レビュー
» 2012年05月24日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:全日本空輸(ANA)など大手8社に学ぶ、全社の課題解決事例

全社員が利用し、企業全体に効果が波及するグループウェアやポータル、ワークフローなどの情報基盤の活用で経営課題に取り組んだ全日本空輸(ANA)など複数のユーザー事例を通じて、その解決法を紹介する。

[PR/ITmedia]

 大組織のユーザーにとっては、日々増える「情報の洪水」に必要な情報が埋もれて探し出せない、複数のシステム・ツールを使い分ける必要があるといったケースが散見される。また、システムを運営・管理する側にとっては、メンテナンス負荷やシステムごとのセキュリティ設定など課題が山積みされている。

 これらの課題に着目し、情報の洪水を治めることで、コミュニケーション活性化を通じてユーザーの業務改善を支援してきたのが、ドリーム・アーツが提供するEIP型グループウェア「INSUITE」とBPM型Webデータベース「ひびきSm@rtDB」である。同社は情報基盤システムの刷新を経営課題解決の好機と捉え、開発・販売を行っている。

 実際に全日本空輸(ANA)グループ(3万人超)のワークスタイル変革や商船三井グループ(1万人超)のグループシナジーの向上、輸入販売商社のトーメンエレクトロニクスでの基幹業務に連携するワークフローなど、大手ユーザーとともに多くの経営課題を解決している。

 本ホワイトペーパーでは、「INSUITE」と「ひびきSm@rtDB」が具体的にどのように大手ユーザーの課題解決を実現してきたのか、各社の事例を通して経営課題とその解決策を分かりやすく提示する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -