レビュー
» 2012年03月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:インターネットユーザのインターネットセキュリティに関する意識調査

日本ベリサイン株式会社はインターネットユーザを対象としたセキュリティ意識調査を実施した。同調査結果からは、多くのユーザがインターネットサービスの利用を考えていながらも、個人情報漏洩を不安に感じていることから、利用を控えるケースがあることが窺える。

[PR/ITmedia]

日本ベリサイン株式会社は2010年12月に全国の男女20歳〜69歳を対象としたインターネットアンケートを実施し、同結果を調査報告書としてまとめた。ユーザの多くは、インターネットサービスの利用意向が高い一方で、インターネットの危険性についても認識しており、個人情報漏洩に対して不安を持っている様子が窺える。

同調査は2009年から実施しており、EV SSL証明書は、個人情報の入力を伴うウェブサービスで求められており、サイトの安全性を確認する指標の一つとしてEV SSLの認知は浸透しつつあることが伺える。

また、今回の報告書においては、安全性が可視化された場合の心理や反対に事故が起こった場合の影響、サイトのセキュリティに対する付加価値など新たな調査項目も追加されている。

同調査結果に収録されている主な設問項目

  • サイトの安全性を確認するポイント
  • SSLサーバ証明書の認知度と機微な情報入力画面での必要性
  • SSLサーバ証明書とEV SSL証明書での分かりやすさの比較
  • 認証局のシール表示が与えるユーザ行動への影響
  • インターネットの安全確認方法とユーザ行動への影響

など

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -