新たなバージョンが見つかったと伝えた。

 同社によると、今回見つかったのはコンピュータを再起動した際にマルウェアを読み込むために使われるローダーファイルのコンポーネント。同社は引き続き、関連するコンポーネントの監視を続けているという。同コンポーネントがコンパイルされた日付は2012年2月23日となっており、出現してからまだそれほど時間はたっていないとみられる。

 これまでのバージョンと比較したところ、一部のセキュリティ製品による検出を免れるため、コードに手が加えられていることが判明。ディスク上のコンポーネント暗号化に使われているアルゴリズムが変更されているほか、バージョン情報でMicrosoftのクラスドライバを装っているなどの違いがあった。

 Duquは2011年に出現し、産業インフラを狙うマルウェアの「Stuxnet」と酷似していたことから注目された。その後も何度か新たなバージョンが出現し、Symantecではこれまでのバージョンが実際に使われたことも確認しているという。今回のバージョンについてはまだ情報が不十分だが、攻撃者が現在も活動していることを物語るものだと解説している。

関連キーワード

Duqu | Symantec(シマンテック) | Stuxnet


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -